MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
中華 味一(中華料理/不動前)|知る人ぞ知る人気メニューはタンメン!行く価値あり!

中華 味一(中華料理/不動前)|知る人ぞ知る人気メニューはタンメン!行く価値あり!

 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。

中華 味一(最寄駅:不動前駅)

たっぷりの野菜からスープの旨さがあふれ出す 店主が惚れた懐かしの味

タンメンは、記憶を辿って独学で修得。たっぷりの野菜を炒めてから、2種類の地鶏で取ったコク深い濃厚スープを注ぐ。溶け出した野菜の甘みが特注麺に絡み、なんともやさしい味わいだ。ふんわり、パラリの炒飯も食べずには帰れない。街中華の名店ここにあり!

タンメン
700円

2種類の地鶏のガラやモミジを炊いたスープは、コクがありつつも、すっきりとして後をひく。具はモヤシ、キャベツ、ニラなど。シャキシャキ感のなかにコシのある細麺が存在感を放つ

餃子
390円

野菜たっぷりの餡をモチモチとした厚めの皮で包み、かぶりつけばジューシーな肉汁がほとばしる

炒飯
680円

具は刻んだチャーシューやナルト、玉子、ネギといたってシンプルだが、炒めの技で香ばしさを生み、米の旨さまでも引き出している。タンメン+半炒飯セットも(1000円)

お店からの一言

店主 今野博史さん

「近隣ならば出前も承ります!」

中華 味一の店舗情報

[住所]東京都目黒区下目黒2-24-7 [TEL]03-3490-9531 [営業時間]11時半~15時LO、17時半~23時(22時半LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンターあり、全19席/喫煙可/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]東急目黒線不動前駅から徒歩6分


電話番号 03-3490-9531

撮影/小島 昇 取材/菜々山いく子

2019年2月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
やって来ました横浜中華街。数多の選択肢がひしめく中で、悩んだらいつも入ってしまうのがこの店。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
世界各国で人気を博す、香港の点心専門店による日本1号店。「ホテルクオリティの味をもっとカジュアルに」を掲げ、厨房でイチから作る点心はできたての提供を徹底。
由比ヶ浜駅と一体化しているディープな中華料理店。地域密着の家庭的な店だが、約20種揃う点心をはじめ、スペアリブのトーチ蒸しや漢方食材入りの薬膳火鍋など、本格中華が手頃に味わえる。
松濤にお目見えした中華料理店が打ち出すのは、化学調味料不使用で油控えめ、毎日でも食べたくなるやさしい味だ。すべての料理に上品な旨みをもたらすのが、親鶏と香味野菜をじっくり炊いた琥珀色のスープ。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt