MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
コルシカ(イタリアン/恵比寿)|1970年創業のカジュアルに楽しめるイタリアン♪友達や家族、デートにも☆

コルシカ(イタリアン/恵比寿)|1970年創業のカジュアルに楽しめるイタリアン♪友達や家族、デートにも☆

 1970年創業のイタリアン。当時は、パスタをアルデンテで出すと「麺が固い!」と怒られた時代。

perm_media 《画像ギャラリー》コルシカ(イタリアン/恵比寿)|1970年創業のカジュアルに楽しめるイタリアン♪友達や家族、デートにも☆の画像をチェック! navigate_next

コルシカ(最寄駅:恵比寿駅)

イタリアンの歴史を物語る名メニュー

なんとか日本人に馴染むように、好きな人が多いグラタンとカレーライスをヒントに考案されたのが、「コルシカ風ライスグラタン」だ。カレーピラフのスパイスがピリッと利いて食が進み、お酒にも合う。小麦粉とバターを20分おきに混ぜながら2時間半ほど炒め、牛乳を加えた後ミキサーにかけるなど、手間暇かけたベシャメルソースのクリーミーでまろやかな味わいも秀逸。

コルシカ風ライスグラタン
1500円

玉ネギやアサリでほどよい甘みと旨みに

生ガキのグラタン
1800円

10月~2月末頃の限定。カキの汁にベシャメルソースと卵黄を合わせたクリームが絶品

生サーモンのロール巻き
800円

ズワイガニやモッツァレラ、ホタテなどをマヨネーズソースで和え、サーモンで包んだ

お店からの一言

マネージャー 川端京太さん

「メニューにないおすすめ料理もご用意しています」

コルシカの店舗情報

[住所]東京都渋谷区恵比寿南3-4-17 [TEL]03-3713-4496 [営業時間]17時~23時15分(LO) [休日]水 [席]カウンターあり、全20席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]東急東横線代官山駅北口から徒歩5分、JR山手線ほか恵比寿駅西口から徒歩8分


電話番号 03-3713-4496

撮影/貝塚 隆 取材/井島加恵

2019年3月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
神泉の人気店『オルランド』の兄弟店として今年オープンしたばかり。本店より少しカジュアルに楽しめるカウンターだけの空間だ。
一見、喫茶店のような趣だが、実は豊富な料理が楽しめるイタリアンレストラン。人気の鶏肉のグラタンは、ベシャメルソース、フォン・ブランという鶏ガラのダシや白ワイン、さらに大山地鶏の旨みが一体となった、やさしくもコクのある味わいだ。
「肉の色と質を見てください」。店主の栗山さんが大事そうに抱えてきたのは、沖縄在来種の血統を守る今帰仁アグー。
特に男性にとってちょっとモノ足りないイメージがあるというパスタランチだが、この店ではそんな心配ご無用! 全メニュー同料金でLLサイズの麺量400gまで増量可なのだから。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル