MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
[閉店]ジビエノ小屋 渋谷百軒店(焼肉/渋谷)

[閉店]ジビエノ小屋 渋谷百軒店(焼肉/渋谷)

ジビエ料理のイメージを変える絶品料理の品々。いかに臭みを感じさせない料理を提供するか−これまでの提供方法を覆す、肉自体の味を活かした焼き肉をはじめ、様々な食べ方でジビエを堪能できる店が開店した。

perm_media 《画像ギャラリー》[閉店]ジビエノ小屋 渋谷百軒店(焼肉/渋谷)の画像をチェック! navigate_next

ジビエ食べ比べ 5種盛り合わせ 3600円
5種類のジビエが各2切れつく。歯応えのあるイノシシや、甘みを感じるエゾシカ、噛むごとに旨みが広がる真ガモなど、肉質と味の違いを楽しめる

【閉店】渋谷百軒店ノ小屋
渋谷

 いかに臭みを感じさせない料理を提供するか−これまでの提供方法を覆す、肉自体の味を活かした焼き肉をはじめ、様々な食べ方でジビエを堪能できる店が2016年1月に開店した。 精肉店で血抜きされた食肉を直送し、鮮度のいいものを使用している。カモは店で毛抜きして捌く。ジビエは、フレッシュな果物をすりおろしたもみダレに漬け込まれる。それを七輪で焼いて食べれば、ジワッと甘みが広がる。もちろん獣臭も感じない。ほかにも、洋食出身のスタッフが腕をふるう煮込みや加工肉など、バリエーションも豊かなジビエ料理が揃う。 店内は、1階がカウンター席中心。2階、3階はテーブル席を完備。3階のみ10人以上で貸し切りも可能だ。みんなでジビエを食べるのもいい。ひと味違った焼き肉をぜひ召し上がれ。

京都肉黒毛和牛 いろいろな部位の食べ比べ 5種盛り合わせ
4200円より

京都牛とは、京都で長く育った丹波牛がランクアップしたもの。京都卸売市場第二市場から仕入れ、脂ノリの良い部位を提供する

ジビエつくね焼き
1本 450円(2本より)

鶏とジビエ(この日はイノシシとエゾシカ)を混ぜてミンチにし、焼きあげる。約15cmある長さも特徴で、それぞれの肉の旨みが凝縮されている

小屋の飯合 ジビエと肉ごはん
2合 1580円

飯合に入ったジビエ(この日は真ガモとエゾシカ)と、大きくカットされた野菜にダシダレをかけて炊き込む。〆に食べたい一品だ

【閉店】渋谷百軒店ノ小屋
渋谷

東京都渋谷区道玄坂2-18-14 ☎03-6455-0208 [営]18時〜翌3時半(翌3時LO) [休]無休 [交]JR渋谷駅ハチ公口から徒歩7分

電話番号 03-6455-0208
2016年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
肉好きを唸らせる人気店は、テイクアウトもひと味違う。客の受け取り時間に合わせ炭の遠火でじっくり火入れ。
適度に脂ののった赤身肉や絶品のホルモンでお酒を楽しんだら、〆はさっぱりと仕上げたい――そんな“オトナ焼肉”を愛する方におすすめしたいのがこちら。ピカピカと輝く自慢のホルモンは黒毛和牛の内臓を一頭買いしたもので、旨み、甘みとも抜群だ。
好きな肉を好きな焼き加減で気軽に楽しむひとり焼肉。コロナ禍でますます需要が高まると共に人気も集めているという。入りづらい、いろいろ食べられない……実際に足を運ぶと、そんな 不安を吹き飛ばすかのようなパラダイスだった! ※取材は2020年2月に行っています。
和牛にこだわり続けて45年以上という老舗焼肉店が、江東区に初進出。もちろん、使用するのは市場にほぼ出回らない希少銘柄・増田牛をはじめ、全国から選りすぐった雌の黒毛和牛だ。
肉は自社の生肉卸から仕入れるため、質と鮮度はもちろん価格も魅力的。肉のプロフェッショナルである店主が、状態を見極め、その日最高の逸品を提供する“おまかせコース”でその実力を体感しよう。
最新記事
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
コロッケ大好きな店主が開いたコロッケ専門店。潰したものと角切りのものの合わせ技で、ジャガイモの甘みをしっかり表現したコロッケは、イカスミをはじめとするオリジナル味も楽しい。
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で、焚き火の使用が解禁されました(一部会場では12月11日から)。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
get_app
ダウンロードする
キャンセル