MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
森乃園(カフェ/人形町)

森乃園(カフェ/人形町)

産地、グレード、焙煎の火加減、茎の有無などさまざまな組み合わせで30種以上揃うほうじ茶の中から、鹿児島産の「極上ほうじ茶」をセレクト。濃く抽出しても渋くならず、スイーツにしてもしっかりとした風味と味わいを再現できるそう。

perm_media 《画像ギャラリー》森乃園(カフェ/人形町)の画像をチェック! navigate_next

森乃園(最寄駅:人形町駅)

多彩な組み合わせでほうじ茶の奥深い味わいを再認識

ひと口目のほうじ茶ホイップのやさしくも豊かな香りから始まり、羊羹のようになめらかなほうじ茶ゼリーのコクのある甘み、さっぱりと締めてくれるほうじ茶の寒天など、その奥深さは驚きの連続だ。パフェのために作られたほうじ茶餡の最中も絶妙なアクセント。これぞ、ほうじ茶パフェの最高峰だ。

ほうじ茶パフェ
1080円

途中からミルクアイスが混ざっていくクリーミーな味わいも◎

自家製ほうじ茶かき氷
1609円

ホイップには静岡県本山茶、シロップは表面が「極上ほうじ茶」、真ん中と底は種子島産と多彩なほうじ茶を使用

お店からの一言

部長 野村綾さん

「ほうじ茶尽くしを心ゆくまで楽しんでください」

森乃園の店舗情報

[住所]東京都中央区日本橋人形町2-4-9 [TEL]03-3667-2666 [営業時間]12時~18時(17時LO)、土曜・日曜・祝日:11時半~18時(17時LO) ※ランチタイム有 [休日]無休 [座席]全31席/全席禁煙/予約不可/カード可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか人形町駅A2番出口から徒歩1分


電話番号 03-3667-2666

2018年8月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
隅田川沿いに立つビルの2・3階がカフェ。店内からは川を行き交う水上バス、アサヒビールのビルの金色のオブジェ、その向こうに東京スカイツリーと、浅草の王道の景色が見渡せ、時間を忘れてくつろいでしまう。
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
こだわりは鉄板でトーストするパン。鉄板焼き料理人出身の店主が、その日のパンの状態を見極めて表面はパリッ、中はふっくらと焼き上げている。
京都の四条支店がオープンした1965年に先代の猪田七郎が考案したレシピが今も受け継がれている。ほどよくジューシーさが残った柔かなカツは、国産牛のランプに近い部位を使用。
最新記事
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「日本食冒険記」。これなんぞ?と思うでしょう。出演者は、訪日&在日外国人。飲食店で食事しながら日本食に対する思いを語っているのです。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル