MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
FLOTO(スイーツ/参宮橋)|駅徒歩2分!ジェラート&焼き菓子専門店☆旬のフルーツで作るジェラートが秀逸!

FLOTO(スイーツ/参宮橋)|駅徒歩2分!ジェラート&焼き菓子専門店☆旬のフルーツで作るジェラートが秀逸!

代々木上原の『パティスリー ビヤンネートル』でパフェを担当していた馬場麻衣子さんが、パフェのためのジェラートも作りたいと2017年3月オープン。両店の試作を行うラボ的存在でもある。

perm_media 《画像ギャラリー》FLOTO(スイーツ/参宮橋)|駅徒歩2分!ジェラート&焼き菓子専門店☆旬のフルーツで作るジェラートが秀逸!の画像をチェック! navigate_next

FLOTO(最寄駅:参宮橋駅)

パティシエが手掛けるシンプルでやさしいジェラート&自家製コーン

ジェラートの素材は、馬場さんが信頼する生産者やメーカーから取り寄せる。さらに、乳化剤は使用せず、安定剤も自然由来のもので極力控えめに。そのため、「無添加ピスタチオ」や「紅ほっぺ」などは、本来の持ち味が際立ちながらもどこかやさしい味わい。まるでクッキーのように風味豊かな自家製コーンと合わせるのがおすすめだ。店内には焼き菓子やパンも並び、コーヒーも充実。カフェ気分で足を運びたい。

トリプル(コーン)(無添加ピスタチオ、紅ほっぺ、チャイ)
780円

自家製コーンは+60円。生地は淡路島の藻塩入りで、ジェラートの甘さともマッチ。無添加ピスタチオは+80円

ダブル(コーン)(無農薬ブルーベリー、ソルテッドビターキャラメル)、ダブル(カップ)(和栗、有機玄米茶)
600円、700円

お店オススメ、人気のフレーバーがこちら。有機玄米茶は豊かな香りで後味さっぱり。和栗は+160円

クレープ(檸檬キャラメル)
980円

キャラメルジェラートとレモンクリームを包んだクレープ。生地がモチモチ

FLOTOの店舗情報

[住所]東京都渋谷区代々木4-12-6 Cala参宮橋#1-A [TEL]03-6300-9099 [営業時間]9時~19時 ※ランチタイム有 [休日]水・木 [交通アクセス]小田急線参宮橋駅から徒歩2分


電話番号 03-6300-9099

撮影/貝塚隆 取材/井島加恵

2019年2月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ハワイ・マウイ島から2019年7月に日本初上陸。元ミシュラン星付きレストランのシェフだったというグレン・シムキンズ氏のレシピで作られた、オーガニック&非乳製品のココナッツアイスクリームが味わえる。
北海道の酪農家のアンテナショップとして、2019年3月オープン。北海道の生乳で作られた牛乳や乳製品を扱い、随時入れ替わりながら約50種類が店頭に並ぶ。
SNSの隆盛も相まって、旬の果実をふんだんに使った”映える”フルーツスイーツの人気が加熱しています。今回は噂のフルーツサンドをご紹介!
暑~い夏、とくれば食べたくなるのがアイスクリームやジェラート。イタリア発の濃厚ジェラートから、日本ならではの日本酒アイスまで、ざくざくご紹介しちゃいます。
暑~い夏、食べたくなるのはやっぱりソフトクリーム!おすすめのお店3選をご紹介します。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル