MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
話題の調理グッズCHECK[35] なんだか気になる! 新感覚ホイッパー、WMFシリコーンボウルウィスク

話題の調理グッズCHECK[35] なんだか気になる! 新感覚ホイッパー、WMFシリコーンボウルウィスク

なんに使うのかなぁ~? この形……。 よく行くキッチングッズ屋さんで、ずっ~と気になっていたキッチンツールがあります。 じ〜っと手に取って見ていたらお店の方が、「これ、『泡立て器』ですよ~!!」だって。 え~、これで混ぜる?? さっそく、チェキってみたばい……!

なんだか気になる! 新感覚ホイッパー、WMFシリコーンボウルウィスク


なんに使うのかなぁ~? この形……。

よく行くキッチングッズ屋さんで、ずっ~と気になっていたキッチンツールがあります。

じ〜っと手に取って見ていたらお店の方が、「これ、『泡立て器』ですよ~!!」だって。

え~、これで混ぜる??

さっそく購入して、使い心地をチェキってみたばい……!

WMFシリコーンボウルウィスク27cm
サイズ/長さ27×幅5.5×高さ4㎝
重量/約84g
材質/取っ手ステンレス鋼、本体一部シリコン(耐熱温度200℃)
原産国/中国(企画ドイツ)
価格/¥3,000(税別)


メーカーのWMFについてググッてみました。

WMF(ドイツ語だから「ヴェ-エムエフ」)は、1853年、ドイツのガイスリンゲンに金属製品会社として設立され、1862年ロンドン万国博覧会では銀メッキの食器や調理用具が受賞。

1889年に銀メッキのカトラリーの生産を始め、戦後、アルミ二ウム製・スチール製のフライパンの需要が多く、鍋、キャセルロールを生産し、その後1927年、圧力鍋が大ブームになったみたい。


そして、この時代から外食産業向けのコーヒーマシンも生産開始したそうです。

圧力鍋もコーヒーマシンもこの時代からあったんですね……。

このアイテム最大の特徴は、
先端についた11個のボール。


ということで、この商品について。

先端に11個のボールが付いていることで、ムラなく素早く混ぜることができるらしい。

まん中に、大きめのボール付きワイヤーが1本。

そのまわりに、やや短い10本のワイヤーが斜めに広がり、10個のボールで囲むように作られている。


たしかに、スタイリッシュな形状……。

斜めになっているのも意味があるのかなぁ~?

ボールにふれると、ぶるぶる~っと揺れる。

動画で伝えられないのが、残念。


この振動でよくかき混ざるのかも。

先端を横から見ると、
こんな斜めの形状に!


普通、泡立て器といったら、ワイヤーの先が輪っかで丸くなっているのが、何本か組み合わさっているものが、ほとんど。

混ぜるときには、空気を入れるようにかき混ぜるっていうけど、

これは、棒状で先端に丸い球になっているだけ。

空気って??

泡立ちいいのかなぁ~?


もしかして、わかりやすいのは、メレンゲかしら?

ふわふわメレンゲで仕上げるパンケーキに挑戦!


ということで、「ふわふわパンケーキに挑戦」

空気を入れながら、ツノが立つまで泡立てるから、これで試してみたばい。

ホットケーキの粉・牛乳・卵黄をボールに入れ、
シャカシャカと混ぜて……。



ボールのまわりについている粉も先端使って寄せ集め、シャカシャカシャカ~と。


ま、こんな感じに、
生地が完成。


次はメレンゲ。

卵白のみを、シャカシャカシャカ~と。

メレンゲを立てるのは、どの泡立て器でやっても、それなりに時間がかかる。

ちょっと休憩~。


ふ~。


12分ぐらいで、
いい感じになってきた。


どうにか、メレンゲが完成。


泡立て器が棒状でも、メレンゲはしっかりできている!!




さきほどの生地に、メレンゲをつぶれないようふんわりいれ、フライパンで焼き上げれば……。


パンケーキが完成!!

[シリコーンボウルウィスクで生地を作ったふわふわパンケーキ]


このシリコーンボウルウィスクは、先端がシリコンなので、ボウルのすみまで混ぜられる(気がする)。


少し斜めになっているのも、全体が均等に混ぜられるように考えられているのかも?


そして、輪っかタイプと異なり、ワイヤーの間に食材が絡まったりもしない。



もしかして、このボウルウィスクのサイズなら、大きめのマグカップに市販の粉スープ入れたものにも使用できるかも……?


思いついたら、即実行!

直径7.5センチほどのマグカップだと、ボウルウィスクの先がスポッと入る。

市販の粉スープをカップに入れ、
お湯を注ぎ……。




シャカシャカ〜♪



ちゃんと混ぜられるばい!


いままで、マグカップ用に小さい泡立て器をわざわざ使っていたのが、不必要に!


このシリコーンボウルウィスクは、先端が丸いワイヤー形状ではなく、シリコンボールになっていることで、たくさんの量の素材を、一気に泡立てるというよりも、少ない量の素材を、きめ細かい泡で仕上げるのにむいてる感じかな。

それと、粉スープ作ってみてわかったのは、泡立てもさることながら、「混ぜる」ことが得意みたい。

ドレッシングとか、少ない量の油や調味料をササッと混ぜるには、最適です!


あと、洗いやすいことも、ポイント高い。


これは、おススメしたい商品です。








田中moko mokoくま3
九州生まれ。特技はアクリルたわし作り。本業は雑誌やカタログなどで活躍するスタイリストだが、現在、絶賛婚活中のアラフォー女子。お裁縫はもちろん、料理も掃除もきっちりこなすのに、なぜか「◎婚」に縁がない……moko mokoくま3が、気になる調理具を、実際に使ってレポートしていきます。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
新型コロナウィルス蔓延防止の自粛中は、毎日掃除の日々(笑)。 そうしたら、BBQ以外では使ったことがないスキレットが出てきました! お店は閉まっているので、自宅でスキレット使ってためしてみま~す~。
生臭みをとり、旨みを濃縮してくれる脱水シートがあるんです。 「魚や肉の下処理に使うと、本当にちがいますよ〜。これ、使ってみてください~」っておススメしてくれる方がいたので、試してみることにしました。
この連載で、何を紹介しようかな〜とリサーチしていたところ、孫の手みたいなキッチンツールを発見! どうやって使うものなのか、お店の方に聞いたところ「レモンやゆずの皮などを削るものですよ〜」だって! さっそく購入して、試してみたばい。
キッチングッズ屋さんで、白髪ネギカッターを発見! 料理に白髪ねぎがのっていると美味しいのになぁ~と思うけど、白髪ねぎを作るのは面倒だなぁ~って、けっきょく、やらないわたし。 たまたま、100均のダイソーでも白髪ネギカッターを見つけたので、今回は「DAISO」と「下村工業」の商品を使い比べてみました。
調味料などのビンについている、樹脂キャップ。このキャップがなかなか外せないので、ゴミを捨てるときにいつも困っていたところで、ダイソーの『キャップはずし』を発見! 表示通り「スパッと外せる」なら便利やけん、さっそく使い心地を試してみたばい……。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
甘じょっぱいタレに浸かったエビの天ぷらは、ご飯と海苔との相性がバツグン。ご飯とおかずがひと口サイズで一度につまめるため、数あるお弁当の中でもとにかく食べやすい。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt