MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
朝食喜心(日本料理/鎌倉)|京都の名店が鎌倉にオープン!要予約のコース仕立ての朝ご飯で極上&優雅な一時を…♪

朝食喜心(日本料理/鎌倉)|京都の名店が鎌倉にオープン!要予約のコース仕立ての朝ご飯で極上&優雅な一時を…♪

 意外なほど朝ご飯が充実している鎌倉にあって、ここは別格。京都の朝食の名店が今年春に鎌倉店をオープンした。

朝食喜心(最寄駅:鎌倉駅)

五感が目覚める上質な朝ご飯を秋の鎌倉で

駅から少し離れた静かなエリアにあり、地元でも早くも噂の的という。朝ご飯はコース仕立てで要予約。白木のカウンターに座り、滋賀・一志郎窯の炊飯専用土鍋から上がる湯気を眺める時間はゆるやかだ。一品目は瑞々しい野菜の向付から。土鍋ご飯は、炊きあがりの煮えばなをまずひと口、次に蒸らしたご飯、最後はひと口のおこげを味わって、うつろう時を体に刻む。
 こんな朝食から始める鎌倉滞在なら、せわしない日常を離れた豊かな小旅行になりそうだ。

朝食
2700円

朝食はコース仕立てで順番にサービスされる。具がたっぷり入った汁物は3種類からお好みで。土鍋の炊きたてご飯と本日の魚、本日の漬物というシンプルな組み合わせ

胃を目覚めさせる向付には旬の地野菜を使って。この日は冬瓜の炊きもの

専用の土鍋で炊くご飯は、強火で一気に炊き上げる。ふくよかで米の甘みがじんわり伝わる

お店からの一言

店長 上野綾加さん

「週末の夜の時間もゆったりできますよ」

朝食喜心の店舗情報

[住所]神奈川県鎌倉市佐助1-12-9 [TEL]0467-37-8235 [営業時間]朝食8時半~15時半(14時LO)、バル金・土・日18時~22時半(22時LO)※ランチタイム有 [休日]木 [席]カウンターあり、全18席/全席禁煙/要予約/カード不可/サなし、夜のみお通し代378円別 [交通アクセス]JR横須賀線ほか鎌倉駅西口から徒歩8分


電話番号 0467-37-8235

撮影/ミヤジシンゴ 文/岡本ジュン

2018年11月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
銀座でランチの約束が入ったら、まずはここを押さえるべし。仲買人が営む和食店で、主に北陸の漁場から届くとび切りの海の幸を引っさげ約1年前にお目見えした。
昭和35年創業というから60年近く続く、なんとも気取りがない定食屋の味を、ご主人・山岸さんが守っている。そのとん汁がまた、家庭的とも言えるほっとする旨さ。
静かな北鎌倉は夜になるといっそうひっそりとする。通りからさらに少し引っ込んだ『こころや』は、知らなければまず辿りつけない。
人形町・甘酒横丁にある会席料理店の名物。生の白胡麻の皮を取り、丹念にすって練り上げた純白の胡麻豆腐に、煎った白胡麻のタレをかけていただく。
裏路地のかくれんぼ横丁に位置する「肉会席 ゆかわ」。もともと料亭として使われていたという和空間でのランチは、前日夜8時までの完全予約制だ。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
227views F&D 最新情報

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt