MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ビストロ ビンゴ(ビストロ/渋谷)|古民家を改装した和空間でオーナー自慢の創作料理をご堪能下さい♪

ビストロ ビンゴ(ビストロ/渋谷)|古民家を改装した和空間でオーナー自慢の創作料理をご堪能下さい♪

道玄坂から神泉駅に向かう通り沿いにある、古い一軒家を改築したビストロだ。メニューには広島・岡山を中心とした備後地方の食材をふんだんに使用した料理が並んでいる。

perm_media 《画像ギャラリー》ビストロ ビンゴ(ビストロ/渋谷)|古民家を改装した和空間でオーナー自慢の創作料理をご堪能下さい♪の画像をチェック! navigate_next

ビストロ ビンゴ(最寄駅:神泉駅)

瀬戸内食材と酒和のテイストをプラスした古民家ビストロ

心惹かれるのが、瀬戸内の旬を取り入れた「本日のおすすめ」だ。この時期ならば、鮮度抜群の身を和の技法で炊いた「煮穴子とフォアグラのソテー」は必食だろう。舌の上でホロッとほどける穴子と、まったりとしたコクのフォアグラを江戸前寿司のツメダレを思わせる甘酸っぱいソースがつないでいる。ワインとの相性はテッパンだけれど、変化球的に広島の地酒と合わせるのもいい。ランチタイムからの通し営業で昼飲みにも打ってつけだ。

煮穴子とフォアグラのソテー
1458円

赤ワインベースのソースは山椒を加えてアクセントのある香りに仕上げる

黒毛和牛のたたき
1296円

A5黒毛和牛モモ肉をレアに焼き上げ、薬味たっぷりのポン酢で食す

塩で食べる備後産六穀豚のハンバーグ
1188円

細挽きと粗挽きの2種類のミンチを使用し、ジューシーさと食感を生む。産地の異なる3種類の塩が、上質な豚肉の甘みを引き出している

お店からの一言

料理長 中屋裕太さん

「瀬戸内のクラフトビールと地酒も用意」

ビストロ ビンゴの店舗情報

[住所]東京都渋谷区円山町6-11 [TEL]03-6712-7830 [営業時間]11時半~23時(フード22時、ドリンク22時半LO)、土・祝12時~22時(フード21時、ドリンク21時半LO)※ランチタイム有 [休日]日 [席]カウンターあり、全37席/分煙/予約可/カード可/サなし、お通し代324円別 [交通アクセス]京王井の頭線神泉駅南口から徒歩2分


電話番号 03-6712-7830

撮影/西㟢進也 取材/菜々山いく子

2019年4月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
福岡市内で話題のエリア「渡辺通」にある『ビストロ・クワバラ』は、独自のメニュー構成であることに加え、看板猫がいることでも人気のお店です。そのメニューと、かわいい猫ちゃんに迫ります。
扉の向こうは、高井シェフによって繰り広げられる美味なる劇場だ。元は料亭で腕を振るった和食の職人で、ワインとの出合いをきっかけにフレンチにどっぷりハマってから十数年。
輝かんばかりの肉オーラ。見るからに旨そうだ。いやかなり旨い。正体はこの店の二大看板。出荷数が少ないため「幻の和牛」と称される宮崎県の尾崎牛とイタリア産高級牛のファッソーネピエモンテ牛。
熱々で供されるオニオングラタンスープは、まず香りの時点でノックアウト。焼けたチーズの匂い。
最新記事
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル