MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
[閉店]つくね専門店 十夢想屋(つくね/下北沢)

[閉店]つくね専門店 十夢想屋(つくね/下北沢)

現在のバリエーションは90種! 進化するつくね。つくねは旨みが強い大山鶏を使い、ナンコツの食感を生かした「コリコリ」、ボンジリと豚肉を入れてコクを出した「ジューシー」、玉ねぎやニンジンなど野菜を加えた「ヘルシー」の3種のベースを用意。

各種つくね 注文は1種類2本324円~

さっぱりとしたおろしポン酢味や梅しそ味のほか、お好み焼き味やチーズ味などバラエティー豊か。ユニークな「刻みガリ」は寿司屋でヒントを得たという。おまかせ5種盛りは702円

【閉店】つくね専門店 十夢想屋
下北沢

つくねは旨みが強い大山鶏を使い、ナンコツの食感を生かした「コリコリ」、ボンジリと豚肉を入れてコクを出した「ジューシー」、玉ねぎやニンジンなど野菜を加えた「ヘルシー」の3種のベースを用意。これに約30種類あるトッピングを好みで選べば、なんと計90種類の味が楽しめる。侮れないのは冒頭のユニークな種類も、思いのほかバランスよくまとまっていること。つくねに合う食材を日々研究しているとかで、今後ますます進化し続ける味から目が離せない。

ササミのたたき
648円

甘辛のタレで焼いたつくねを「とよんちのたまご」の卵黄に付けていただく「月見つくね」は定番人気。しっとりとした「ササミのたたき」は朝挽きの大山鶏を使う。九州の甘口醤油のほかワサビや梅肉で食す。店は2014年にオープン。もともと焼き鳥店を経営していたオーナーが、店で人気のつくねに特化して始めた

月見つくね
2本 378円

【閉店】つくね専門店 十夢想屋
下北沢

東京都世田谷区北沢2-1-8 サンコービル2階 ☎03-3795-8082 [営]18時~翌3時(翌2時LO) [休]不定休 [席]カウンター2席、テーブル18席、計20席/禁煙席なし/予約可/カード可/サなし、お通し324円別 [交]小田急線ほか下北沢駅南口から徒歩3分

電話番号 03-3795-8082
2016年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
創業から65年を迎える福島県の干物メーカーの旗艦店。今年から名物の干物を使った鍋がスタートした。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
オイスターバーから、和食に特化して牡蠣を楽しめるようにしたお店。生牡蠣や焼き牡蠣の他、牡蠣しゃぶや牡蠣のすき焼きなどの鍋物を気軽に楽しめる。
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
毎朝仕入れる地魚を使った料理に定評あり。なかでも、鎌倉で水揚げされたしらすをたっぷりのせた海鮮丼が名物で、3~12月は生しらすも味わえる。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
週替わりでひと工夫された魅力的な惣菜が並ぶデリカテッセン。「デリボックス」はテイクアウトで1080円~(イートインは1350円~)。
新型コロナウィルスの蔓延防止のため、多くの飲食店が休業や営業自粛によって苦境に陥っている。そんな飲食店を応援しようという『さきめしSupported by SUNTORY』プロジェクトが始まっている。
145views F&D 最新情報
明太子の名店、福岡の『やまや』が営む天ぷら店。全席に揚げたてが運ばれる博多スタイルを踏襲し、東京ではあまり見かけない鶏肉の天ぷらが食べられる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt