MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
吉祥寺グルメ情報_吉祥寺で栃木県のご当地グルメを食す、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(121)

吉祥寺グルメ情報_吉祥寺で栃木県のご当地グルメを食す、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(121)

ご当地グルメ……。私の中では宮崎県が最強だと思っていた。 冷や汁、肉巻きおにぎり、そしてマンゴーも美味しい……。そんな宮崎県LOVEの私だが、この夏、ライバルが吉祥寺に登場した。栃木県である! 

perm_media 《画像ギャラリー》吉祥寺グルメ情報_吉祥寺で栃木県のご当地グルメを食す、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(121) の画像をチェック! navigate_next

吉祥寺で栃木県のご当地グルメを食す、の件


ご当地グルメ……。

私の中では宮崎県が最強だと思っていた。

私を南蛮刑事にしたチキン南蛮(連載40回参照)。

冷や汁は、2~3年前に手軽に作れるレトルト冷や汁にハマって、夏の間毎日食べていた時期があった。

さらに肉巻きおにぎりは、東急吉祥寺デパートの九州物産展では必ず大量ゲットし冷凍&東京には売っているところが少ないので、お取り寄せもしている……。

そしてマンゴーも美味しいし。


そんな宮崎県LOVEの私だが、この夏、ライバルが吉祥寺に登場した。

栃木県である! 

イラスト/小豆だるま



8月に、コピス吉祥寺の地下に栃木県・佐野ラーメンの店『Sちゃん』がオープンしたのである。

正直、私はラーメンに関して情弱である。

MAX情弱と言ってもいい(15回参照)。

実はラーメン屋の券売機が超苦手。

もう、どうしていいのかわからない。誰か説明して! 

一体、どんなのが出てくるの? 

基本のラーメンはどれなの? 

あっ、考えているうちに、後ろに人が並んじゃったよ……。

焦るじゃん!

……という具合である。

その点、『Sちゃん』は、メニュー参照&後払い方式なので、情弱な私も安心安全。

しかし正直、佐野ラーメンって何? というおっさん女子。

お店推しの『しょうゆラーメン』&『手包みグランプリ餃子』をオーダー。

麺は、コシが強い平麺。

固め、普通、柔らか目と選べるようで、私は固めをチョイス。

ちなみに白飯も固めが好きです……。

あっさりスープ+チャーシュー+メンマ+ほうれん草+海苔+なると、という基本構成。

麺もつるつるイケる系で普通に美味しかったです。

トッピングも常識的でわかりやすかったよ。

普通万歳! 


しかし、餃子は小ぶり&皮薄パリパリ肉多めが好きな私(69回参照)の好みではなく(上から目線ですみません)、『Sちゃん』の餃子は小ぶりだけど、皮厚もっちり野菜多めなので、このタイプが好きな人にはおすすめです。

っていうか、宇都宮餃子も、野菜多めだもんね。

私は、そもそも餃子は、ラーメンではなく白飯に合わせたいタイプだけどね……。


ただ、この店はラーメン屋さんっていうより、夜は居酒屋っていう感じで、おつまみ系メニューも充実です。

特筆すべきは、唐揚げです。

なんと『金の唐揚げ』とスパイシーな『黒の唐揚げ』があり、さらに味比べができる金&黒唐揚げセットもあるんです。

これね、美味しい。

お持ち帰りして、白いご飯に合わせたい(笑)。

一応、ライスのメニューがあるんだけど、ラーメンを頼まずにライス+唐揚げとか、ヒンシュクだよな、と思って遠慮しているおっさん女子……。

この『黒の唐揚げ』は、佐野市の新名物らしいです。

竹炭の黒だね、これは。

あと佐野市民のソウルフードらしい『いもフライ』も初めて食べました。

どっちもソースが決め手みたいで、懐かしい味がします。

雑に言うとちょっとウスターソース系の味っていう感じ。


『Sちゃん』は、揚げ物好き+炭水化物上等! の人には危険な店。

食べ過ぎます……。

ラーメン情弱+ラーメン屋で小心者の私は(苦笑)、基本的に佐野ラーメン+なにか1品というオーダーをしているが、これは、もうラーメンを頼まずに、居酒屋として活用したい! と思ったおっさん女子であった。

佐野市、美味しいよ! という実感です。

あとラーメンをスマホで撮影しているお客さんもいないので、平和です……。


栃木県那須町のジャージー牛乳も、美味しいぞ!


そして吉祥寺には、もう1軒、意外な栃木ご当地グルメがあるんですよ。

丸井吉祥寺の『カフェ&ミールM』です。

『M印R品』のカフェですね(苦笑)。

ここのソフトクリームなんだけど、栃木県那須町のジャージー牛乳+沖縄県産のさとうきびで作られているらしい。

濃厚だけど、くどくなくて、味がしっかりしていて美味しいんだよね。

コーヒーゼリーパフェや、あんみつパフェにのっているアイスも、このジャージー牛乳使用だ。

美味しい! 

栃木県はレモン牛乳もあるしな。

牛乳侮れん、と思ったおっさん女子である。


栃木って、美味しいなぁ! 








天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。




小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
天野七月@おとなの週末

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連記事
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
今までの吉祥寺の和風のカフェ、喫茶店、甘味処は、比較的年配のマダムたちの需要が多かった吉祥寺である。しかし最近、けっこう若い女子向けのカジュアルな和風がキテるんじゃないでしょうか? ということで、今回は2020年にオープンした2軒ご紹介してみようと思います。
新型コロナウイルスのせいで、吉祥寺の飲食店は満身創痍という感じな今日この頃……。 メニューの見直し、店舗のリニューアルなどをする店も多いように感じます。 そこで今回は、吉祥寺でのサバイバルのために積極的にリニューアルを続けている定食屋を2軒ご紹介しようと思います。
白いご飯と、鶏唐揚げと、チーズが大好きなおっさん女子とは私のこと。 しかし最近、食パンに対する愛も芽生えてきたので、適度に食パンも食べ散らかしているのですが、最近、吉祥寺のチーズ食パンが熱い!っていうかチーズ教信者の私だけが、熱いのかもしれない……。というワケで、今回は吉祥寺の美味しいチーズ食パンをご紹介したいと思います。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
最新記事
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
親子丼の元祖として知られる『玉ひで』の姉妹店として、暖簾を掲げて今年でちょうど20年。熟練の職人が炭火で炙った端正な焼鳥はもちろんのこと、鶏を使った一品料理も申し分ない実力派。
get_app
ダウンロードする
キャンセル