MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
Tombo(ラーメン/吉祥寺)|醤油の旨味×上質な麺をぜひご堪能下さい♪

Tombo(ラーメン/吉祥寺)|醤油の旨味×上質な麺をぜひご堪能下さい♪

店主は、伝説の名店『地雷源』で修業を積み、中野の人気店『さいころ』で店長を務めた実力者。スープは、鶏と豚、魚介で取ったトリプルスープで、それぞれ旨みが最高の状態のものを合わせている。

Tombo(最寄駅:吉祥寺駅)

鶏、豚、魚介…素材の味わい滲む いつまでも残る旨みの余韻 受け継がれていく名店の味

再仕込み醤油をはじめ数種類の醤油を合わせたタレにもしっかりダシを利かせて味のバランスを追求。さらに、鶏油と豚油、香味油を合わせて、スープにコクと旨みを重ねた。麺は、やさしい味わいのスープに合う、小麦が香る細ストレート麺。麺との相性のよさはもちろんこと、スープと油を纏ったネギまで愛おしいほど旨い。

味玉醤油の旨味ソバ
930円

トッピングにはやわらかなバラ肉チャーシューや寿司用海苔などがのる

汐の旨味ソバ
830円

エビやホタテのダシを利かせた塩ダレがスープの輪郭を際立たせ、揚げ香味野菜が、クリアなスープのアクセントに

お店からの一言

店主 榎本直記さん

「特注のストレート麺は北海道産小麦100%。香りとなめらかさにこだわりました!」

Tomboの店舗情報

[住所]東京都武蔵野市吉祥寺南町4-16-2 リトハイム101 [TEL]0422-77-7590 [営業時間]11時~14時半、18時~22時(日・祝~21時)※ランチタイム有 [休日]水 [席]カウンター10席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR中央線ほか吉祥寺駅南口から徒歩13分


電話番号 0422-77-7590

撮影/瀧澤晃一 取材/松井さおり

2019年2月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
本郷三丁目の人気店『ねむ瑠』が手掛けるセカンドブランド。濃厚な“イカ煮干し”ラーメンで名を馳せる本店に対して、こちらは“カキ煮干し”ラーメンで注目を集めるが、店主の推しは “淡麗醤油”というから驚く。
シャキッと小気味いい野菜に、ゴツゴツとパワフルな縮れ麺。両者の相反する食感が、口の中で鮮やかに調和し引き立て合う。
桑名産ハマグリと宇和島直送の真鯛に、乾物からひいた和風ダシをあわせたトリプルスープ。そこに石臼挽き全粒粉をブレンドした自家製麺を浮かべた見事な一杯だ。
麺を持ち上げるとズッシリ重い。讃岐うどんさながらの剛麺ながらも、その口当たりはソフト。
「たらスパ」の魅力に取り憑かれたオーナーが営む無限大の可能性を秘めたたらこスパゲッティ専門店!
端正で見目麗しく透き通るほどの美しさ。これぞシンプルの極みの関西ダシ文化の賜物!
続々と登場している「進化系サバ缶」。なんと、福岡県北九州市小倉から「発酵系サバ缶」がデビュー!   しかも、「100年級のサバ缶」。タイムカプセルのような、絶品サバ缶をご紹介!
名前通り、土佐清水市と連携協定を締結し、アンテナショップ的な役割も果たす居酒屋だ。土佐清水が発祥の地とも言われるカツオのたたき(藁焼き)や「清水さば」をはじめ、産地直送で届く鮮魚。
スイーツ好きにとって垂涎の的である名パティスリー。ガトーフレーズの外見はまさに王道だが、シンプルだからこそ、オーナーシェフ・和泉光一さんのこだわりを体感できる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt