MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
小料理 久原(日本料理/渋谷)店主の逸品料理と女将のおもてなしはまるでお家に招かれたよう…

小料理 久原(日本料理/渋谷)店主の逸品料理と女将のおもてなしはまるでお家に招かれたよう…

料理が旨い店は山ほどある。けれどこの店でなければと思わせるのは意外と少ない。

perm_media 《画像ギャラリー》小料理 久原(日本料理/渋谷)店主の逸品料理と女将のおもてなしはまるでお家に招かれたよう…の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

小料理 久原(最寄駅:渋谷駅)

夫妻の気さくな接客も魅力

ここは間違いなく後者。理由は店主久原さんの真摯な姿勢だ。自ら見極める食材選びから真剣勝負。調理はシンプルだが、味に感動があるよう心掛けているそう。魚は天然物、肉は地鶏や合鴨、野菜は主に女将の故郷の栃木産。酒肴も秀逸で、人気の合鴨料理は脂の甘みに驚かされる。加えて夫妻のもてなしがいい。「我が家にお招きしたような空気感を大事にしたくて」。通えばこの街がもっと好きになる。

おつまみ料理(本日の1品は2人前、内容は仕入れで変わる)
(1人前)3800円

軽く酒肴を楽しみたい時に。野菜に添えた自家製葱味噌はそれだけでも酒が飲める

鯛茶づけ膳(水木金限定のランチ)
1500円

天然物の真鯛に絡める胡麻ダレは煎ったものや半ずりのものなどをブレンドし、つぶつぶ感や濃厚なコクを出す

合鴨と葱の塩焼き
2400円

山形県蔵王の新鮮な合鴨を使う。塩で焼き、仕上げに香り付けの醤油をひと塗り。柔らかく深い脂の甘み

お店からの一言

店主 久原大助さん、
 徳子さん夫妻

「精進料理や懐石で約20年修業しました。店は自分たちが美味しいと思ったものを表現する場。だから食材も自分の目で見て納得いくものだけを仕入れています」

小料理 久原の店舗情報

[住所]東京都渋谷区東2-25-38 [TEL]03-6427-7877 [営業時間]18時~23時半(22時半LO)、土18時~21時半(20時半LO)、ランチは水・木・金12時~13時半(売り切れ次第終了) [休日]日、祝 [席]カウンターあり、全15席/全席禁煙/予約可/カード可/サ10%、お通し代なし [交通アクセス]渋谷駅新南口から徒歩10分


電話番号 03-6427-7877

撮影/大西尚明 取材/肥田木奈々

2019年4月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
日光連山の雪解け水で仕込む“日光豆冨”が主役のとうふ料理専門店。定番人気「青竹膳」の初見の感想は、「この量で足りるかな?」。
ミシュランで一ツ星を獲得している高級割烹。2代目・中嶋貞治氏が継いだときに、市場での長年の付き合いから通年新鮮なものを提供できるということで、イワシを使ったランチを始めたという。
曲げわっぱの蓋を開けた途端、湯気と共に磯の香りが立ち上る。これが大正13年に創業した老舗の自慢の深川めしだ。
東京が誇る江戸料理のひとつがねぎま鍋。7年前の開店当初から、この鍋を看板に据えたのが荒木町の路地裏にあるこちらの名割烹だ。
ひとり用の釜に入れたご飯を供する、いわゆる「釜めし」の元祖。大正15年(1926)、初代・矢野テルが関東大震災の被災経験から炊きたてのご飯をふるまうことを思いつき、小さな釜を特注して生まれた。
最新記事
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
その天ぷらひとつを供するまでに、一体どれほどの手間と心が注がれているか。店主自ら毎日豊洲に通う素材選び然り。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回は全員巨漢のYouTuberユニット「ブチかまし」をレコメンド。メンバー・立山(たてやま)さんの1日のカロリー摂取量を追った動画「立山カロリー」を中心に熱く語ります。
get_app
ダウンロードする
キャンセル