SNSで最新情報をチェック

一歩入れば"榎本劇場"の始まりである。音楽は寿司屋らしからぬジャズ。目の前で活きエビを捌いて握るなどカウンターで熟練の技を魅せるのは店の主、榎本さんだ。軽妙な語りも加わり客の気分を盛り上げてくれる。

画像ギャラリー

鮨処 榎本(最寄駅:池尻大橋駅)

この道50年の大将が握る寿司と語りが楽しい

さて主役の握りは見るからに上等だが、仕入れで大切なのは人間関係と榎本さんはキッパリ言う。無論、目利きも大事だ。けれど何十年も市場に通い信頼を得たからこそ、他店より優先していい物を手に入れることができるのだ。仕込みは”当たり前”を日々繰り返すのみ。この道50年、腱鞘炎になるほどの職人の手が旨さを物語っている。

おきまりのコース(内容は仕入れで変わる)

5400円

お通し4品(つぶ貝、ぼたん海老、カニの爪、白エビの素揚げ)

 

コースのお通し4品。ボタンエビはすりたてのワサビ醤油がかけてあり、辛みも風味もいい

天然うなぎ

1620円

 

珍しい天然うなぎの握りは6月~11月頃まで。写真は岡山産。蒸さずに白焼きにし、煮詰めをサッと塗る

お店からの一言

 

店主 榎本薫さん

「ネタを引き立てるシャリの美味しさも大事にしています」

鮨処 榎本の店舗情報

[住所]東京都世田谷区池尻3-29-3 [TEL]03-3424-9601 [営業時間]11時半~14時、17時~23時 ※ランチタイム有 [休日]水 [席]カウンターのみ、全10席/全席禁煙/夜は予約可/カード可/サなし [交通アクセス]東急田園都市線ほか池尻大橋西口・三軒茶屋駅北口から徒歩10分

 

電話番号 03-3424-9601

 

撮影/大西尚明 取材/肥田木奈々

2018年11月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...