MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
資生堂パーラー 銀座本店(洋食/銀座)|老舗レストラン!名物は長年愛され続けている「トマトマカローニ」!

資生堂パーラー 銀座本店(洋食/銀座)|老舗レストラン!名物は長年愛され続けている「トマトマカローニ」!

硬めに茹で、ミンチにしたベーコン、玉ネギ、トマトの旨みが溶けたコンソメスープに浸し、味を染み込ませたマカロニがポイント。ロングマカロニは手で折ってから茹でているため、ソースとのなじみも抜群だ。

perm_media 《画像ギャラリー》資生堂パーラー 銀座本店(洋食/銀座)|老舗レストラン!名物は長年愛され続けている「トマトマカローニ」!の画像をチェック! navigate_next

資生堂パーラー 銀座本店(最寄駅:銀座駅)

受け継がれてきたトマト色のグラタン

そのひと手間ふた手間を経て、エビ、カニ、ホタテの貝柱が乗せられ、トマトソースとチーズがかけられオーブンに入る。「グラタンにトマトソース?」と思いがちだが、もともとグラタンは“表面を焦がした料理”を指す言葉。酸味の利いた爽やかな味わいは、ベシャメルソースの重さが苦手という人にもおすすめだ。ご飯との相性も良いのでお腹に余裕があったら是非リクエストしてみて。

海の幸のトマトマカロニグラタン
1850円

現存する昭和10年のメニューにも記載がある「トマト マカローニ」が元祖。手の込んだレシピは当時からほとんど変わらず、長年受け継がれてきた伝統の味だ。アルデンテにこだわらず、ソースの旨みを表面から内部に染み込ませた、マカロニのもっちりした食感が素晴らしい

小海老とバターライスのホワイトソースグラタン
1850円

クリームソースに、コンソメで炊いたバターライスの風味を閉じ込めた一皿

ミートクロケットトマトソース
2470円

ベシャメルソースで角切り子牛肉とハムを包んだ「ミートクロケット」。グラタンに通じるとろとろの味わい

お店からの一言

銀座本店調理長 倉林龍助さん

「旨みたっぷり。でも軽やかな食後感ですよ」

資生堂パーラー 銀座本店の店舗情報

[住所]東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル4・5階 [TEL]03-5537-6241 [営業時間]10時半~21時半(20時半LO) [休日]月(祝の場合は営業) [席]個室あり、全73席/全席禁煙/予約可/カード可/サ10% [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか新橋駅 1番出口より徒歩5分


電話番号 03-5537-6241

撮影/瀧澤晃一 取材/野村始子

2019年3月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
もうもうと立ち上る煙の下に現れるはドカンと一枚肉の「特大生姜焼」。腕まくりで挑めばド直球の旨さにハッとする。
創業明治28年。『煉瓦亭』のポークカツレツは“とんかつの元祖”と言われているだけあって隙がない。
ガウチョ(牧童)が絞めて解体した牛を薪で焙り、野外で肉を片手に呑み、かつ喰らう――そんなアルゼンチン流のワイルドなBBQ「アサード」を味わえる店だ。肉を焼くのは、青春時代をアルゼンチンで過ごした伊澤義之さん。
最新記事
福井県の「鯖街道」で「飲食店が少ない」ことで嘆いていた町が、サバジェンヌ曰く「日本でいちばんホットな『サバ名所』」にまで成長! そこで食べられる絶品のサバグルメをジェンヌが食べまくり。熱量たっぷりのレポートです!!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
福井名物の和菓子といえば「羽二重餅」。その銘菓をどら焼きに挟んだ「羽二重どら焼」が人気だと聞いて食べてみました。“ふっくら”していて“もちもち”の食感。「和菓子通からも長年愛されてきた」という理由が頷ける美味しさです。
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
get_app
ダウンロードする
キャンセル