MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ゆうcafé(カフェ/根津)|根津の古民家を改装したノスタルジックカフェ♪
看板メニューは絶品ビーフシチュー

ゆうcafé(カフェ/根津)|根津の古民家を改装したノスタルジックカフェ♪
看板メニューは絶品ビーフシチュー

ほっこり温かいカフェのシチューはいかが。重厚な扉の向こうは築85年の家を改装した落ち着いた空間が広がる。

perm_media 《画像ギャラリー》ゆうcafé(カフェ/根津)|根津の古民家を改装したノスタルジックカフェ♪
看板メニューは絶品ビーフシチューの画像をチェック! navigate_next

ゆうcafé(最寄駅:根津駅)

身も心も優しく包み込む古民家カフェの絶品シチュー

戦前米屋だった自宅を利用した店で、数年前にも一部改装して昔の雰囲気のまま店内を広くした。
料理はビーフシチューのみ。店主の近内さんは「コーヒーの風味を損なわない食事、と考えて決めました」と静かに語る。ゆえにデミグラスは香辛料を控えめにし、野菜のダシのみで仕込むそうで、近内さんのように穏やかで優しい。脂を丁寧に取り除いたヘルシーな牛もも肉と地元の八百屋で買った野菜がゴロッと入る。何かいいなあ。『ゆう』はこの家を建てた祖母の名で、お客さん=YOUの意味も。どこまでも素敵な店。


ビーフシチュー
1500円(サラダとパンまたはライス付き・ランチは1200円)

信楽焼きの器に盛り付けたシチューは具材がゴロゴロ。平日は1日約30食を用意している。レシピは17年前のオープン時に近内さんが試行錯誤で考えた。最初は牛骨のダシを使っていたが、現在はセロリやニンジンの皮など野菜だけの旨みを生かしたダシで仕込む。肉は焦げる手前までしっかり焼いてから煮込むと形が崩れないそう

セットのサラダとパン

野菜の仕入れは地元の八百屋さんから。ライスも選べる

ゆうブレンドコーヒー
500円

注文があってから豆を挽いて淹れる香り高い味。横浜の『キャラバンコーヒー』を使用

お店からの一言

店主 近内克行さん

「脂身を処理し、あっさりした旨みになるよう心がけています」

ゆうcaféの店舗情報

[住所]東京都文京区根津2-13-4 [TEL]03-3827-9263 [営業時間]11時45分~17時(LO)※ランチタイム有 [休日]火 [席]カウンターあり、全14席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄千代田線根津駅1番出口から徒歩2分


電話番号 03-3827-9263

撮影/貝塚 隆 取材/肥田木奈々

2019年3月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
隅田川沿いに立つビルの2・3階がカフェ。店内からは川を行き交う水上バス、アサヒビールのビルの金色のオブジェ、その向こうに東京スカイツリーと、浅草の王道の景色が見渡せ、時間を忘れてくつろいでしまう。
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
こだわりは鉄板でトーストするパン。鉄板焼き料理人出身の店主が、その日のパンの状態を見極めて表面はパリッ、中はふっくらと焼き上げている。
京都の四条支店がオープンした1965年に先代の猪田七郎が考案したレシピが今も受け継がれている。ほどよくジューシーさが残った柔かなカツは、国産牛のランプに近い部位を使用。
カツサンド専門店として2018年12月オープン。いろいろ食べ比べて吟味したという岩中豚ロース肉のカツは旨みが濃い! 
最新記事
福井県の「鯖街道」で「飲食店が少ない」ことで嘆いていた町が、サバジェンヌ曰く「日本でいちばんホットな『サバ名所』」にまで成長! そこで食べられる絶品のサバグルメをジェンヌが食べまくり。熱量たっぷりのレポートです!!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
福井名物の和菓子といえば「羽二重餅」。その銘菓をどら焼きに挟んだ「羽二重どら焼」が人気だと聞いて食べてみました。“ふっくら”していて“もちもち”の食感。「和菓子通からも長年愛されてきた」という理由が頷ける美味しさです。
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
get_app
ダウンロードする
キャンセル