MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
話題の調理グッズCHECK[35] なんだか気になる! 新感覚ホイッパー、WMFシリコーンボウルウィスク

話題の調理グッズCHECK[35] なんだか気になる! 新感覚ホイッパー、WMFシリコーンボウルウィスク

なんに使うのかなぁ~? この形……。 よく行くキッチングッズ屋さんで、ずっ~と気になっていたキッチンツールがあります。 じ〜っと手に取って見ていたらお店の方が、「これ、『泡立て器』ですよ~!!」だって。 え~、これで混ぜる?? さっそく、チェキってみたばい……!

perm_media 《画像ギャラリー》話題の調理グッズCHECK[35] なんだか気になる! 新感覚ホイッパー、WMFシリコーンボウルウィスクの画像をチェック! navigate_next

なんだか気になる! 新感覚ホイッパー、WMFシリコーンボウルウィスク


なんに使うのかなぁ~? この形……。

よく行くキッチングッズ屋さんで、ずっ~と気になっていたキッチンツールがあります。

じ〜っと手に取って見ていたらお店の方が、「これ、『泡立て器』ですよ~!!」だって。

え~、これで混ぜる??

さっそく購入して、使い心地をチェキってみたばい……!

WMFシリコーンボウルウィスク27cm
サイズ/長さ27×幅5.5×高さ4㎝
重量/約84g
材質/取っ手ステンレス鋼、本体一部シリコン(耐熱温度200℃)
原産国/中国(企画ドイツ)
価格/¥3,000(税別)


メーカーのWMFについてググッてみました。

WMF(ドイツ語だから「ヴェ-エムエフ」)は、1853年、ドイツのガイスリンゲンに金属製品会社として設立され、1862年ロンドン万国博覧会では銀メッキの食器や調理用具が受賞。

1889年に銀メッキのカトラリーの生産を始め、戦後、アルミ二ウム製・スチール製のフライパンの需要が多く、鍋、キャセルロールを生産し、その後1927年、圧力鍋が大ブームになったみたい。


そして、この時代から外食産業向けのコーヒーマシンも生産開始したそうです。

圧力鍋もコーヒーマシンもこの時代からあったんですね……。

このアイテム最大の特徴は、
先端についた11個のボール。


ということで、この商品について。

先端に11個のボールが付いていることで、ムラなく素早く混ぜることができるらしい。

まん中に、大きめのボール付きワイヤーが1本。

そのまわりに、やや短い10本のワイヤーが斜めに広がり、10個のボールで囲むように作られている。


たしかに、スタイリッシュな形状……。

斜めになっているのも意味があるのかなぁ~?

ボールにふれると、ぶるぶる~っと揺れる。

動画で伝えられないのが、残念。


この振動でよくかき混ざるのかも。

先端を横から見ると、
こんな斜めの形状に!


普通、泡立て器といったら、ワイヤーの先が輪っかで丸くなっているのが、何本か組み合わさっているものが、ほとんど。

混ぜるときには、空気を入れるようにかき混ぜるっていうけど、

これは、棒状で先端に丸い球になっているだけ。

空気って??

泡立ちいいのかなぁ~?


もしかして、わかりやすいのは、メレンゲかしら?

ふわふわメレンゲで仕上げるパンケーキに挑戦!


ということで、「ふわふわパンケーキに挑戦」

空気を入れながら、ツノが立つまで泡立てるから、これで試してみたばい。

ホットケーキの粉・牛乳・卵黄をボールに入れ、
シャカシャカと混ぜて……。



ボールのまわりについている粉も先端使って寄せ集め、シャカシャカシャカ~と。


ま、こんな感じに、
生地が完成。


次はメレンゲ。

卵白のみを、シャカシャカシャカ~と。

メレンゲを立てるのは、どの泡立て器でやっても、それなりに時間がかかる。

ちょっと休憩~。


ふ~。


12分ぐらいで、
いい感じになってきた。


どうにか、メレンゲが完成。


泡立て器が棒状でも、メレンゲはしっかりできている!!




さきほどの生地に、メレンゲをつぶれないようふんわりいれ、フライパンで焼き上げれば……。


パンケーキが完成!!

[シリコーンボウルウィスクで生地を作ったふわふわパンケーキ]


このシリコーンボウルウィスクは、先端がシリコンなので、ボウルのすみまで混ぜられる(気がする)。


少し斜めになっているのも、全体が均等に混ぜられるように考えられているのかも?


そして、輪っかタイプと異なり、ワイヤーの間に食材が絡まったりもしない。



もしかして、このボウルウィスクのサイズなら、大きめのマグカップに市販の粉スープ入れたものにも使用できるかも……?


思いついたら、即実行!

直径7.5センチほどのマグカップだと、ボウルウィスクの先がスポッと入る。

市販の粉スープをカップに入れ、
お湯を注ぎ……。




シャカシャカ〜♪



ちゃんと混ぜられるばい!


いままで、マグカップ用に小さい泡立て器をわざわざ使っていたのが、不必要に!


このシリコーンボウルウィスクは、先端が丸いワイヤー形状ではなく、シリコンボールになっていることで、たくさんの量の素材を、一気に泡立てるというよりも、少ない量の素材を、きめ細かい泡で仕上げるのにむいてる感じかな。

それと、粉スープ作ってみてわかったのは、泡立てもさることながら、「混ぜる」ことが得意みたい。

ドレッシングとか、少ない量の油や調味料をササッと混ぜるには、最適です!


あと、洗いやすいことも、ポイント高い。


これは、おススメしたい商品です。








田中moko mokoくま3
九州生まれ。特技はアクリルたわし作り。本業は雑誌やカタログなどで活躍するスタイリストだが、現在、絶賛婚活中のアラフォー女子。お裁縫はもちろん、料理も掃除もきっちりこなすのに、なぜか「◎婚」に縁がない……moko mokoくま3が、気になる調理具を、実際に使ってレポートしていきます。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
面白い調理器具がないか探していたところ、お店の方に『常温のドリンクが、すぐに冷たく飲めるんですよ~』って、おススメしていただいたので、試してみることにしました~。 それが、今回紹介するWMFアイスティータイムターボクーラーです。
食べるときのおなかの減り具合や作るものによって、パンの厚みを調整したいことって、ないですか? そんなとき、スライサーがあれば……って。 パンスライサーにはいろいろ種類あるけど、今回は、横切りスライサーを選んで実際に使ってみました。
正直に白状すると、生卵の白身のどろり感がちょっと苦手な私。 生卵をなめらかに混ぜられてカラザもするりと取れる、卵を混ぜるために作られた『まぜ卵』なるものを発見! 「いや~な白身のどろり感がなくなるよ!」と、パッケージに書いてあったので、さっそく購入して、試してみました。
水切り、混ぜる、刻む。 1台3役の調理器具、「Toffy 3WAY サラダスピナー」が便利でいいというハナシを聞いて……。 自粛中ということもあり、ネットでポチっと購入。 さっそくいろいろな料理に使ってみました。
自粛生活のなか、キッチングッズで面白そうなものを探していたところ、キッチントイ「究極のMYO」なるものを発見!  キッチントイって、おもちゃなの? おもちゃでマヨネーズ?  さっそく購入して、その『究極っぷり(?)』を試してみました〜!
最新記事
丁寧なスジ切りをし、粗めの衣で揚げられたカツは香ばしく、さっくり噛み切れる柔らかさ。サワラや牡蠣など季節の魚介フライも用意されており、様々な美味しさを楽しめるのも魅力だ。
北海道では秋が収穫どきな小豆。そんな、今まさに旬!な小豆を使った「あんパン」と「あんバター」から、厳選された逸品をご紹介します。昔ながらのあんパン派の『おとなの週末』ライター池田と、今どきのあんバター派の編集・戎によるあんこバトルも開戦?
芸能界イチのパン好き女優・木南晴夏さん。好きが高じて2020年3月に自身初となる著書『キナミトパンノホン』を上梓しました。東京を中心に関東のパン屋さんから9カテゴリ全48軒が登場しています。その中から、オンラインショップでも買える5軒を厳選。木南さん本人のおすすめポイントと共にご紹介します。
読者の皆さん(特に男性)、異国情緒あふれるお洒落な店内に尻込みするべからず。何てったってココは極旨のローストポークがあるんだから! 
コロナ禍で、食材や料理を産地から新幹線で直送するニュースを見かけます。それを超えるスケールで展開するのが「サバヌーヴォー」。ノルウェーから飛行機で水揚げから約60時間でやってくるのです。しかもこれが相当な美味というのです。サバジェンヌ渾身のレポートをご覧あれ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル