MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
赤坂 ざんまい(焼き鳥・鶏料理/赤坂見附)|極上の比内地鶏串焼き、地魚、70種類もの日本酒。

赤坂 ざんまい(焼き鳥・鶏料理/赤坂見附)|極上の比内地鶏串焼き、地魚、70種類もの日本酒。

最高級比内地鶏の串焼きに、銚子港から届く地魚、70種類も揃える日本酒と、店の自慢は数多い。この「鳥すき焼」もそのひとつ。

赤坂 ざんまい(最寄駅:赤坂見附駅)

絶妙の火入れと飴色の割り下で鶏の旨みを引き出す

使用するのは、程よい弾力と旨みを兼ね備えた「水郷赤鶏」。南部鉄器の鍋で表面にこんがり焼き色をつけたら、特製の割り下を一気に流し込む。ほどよく煮詰まり、深い飴色のテリをまとわせたら完成だ。ちなみに調理は女将をはじめスタッフが仕上げまですべて担当。巧みな火入れによって繊維のなかに閉じ込めた、大量の肉汁があふれ出す。個室も9室あり、宴会にもうってつけの1軒だ。

鳥すき焼(写真は2人前)
2370円

終始強火で一気に火を通すことで、身の水分や旨みを逃さない。赤ザラメを使ったコクのある割り下が抜群の相性だ

金目鯛の炙り刺しと極上かつお刺し
2590円

銚子港から届く鮮魚の刺身も自慢のひと皿

上レバー、せせり、つくね、もも、上ささみわさび
540円、430円、430円、540円、480円

使用するのは、比内地鶏の雌鶏のみで、国産備長炭でジューシーに焼き上げる。他にも“はらみ”や“ふりそで”といった希少部位も数量限定で用意している

玄米めん
910円

焙煎した玄米で打った幅広麺を、残った割り下と絡めるように炒め合わせる。力強い鶏の旨みを香ばしさあふれる麺がしっかりと受け止め、ひと口食べれば箸が止まらない。好みで卵黄をからめて召し上がれ!

お店からの一言

店主 篠原賢司さん

「姉妹店『はら志の』ではコースも提供しています」

赤坂 ざんまいの店舗情報

[住所]東京都港区赤坂3-8-1 赤坂アルトビル6階 [TEL]03-5549-4718 [営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時半~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]第1土、日・祝 [席]カウンター、個室あり、全49席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし、チャージ540円別 [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか赤坂見附駅10番出口から徒歩1分


電話番号 03-5549-4718

撮影/西﨑進也 取材/菜々山いく子

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
都内を中心に店舗展開する「鳥元」だが、立ち飲みスペースがあるのはここだけ。電車に乗る前でも後でも、サクッと寄れる気軽さが駅直結ならではの魅力だ。
東京駅丸の内駅舎内に位置する名門ホテルの地下1階。中に入れば駅の喧噪とは無縁の世界。
「うちのタレは、関東大震災も戦争からも逃げ延びたんです」と語る、三代目の小川右二さん。空襲の際は先代が壺ごと持ち出して守り、その後も注ぎ足しながら受け継いでいるという。
久我山にある名居酒屋『器楽亭』が昨年オープンさせた博多水炊きの専門店。鶏ガラをずんどう鍋で7~8時間かけて強火で炊いた濃厚スープを、まずはひと口。
 大将が炭火を微調整しながら焼き上げる姿に見惚れてしまった。コースでオーダーした焼鳥の「ささみ」や「砂肝」の絶妙な塩気、「もも肉」や「ねぎ巻」などはしっかりめの焼き具合で供され、熱々を頬張ればあふれ出てくる旨さに感動。
ステイホーム期間中に限らず、おっさん女子的に、三鷹周辺は“おにぎりの街”だと思っています。おにぎりといえば、テイクアウトグルメの王道。 私が白飯至上主義なのもありますが、いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです……。
名古屋市東区東桜にある料亭『神楽家』。 昭和初期の建物をリノベーションした、都心とは思えない落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめる。 この神楽家も、GW前から店の前で「ドライブ&ウォーク・スルー」というスタイルでランチボックスを販売。早くもリピーターが続出しているという。
パスワードを入れるタイプのWi-Fiなので、高い安全性がうれしい。コンセントは5席あるカウンターにあり、タイミングによっては高い競争率になることも。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt