MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
DAi(焼肉・ホルモン/新橋)ホルモン類が絶品の隠れ家居酒屋♪どれを食べても感動必至!価格も良心的♪

DAi(焼肉・ホルモン/新橋)ホルモン類が絶品の隠れ家居酒屋♪どれを食べても感動必至!価格も良心的♪

店があるのはとある古びた雑居ビル。しかも路面ではなく奥の方。知らなければ絶対に入れないけど、知れば通わずにはいられない。

perm_media 《画像ギャラリー》DAi(焼肉・ホルモン/新橋)ホルモン類が絶品の隠れ家居酒屋♪どれを食べても感動必至!価格も良心的♪の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

DAi(最寄駅:新橋駅)

カウンターでいただく近江牛・ホルモンの逸品

まず度肝を抜かれたのがホルモン類。レバーはエッジがピンと立ち、ハツはサクッと歯ざわり抜群、塩と酒で煮込んだ牛モツのピュアな甘みに翻弄された。鍋仕立てでやってくる肉じゃがに添えてあるのは近江牛。ダシでさっと煮込んでイモと一緒に食すのだ。テールスープの旨みを利かせた〆のカレーにも胃袋をわしっと掴まれた。どれを食べても感動必至! しかもご覧の通りの良心価格。こんな店が隠れているから新橋ってつくづく面白い。

肉じゃが
1026円

鍋に入るのは味の染みたジャガイモだけ。別皿の近江牛をサッと煮て食す

もつ煮込、和牛つくね、一口カレー
648円、972円、540円

a.プリッと弾けるような新鮮なモツがたっぷり入る b.つなぎは少量で肉感抜群だ c.具材は近江牛となんとも贅沢。隠し味のマンゴージャムの甘酸っぱさが利いている

テールあみ焼
972円

薄くスライスしたテールを塩と胡椒でグリル。歯応えある身から奥深いコクと旨みが押し寄せる!

お店からの一言

店主 大槻 照彦さん、奥様 美保子さん

「土曜のみ予約を承ります!」

DAiの店舗情報

[住所]東京都港区新橋3-13-2 サウスビル1階奥 [TEL]03-3431-1707 [営業時間]17時~24時(23時LO)、土17時~22時(21時LO) [休日]日・祝 [席]カウンターあり、全15席/全席喫煙可/土曜のみ予約可/カード可/サなし、お通し代432円別 [交通アクセス]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩2分


電話番号 03-3431-1707

撮影/小島 昇 取材/菜々山いく子

2019年3月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
巷で囁かれる&これまでに小誌が経験したやきとんの取材拒否店に潜入。それゆえにここではイニシャルでご勘弁。ヒントを頼りに辿り着くべし。
たまには美味しいホルモンを塩やタレ以外で食べたい、と思う人もいるはず。そんな人にぜひおすすめしたいのが、こちらの「特製スパイスホルモン」だ。
焼きも旨いが、「生盛」こと刺の4種盛りにまずシビれてしまった。見た瞬間新鮮さが伝わるきれ~なビジュアルで、皿の上には上質な牛タン、甘みさえ感じるハツ、肉厚で貝柱みたいな食感のセンマイ、いい塩梅の脂が口で溶けるほっぺた。
ホルモンの旅、最後はフルコースで豚モツを味わってもらおう。カウンターの中には、本日仕入れた豚一頭の内臓がバットにのって大迫力。
仙台牛たんと言えば、定食でいただくのが一般的。しかし、客が自ら目の前の七輪で炙る新たなスタイルを打ち出すのが、2018年4月に開業したばかりのこちらの店。
最新記事
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
その天ぷらひとつを供するまでに、一体どれほどの手間と心が注がれているか。店主自ら毎日豊洲に通う素材選び然り。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回は全員巨漢のYouTuberユニット「ブチかまし」をレコメンド。メンバー・立山(たてやま)さんの1日のカロリー摂取量を追った動画「立山カロリー」を中心に熱く語ります。
get_app
ダウンロードする
キャンセル