MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
撮り鉄の「食」の思い出(66)日本一富士山に近い鉄道で日本一コシのある吉田のうどんを!/2012年~2019年

撮り鉄の「食」の思い出(66)日本一富士山に近い鉄道で日本一コシのある吉田のうどんを!/2012年~2019年

季節も冬になって山々が美しく見える季節になってきました。 もちろん富士山も白い雪をまとった姿で迎えてくれます。 数多くある、富士山を眺めて旅のできる路線から、今回は山梨県側を走る富士急行を紹介します。

perm_media 《画像ギャラリー》撮り鉄の「食」の思い出(66)日本一富士山に近い鉄道で日本一コシのある吉田のうどんを!/2012年~2019年の画像をチェック! navigate_next

日本一富士山に近い鉄道で日本一コシのある吉田のうどんを!/2012年~2019年


季節も冬になって山々が美しく見える季節になってきました。

もちろん富士山も白い雪をまとった姿で迎えてくれます。

富士山を眺めて旅のできる路線は数多くあります。

以前、静岡県側で富士浅間神社の近く身延線をご紹介(第33回)しましたが、今回は山梨県側の富士急行です。

富士山にいちばん近い鉄道、富士急行(2016年撮影)


東京からも近く、新宿駅から終点の河口湖駅間で、直通の特急列車なら2時間を切る近さです。

インバウンドで海外からの観光客も多くなって賑わう路線です。

この富士急行は、鉄道ファンにも人気。

それは、各地で使われた車両が第2の活躍の場として走り続けていることです。

まずは京王線から来た元5000系電車。

今では編成ごとにいろいろな色になっていて、京王カラーに塗られた車両も走っています。

京王線から来た車両も現役(2016年撮影)


普通列車として走る現在の主力車両は、元JRの205系。

京葉線などで走っていました。
 

現在の主力電車はJRから来た車両(2016年撮影)


そんななかでも、ちょっとユニークな列車が“フジサン特急”です。

現在走っている車両は2代目車両で、旧車両はJRの団体用に使われていたパノラマエクスプレスアルプスの改造車両。

どこまでも山に縁のある車両です。

列車の先頭はパノラマ車両になっていて、運転手さんは2階に乗車するので、全面展望は抜群!

富士山ビュースポットでは、徐行運転もして風景を楽しめました。

初代フジサン特急。富士山のキャラクターが楽しい(2013年撮影)

元は、JRの団体列車用パノラマエクスプレスアルプス(1999年撮影)

パノラマ席からは富士山が
ど~んと見えていた(2013年撮影)


2代目車両もかわいいイラストがついていて雰囲気は初代によく似ています。

こちらの車両は元小田急ロマンスカー。

特急あさぎりとして小田急からJR御殿場線に乗り入れて、御殿場、沼津と新宿を結んでいました。

このときも富士山に向かって走る車両です。

富士山とはゆかりの車両ですね。

2代目は、車両もかわいいイラスト付き(2016年撮影)

小田急時代に御殿場線を走る(2001年撮影)


ところで、鉄道の駅で富士山にいちばん近いのは、どこかご存じでしょうか?


答えは「富士山駅」。

……そのまんまです。


富士急行の終点に近い駅で、ためしに地図上で直線距離(平面上の距離)を測ってみると約14.5Km。

びっくりするほど近いです。


富士山駅の駅舎はスーパーも併設したビルなのですが、屋上の展望デッキは富士山の絶景ポイント。

駅の改札前で売っている“ふじたまたいやき”をもって、ゆっくりと富士山を眺めるのがおススメです。

富士山にいちばん近い駅「富士山駅」(2013年撮影)

駅入り口はこんな感じ(2013年撮影)

駅の展望デッキからは、裾野を広げる富士山が見える(2013年撮影)

おススメの“ふじさんたいやき”(2013年撮影)


この駅の名前ですが、もともとは富士吉田駅という名前でした。

改名は2011年7月と比較的最近のことです。

山梨名物ほうとうからは想像できない、こしの強い「うどん」2店をご紹介!


さて、「吉田」といえば“吉田のうどん”です。

特徴はなんと言ってもコシの強さです。

各地でうどんは食べてきましたが、もうダントツ1位。

「日本一コシのあるうどん」の称号は間違いないのではないかと思います。

汁も醤油と味噌のあわさったものが多くて、出汁も多様であっさり目なのに複雑な味わいです。
 


店ごとの手打ちうどんなので、硬さも太さもまちまちですが、総じて強固なコシ。

あわてずにゆっくりと食べると小麦の甘さが増してきます。

初めて食べたときには、ちょっとびっくりしましたが、だんだん楽しくなってきて、富士急行を撮影に行くたびに食べるようになりました。


まずは有名店の“麺許皆伝”。

平日でも昼間の時間はけっこう並ぶのですが、その価値あり!

もちろんコシは強いのですが、やさしさを感じる味と食感です。

吉田のうどんの定番、キャベツもたっぷり入っています。

温かいのも、冷たいつけ麺もおいしい店です。

吉田のうどんの有名店、“麺許皆伝”(2013年撮影)

温かいちくわうどん(2013年撮影)

欲ばりのつけうどん(2013年撮影)


次は、こちらも有名店の、“麺’ズ 冨士”。

このお店はおいしいだけでなく、トッピングも楽しいお店です。

複雑でもあっさりした汁でうどんを楽しみ、コシがあってゆっくり食べられるぶん、トッピングの変化も楽しめます。

富士山天ぷらは立体的なだけに、下の部分でしみた味と、上部のカリカリも楽しめて、これもお気に入りです。

トッピングも楽しい、麺’ズ 冨士山(2013年撮影)

温かい富士山うどん(2013年撮影)

富士山型の富士山天ぷらうどん(2013年撮影)

天ぷらは、味のしみた裾野部分と、
頂上側のカリカリ部とで、
ことなる食感が楽しめる。





吉田うどんのお店では、すりだねという薬味をだしている店多いです。

赤唐辛子に山椒やゴマなどで辛みを利かせます。

吉田のうどんのお店で出る“すりだね”(2013年撮影)


もう、いろいろと楽しく食べられる吉田のうどんですが、町の観光ホームページを見るとお店の数は50件以上。

まだまだ楽しもうと思います。
 








佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、初めて鉄道写真を撮ったのが小学生のころ、なんやかんやで約50年経ってしまいました。鉄道カメラマンなのに撮影の8割はクルマで移動、列車に乗ってしまうと、走るシーンを撮影しにくいので、いたしかたありません。そんなワケで年間のかなりの期間をクルマで生活しています。趣味は料理と酒! ヨメには申し訳ないのですが、日々食べたいものを作っています。
 鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、いろいろとお付き合いください。
 ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。なにとぞご容赦ください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
佐々倉実@おとなの週末

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

関連するキーワード
関連記事
現在、過去を含めて、いちばん好きな鉄道車両は?と聞かれたら、私は即答します。 「日本最大でけた外れの迫力のC62型蒸気機関車(以下C62)」。 これにつきます。 その巨大さと、天をつくような煙、昔レコードで聞いたジェット音にもたとえられる迫力の音に酔いしれました……。
函館本線は函館駅と旭川駅を結ぶ路線です。 この路線の、長万部(おしゃまんべ)駅から小樽駅の間は、通称「山線」と呼ばれていて、名前の通り峠を越えながら山中を走る山岳路線。 この山線の撮影中によく立ち寄るお店で“きのこ王国”があります。 店内は、その名の通りきのこだらけです……。
秋といえばフルーツ。 さすがにフルーツ大国の信州。JRのホームにも、実のなる駅があるんです。ものすごくおいしそうなのですが、ホームの果実を食べるわけにもいきません。  そこで昨年取材で訪れた、信州の鉄道とアルピコ交通撮影時に出会ったフルーツのお話です。
前回は北海道の大地を走り抜けたザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)の走行と、公開のときに撮影した車内を見ていただきました。 今回は2018年に行われた試乗会の様子です。 実際に旅をして、豪華な食事を出していただきました。
今回は、いつもよりずっと贅沢! 豪華列車のお話です。 2020年夏、鉄道ファンの間で大きな話題になったのが、北海道を走るザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)です。 通常は横浜駅から伊豆急行線の伊豆下田駅までを8両編成で走るレストラン列車ですが、この夏は北海道の大地を駆け抜けました……。
最新記事
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル