MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
鮨処 榎本(寿司/池尻大橋)|寿司屋なのにジャズ!?絶品寿司は勿論大将と女将の人柄も◎

鮨処 榎本(寿司/池尻大橋)|寿司屋なのにジャズ!?絶品寿司は勿論大将と女将の人柄も◎

一歩入れば"榎本劇場"の始まりである。音楽は寿司屋らしからぬジャズ。目の前で活きエビを捌いて握るなどカウンターで熟練の技を魅せるのは店の主、榎本さんだ。軽妙な語りも加わり客の気分を盛り上げてくれる。

perm_media 《画像ギャラリー》鮨処 榎本(寿司/池尻大橋)|寿司屋なのにジャズ!?絶品寿司は勿論大将と女将の人柄も◎の画像をチェック! navigate_next

鮨処 榎本(最寄駅:池尻大橋駅)

この道50年の大将が握る寿司と語りが楽しい

さて主役の握りは見るからに上等だが、仕入れで大切なのは人間関係と榎本さんはキッパリ言う。無論、目利きも大事だ。けれど何十年も市場に通い信頼を得たからこそ、他店より優先していい物を手に入れることができるのだ。仕込みは"当たり前"を日々繰り返すのみ。この道50年、腱鞘炎になるほどの職人の手が旨さを物語っている。

おきまりのコース(内容は仕入れで変わる)
5400円

握りと巻物1本(しまあじ、ぼたん海老、本鮪大トロ、穴子、赤身、活車海老、平目、トロ鉄火巻き):その日でネタは変わるが全て天然物。穴子は捌いて塩を振り、旨みを引き出してから白焼きにして握るなど手間をかけている。米は茨城など関東米3種をブレンド。寿司酢は2種を調合。最後はお椀と旬の果物のデザートも

お通し4品(つぶ貝、ぼたん海老、カニの爪、白エビの素揚げ)
 

コースのお通し4品。ボタンエビはすりたてのワサビ醤油がかけてあり、辛みも風味もいい

天然うなぎ
1620円

珍しい天然うなぎの握りは6月~11月頃まで。写真は岡山産。蒸さずに白焼きにし、煮詰めをサッと塗る

お店からの一言

店主 榎本薫さん

「ネタを引き立てるシャリの美味しさも大事にしています」

鮨処 榎本の店舗情報

[住所]東京都世田谷区池尻3-29-3 [TEL]03-3424-9601 [営業時間]11時半~14時、17時~23時 ※ランチタイム有 [休日]水 [席]カウンターのみ、全10席/全席禁煙/夜は予約可/カード可/サなし [交通アクセス]東急田園都市線ほか池尻大橋西口・三軒茶屋駅北口から徒歩10分


電話番号 03-3424-9601

撮影/大西尚明 取材/肥田木奈々

2018年11月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
持ち帰り専門の「ちよだ鮨」が手がけている立ち喰い寿司屋で、握りたての新鮮な生ウニや活貝、江戸前の各種ネタをお手頃価格で味わえる。シャリは精米したての米を使用し、店内で炊き上げている。
地元・神奈川県の小田原や、全国各地の漁港からの直送ネタにこだわる。すし酢は酒粕だけの濃いめの赤酢と、米酢入りの赤酢の2種を混ぜたものを使用し、シャリへの色付きをあえて控えめに作っているのだとか。
この道55年、銀座で修業を重ねたのちに自らの店を構えて42年。店主の野崎さんが握る寿司は、ほんのり甘めのシャリに自ら豊洲で仕入れた新鮮なネタがのる。
昭和元年に屋台から始まった老舗で、現在は3代目の主人がカウンターに立つ。ヒラメやボタンエビなど地元で水揚げされたばかりの地物をふんだんに揃えており、握りやちらしで味わえる。
流線型に整えられた、美しい姿に惚れ惚れするような握りだ。六本木の名店で腕を磨いた店主・下津さん。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル