MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
タイ国料理レストラン タイランド(タイ料理/錦糸町)|本場の「タイスキ」を本場の雰囲気で♪

タイ国料理レストラン タイランド(タイ料理/錦糸町)|本場の「タイスキ」を本場の雰囲気で♪

この店のタイスキは、鶏ガラスープと4人前のてんこ盛り野菜が付いた基本セットに好きな具を追加するスタイル。具は牛肉、エビ、イカ、魚すり身団子、レバーなど全15種類で、すべて550円。

タイ国料理レストラン タイランド(最寄駅:錦糸町駅)

スパイシーなタレにつけて召し上がれ!

オリジナルのタレには唐辛子、ニンニクの漬物、パクチーの根、チリソース、中華味噌などが入り、ピリッとスパイシー。これに薬味セットのニンニク、唐辛子、レモン、そしてスープを加えて自分好みの味に調整するのがミソ。つけて食べれば、山盛りの具があっという間になくなり、大満足間違いなし!

タイスキ基本セット(牛肉・レバー・エビ・イカ・魚すり身団子、薬味セット、玉子)
2700円(各550円、200円、1個100円)

人数や好みに合わせて、好きな具を選べるのが魅力

タイスキは席があれば当日でも注文可。野菜は4人前が最少のボリュームだ

雑炊セット
550円

具の旨みが凝縮したスープで作る雑炊の味は格別

グリーンカレー鍋
1680円

11月から3月くらいまでの冬期限定。特製のグリーンカレーに鶏肉、ナス、タケノコ、ブロッコリーなどが入ったシチュー風。トムヤム鍋1680円も人気

お店からの一言

スタッフ ジャイマン・トリンさん

「鍋の途中でスープに溶き卵を入れるとまろやかな味になりますよ」

タイ国料理レストラン タイランドの店舗情報

[住所]東京都墨田区錦糸3-12-10 [TEL]03-3626-3885 [営業時間]11時半~14時半(14時LO)、17時~23時(22時20分LO)、土11時半~23時(22時20分LO)、日・祝11時半~22時半(21時50分LO)※ランチタイム有 [休日]月(祝の場合は営業、翌火休) [席]全60席/全席禁煙/予約可/4000円以上カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR総武線ほか錦糸町駅北口から徒歩2分


電話番号 03-3626-3885

撮影/西﨑進也 取材/松田有美

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
お米屋さんが作ったフォー専門店だけあって、麺の食感がつるりと気持ちよく舌触りも抜群。化学調味料不使用のスープは上品で深い旨みをたたえ、後引く味わい。
「生スーパータイサワー」は焼酎を使ったオリジナルフローズンドリンク。「パッポン(レモン)」はレモンの風味が爽やかな一杯だ。
夏にピッタリの刺激的な辛さ恵比寿や麻布十番に店を構えるタイ料理専門店「ブルーパパイア タイランド 」が、「京橋エドグラン」に出店。タイ人シェフらが作る料理は、まさに本場の味。
 ガード下に突如現れる、タイの屋台を彷彿とさせる店。開放的な雰囲気のなかで本場さながらの味わいが楽しめると評判だ。
週末には、土日限定の「カオソイ」(ココナッツ風味のカレー麺)を求めてやってくるお客も多い、アジアンご飯とカレーの店。※ランチタイム有
 1970年創業のイタリアン。当時は、パスタをアルデンテで出すと「麺が固い!」と怒られた時代。
まず供されるシンプルな茶碗蒸しがあまりに美味しくて夢中で平らげてしまった。期待が高まったところで、にぎりを口にすると、シャリがふんわりとほどけた。
今回ご紹介するのは、2019年7月にオープンした『cafe&bar d●●●●●』だよ。 入れ替わりの激しい吉祥寺で1周年を迎えた&世界中を巻き込んだ“もーやってらんない”現象にも耐えていた(涙)。ということで、個人的に「おめでとう」の気持ちをこめてのご紹介です。店名はイニシャルだけどな……。
夏本番を目前にした今。湿度や気温の高さに負けないよう、元気になれる食べ物をお取り寄せしませんか?夏バテ対策や食欲のないときにオススメな逸品揃いです!カレー、うなぎ、冷たい麺、ホルモンや肉、といった人気ジャンル別に、厳選してご紹介します!
204views お取り寄せ
江戸幕府第五代将軍・徳川綱吉に仕えた川越藩藩主・柳澤吉保による大名庭園。吉保自らが設計し、元禄15年(1702)に完成させた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt