MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ゆうcafé(カフェ/根津)|根津の古民家を改装したノスタルジックカフェ♪
看板メニューは絶品ビーフシチュー

ゆうcafé(カフェ/根津)|根津の古民家を改装したノスタルジックカフェ♪
看板メニューは絶品ビーフシチュー

ほっこり温かいカフェのシチューはいかが。重厚な扉の向こうは築85年の家を改装した落ち着いた空間が広がる。

perm_media 《画像ギャラリー》ゆうcafé(カフェ/根津)|根津の古民家を改装したノスタルジックカフェ♪
看板メニューは絶品ビーフシチューの画像をチェック! navigate_next

ゆうcafé(最寄駅:根津駅)

身も心も優しく包み込む古民家カフェの絶品シチュー

戦前米屋だった自宅を利用した店で、数年前にも一部改装して昔の雰囲気のまま店内を広くした。
料理はビーフシチューのみ。店主の近内さんは「コーヒーの風味を損なわない食事、と考えて決めました」と静かに語る。ゆえにデミグラスは香辛料を控えめにし、野菜のダシのみで仕込むそうで、近内さんのように穏やかで優しい。脂を丁寧に取り除いたヘルシーな牛もも肉と地元の八百屋で買った野菜がゴロッと入る。何かいいなあ。『ゆう』はこの家を建てた祖母の名で、お客さん=YOUの意味も。どこまでも素敵な店。


ビーフシチュー
1500円(サラダとパンまたはライス付き・ランチは1200円)

信楽焼きの器に盛り付けたシチューは具材がゴロゴロ。平日は1日約30食を用意している。レシピは17年前のオープン時に近内さんが試行錯誤で考えた。最初は牛骨のダシを使っていたが、現在はセロリやニンジンの皮など野菜だけの旨みを生かしたダシで仕込む。肉は焦げる手前までしっかり焼いてから煮込むと形が崩れないそう

セットのサラダとパン

野菜の仕入れは地元の八百屋さんから。ライスも選べる

ゆうブレンドコーヒー
500円

注文があってから豆を挽いて淹れる香り高い味。横浜の『キャラバンコーヒー』を使用

お店からの一言

店主 近内克行さん

「脂身を処理し、あっさりした旨みになるよう心がけています」

ゆうcaféの店舗情報

[住所]東京都文京区根津2-13-4 [TEL]03-3827-9263 [営業時間]11時45分~17時(LO)※ランチタイム有 [休日]火 [席]カウンターあり、全14席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄千代田線根津駅1番出口から徒歩2分


電話番号 03-3827-9263

撮影/貝塚 隆 取材/肥田木奈々

2019年3月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
こだわりは鉄板でトーストするパン。鉄板焼き料理人出身の店主が、その日のパンの状態を見極めて表面はパリッ、中はふっくらと焼き上げている。
京都の四条支店がオープンした1965年に先代の猪田七郎が考案したレシピが今も受け継がれている。ほどよくジューシーさが残った柔かなカツは、国産牛のランプに近い部位を使用。
カツサンド専門店として2018年12月オープン。いろいろ食べ比べて吟味したという岩中豚ロース肉のカツは旨みが濃い! 
幸せを分かち合う “お福分けのこころ”というコンセプトを通し、全国から吟味された茶葉を使ったお茶ドリンクが楽しめる。抹茶は、鹿児島や京都・宇治以外にも名産地があることを伝えたいと、福岡の八女茶が選ばれた。
厚削りの本枯節をじっくり煮出したダシに、醤油のまろやかな風味が立つかえし。どっしりとした風合いのつゆは、これぞ江戸蕎麦と言わんばかりの伝統的な味わいだ。
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
ラーメン。中でも醤油ラーメンは日本人にとって原点の味だ。様々なラーメンに携わり、最終的に「醤油だ!」と戻ってくる店主も少なくない。今回はその醤油に特化。研ぎ澄まされた進化系から、昔ながらの懐かし系まで、唸る一杯の三ツ星店を集めました。ほか、東京の「コの字酒場」、自宅で温泉気分に浸れる「入浴剤」も特集しています!
1043views 本誌紹介
道を究めた一流の料理人と、日本を代表する美容業界社長という、異業種の組み合わせで語り合う本企画。第3回目となる今回は、天ぷら界随一の理論派でもある近藤文夫さんをフォーカス。対する高級化粧品会社社長・小林章一さん、実は“天ぷらNG”の前情報もあり、ビジネス談義以外も見所満載。 果たしてふたりの会話の行方は如何に、そして小林社長は天ぷら開眼なるか!?
231views まとめ記事

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル