MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
emma.(日本料理/奥渋谷)|秘密にしておきたいくらい居心地抜群の和食バル。料理も絶品♪

emma.(日本料理/奥渋谷)|秘密にしておきたいくらい居心地抜群の和食バル。料理も絶品♪

奥渋谷のとあるマンションの1室に、とびきり居心地のいい店がある。調理も接客もひとりでこなすのは店主・江間さんだ。

perm_media 《画像ギャラリー》emma.(日本料理/奥渋谷)|秘密にしておきたいくらい居心地抜群の和食バル。料理も絶品♪の画像をチェック! navigate_next

emma.(最寄駅:代々木公園駅)

家庭的な料理と店主に癒される奥渋谷のオアシス

大学時代からの夢であった自身の店を持ったのが、今から2年と少し前のこと。メニューは鶏ハムや水餃子などの定番もあるが、中心は舌にも身体にもやさしい和食。旬の食材を使った料理を週替わりで用意し、ホッとできる家庭的な味わいのなかにもセンスが光る。管理栄養士の資格を持ち、マクロビの講師としての経験もある江間さん。どの皿にもそれがさりげなく生かされているのだ。一度訪れてみれば、毎日でも通いたくなるだろう。

ぶりの唐揚げ 新玉ねぎ南蛮添え
1026円

週替わりメニューの1品。醤油とみりんで下味を付けたブリを、小麦粉&片栗粉をまとわせカリッと揚げている。和酒との相性はもちろんだが、今の時期ならスッキリ辛口の白ワインをチョイスしたい

自家製しっとり鶏ハム、おだし香る和風水餃子
648円、 702円

定番料理の2種。カツオと昆布の和風ダシに浮かべた水餃子。餡には大葉や賽の目状のレンコンを混ぜて、香りと食感良く仕上げている。鶏ハムは60℃の低温調理でしっとりとした舌触りに

炊きたて土鍋ごはん
756円

しっかり浸水させてから炊いたご飯は米粒がふっくら。自家製の生姜の佃煮付き。半合でも注文可能だ(540円)

お店からの一言

店主 江間 瞳さん

「身体にもやさしい料理ばかりです」

emma.の店舗情報

[住所]東京都渋谷区神山町40‐5 小松ビル201 [TEL]050-5308-2155 [営業時間]18時~24時(23時LO)、土17時~24時(23時LO) [休日]日・月・火[席]カウンターのみ、全10席/全席禁煙/21時入店まで予約可/カード可/サ10%別、お通し代なし [交通アクセス]地下鉄千代田線代々木公園駅1番出口から徒歩8分


電話番号 050-5308-2155

撮影/小島 昇 取材/菜々山いく子

2019年4月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
大阪や兵庫、銀座で板前として学んできた店主の星乃さん。11年前、四つ木で半世紀続く実父の和食屋を引き継いだ。
コロッケが旨い店はいい店だと勝手に確信しているのだが、北海道料理で知られるこの店のそれも定番の名物らしい。早速味わってみると想像の上の上を行く旨さに驚いた。
炭火が目を引く大きな囲炉裏。それをぐるりと囲むように配されたカウンターは予約必須の特等席だ。
店主の近藤喜一さんは、昭和7年創業の老舗豆腐店『ゑん重』の三代目。「本物の豆腐の美味しさを、料理を通して伝えたい」と、家業の傍らで“豆腐創作料理”の店を始めた。
料理が旨い店は山ほどある。けれどこの店でなければと思わせるのは意外と少ない。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル