MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
セキネ|やけどに注意! 小龍包ばりに“スープ”が入った肉まん(肉まん/浅草)

セキネ|やけどに注意! 小龍包ばりに“スープ”が入った肉まん(肉まん/浅草)

元は東京・入谷でパン屋を営んでいた「セキネ」は、昭和10年、浅草に食堂をオープン。その食堂の横で、当時から肉まんやシューマイなどの点心を売っていたという。地元の人や、浅草芸人たちに愛され、かのビートたけし氏が、「ここの肉まんは日本一旨い」と断言したという逸話も持つ。セキネ[交]浅草駅、田原町駅から徒歩約10分

セキネ(最寄駅:浅草駅)

 元は東京・入谷でパン屋を営んでいた「セキネ」は、昭和10年、浅草に食堂をオープン。その食堂の横で、当時から肉まんやシューマイなどの点心を売っていたという。地元の人や、浅草芸人たちに愛され、かのビートたけし氏が、「ここの肉まんは日本一旨い」と断言したという逸話も持つ。一見すると、見た目がシンプルすぎるゆえ、「え!? コンビニの肉まんと何が違うの?」と思うが、ひと口食べて驚く。中からスープがあふれ出し、その旨いことと言ったら! 肉まんの餡は、豚挽き肉に野菜のみじん切りを合わせるため、水分(スープ)が発生し、餡がジューシーになるわけだが、ここまでスープを含んだ肉まんは「セキネ」でしか食べられないだろう。

肉まん
260円

肉まんは、まず割って、ぜひ中の“スープ”を確かめてから食べてほしい

あんまん
260円

余計な風味づけがされていないシンプルな昔ながらのあんまん。だからこそ食べやすく、食べていて飽きない。あんこは、ねっとりではなく、ぽってりタイプ

シューマイ(10個)
510円

肉好きにおすすめの豚挽き肉と玉ねぎだけ作られたシューマイ

セキネ

東京都台東区浅草1-23-6 ☎03-3841-5230 [営]11時~20時 [休]無休 [席]イートイン/なし [交]都営浅草線・首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)浅草駅、地下鉄銀座線田原町駅から徒歩約10分

電話番号 03-3841-5230
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
[また明日。] はオタク・サブカルの聖地、東京「中野ブロードウェイ」の地下に店を構えて約13年。今だ、11時の開店時から、次々に地元の客が買いに来る。オーナーは、某点心の有名店で修業をした後、ここを開いた。手作り点心 また明日。[アクセス]JR中野駅から徒歩約5分 ※ランチタイム有
明治32年より、食料品雑貨店を営んでいた「維新號」。戦後、食料庫から山のように見つかった干し貝柱を使ってできたのが、肉まんだった。銀座 維新號本店
江戸清 中華街本店は精肉業からスタートしただけあって、肉まん(店舗では「ブタまん」の名前で販売)に使う肉は、冷凍ものを使用しないというこだわりぶり。[交]みなとみらい線元町中華街駅から徒歩約5分、JR根岸線石川町駅から徒歩約8分
老維新(ローイシン)は1955年創業の中国雑貨の老舗だが、店頭で売られる「パンダまん」に、週末は長蛇の列ができる。これがかわいいだけじゃない![交]みなとみらい線元町中華街駅から徒歩約5分、JR根岸線石川町駅北口から徒歩約7分 ※ランチタイム有
どの餡もシンプルで、香辛料などで必要以上に香りづけなどされていないので食べやすく、日本人好み。皮は、蒸しパンのようにふんわりとやわらかいので、大きさはあるが、食べてもお腹の負担にならない。龍翔[交]みなとみらい線元町中華街駅から徒歩約5分、JR根岸線石川町駅から徒歩約10分 ※ランチタイム有
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。
埼玉県・川越市にて、旧家の邸宅を公開している庭園。始まりは明治2年(1869)創業の材木商「丹波屋」。
名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt