MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
定食屋しゃもじ(和食/長谷)|駅徒歩5分!生しらすを味わえる海鮮料理店。丼が名物で毎朝仕入れる地魚料理も◎

定食屋しゃもじ(和食/長谷)|駅徒歩5分!生しらすを味わえる海鮮料理店。丼が名物で毎朝仕入れる地魚料理も◎

毎朝仕入れる地魚を使った料理に定評あり。なかでも、鎌倉で水揚げされたしらすをたっぷりのせた海鮮丼が名物で、3~12月は生しらすも味わえる。

定食屋しゃもじ(最寄駅:長谷駅)

地元で愛される町の食堂

佐渡ヶ島産の米を使った炊きたてご飯や天然ダシの味噌汁もほっとする味わい。夜は昼のメニューに加えて、一品料理も登場

「海鮮しらす丼」〈上〉2000円。地物の釜揚げしらすに地魚3種、マグロの中トロと赤身の定番ネタに、生しらす200円を追加

定食屋しゃもじの店舗情報

[住所]神奈川県鎌倉市長谷1-15-2 [TEL]0467-24-5888 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時~21時(20時LO)※ランチタイム有 [休日]火 [交通アクセス]江ノ島電鉄長谷駅から徒歩5分


電話番号 0467-24-5888

撮影/貝塚 隆 文/田辺千菊(Choki!)

2018年11月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
創業から65年を迎える福島県の干物メーカーの旗艦店。今年から名物の干物を使った鍋がスタートした。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
オイスターバーから、和食に特化して牡蠣を楽しめるようにしたお店。生牡蠣や焼き牡蠣の他、牡蠣しゃぶや牡蠣のすき焼きなどの鍋物を気軽に楽しめる。
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
荒木町のスナックビルの2階奥にある、小さな和食屋。10席のこぢんまりした店内で、秋田出身の亭主が温かくもてなす。
スイーツ好きにとって垂涎の的である名パティスリー。ガトーフレーズの外見はまさに王道だが、シンプルだからこそ、オーナーシェフ・和泉光一さんのこだわりを体感できる。
毎朝りんごの皮むきから丁寧に仕込まれるそれは、りんごの命を享受するような豊かな風味の逸品!
カウンター酒場の名物なら煮込みがテッパンだ。この店のそれは串スタイル。
名物の「づけあなちらし」は、マグロのヅケとふっくら炊かれた穴子が豪快にのったちらし。驚くのがシャリの下に、エビ、イカ、サーモン、イクラ、数の子など数々の具材が隠されていること。
昭和24年の創業以来、変わらぬ味を守り続ける老舗。合挽き、玉ネギ、ニラからなる餡を小ぶりの三角形に包み、パリッと焼き上げる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt