MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ビストロ ビンゴ(ビストロ/渋谷)|古民家を改装した和空間でオーナー自慢の創作料理をご堪能下さい♪

ビストロ ビンゴ(ビストロ/渋谷)|古民家を改装した和空間でオーナー自慢の創作料理をご堪能下さい♪

道玄坂から神泉駅に向かう通り沿いにある、古い一軒家を改築したビストロだ。メニューには広島・岡山を中心とした備後地方の食材をふんだんに使用した料理が並んでいる。

ビストロ ビンゴ(最寄駅:神泉駅)

瀬戸内食材と酒和のテイストをプラスした古民家ビストロ

心惹かれるのが、瀬戸内の旬を取り入れた「本日のおすすめ」だ。この時期ならば、鮮度抜群の身を和の技法で炊いた「煮穴子とフォアグラのソテー」は必食だろう。舌の上でホロッとほどける穴子と、まったりとしたコクのフォアグラを江戸前寿司のツメダレを思わせる甘酸っぱいソースがつないでいる。ワインとの相性はテッパンだけれど、変化球的に広島の地酒と合わせるのもいい。ランチタイムからの通し営業で昼飲みにも打ってつけだ。

煮穴子とフォアグラのソテー
1458円

赤ワインベースのソースは山椒を加えてアクセントのある香りに仕上げる

黒毛和牛のたたき
1296円

A5黒毛和牛モモ肉をレアに焼き上げ、薬味たっぷりのポン酢で食す

塩で食べる備後産六穀豚のハンバーグ
1188円

細挽きと粗挽きの2種類のミンチを使用し、ジューシーさと食感を生む。産地の異なる3種類の塩が、上質な豚肉の甘みを引き出している

お店からの一言

料理長 中屋裕太さん

「瀬戸内のクラフトビールと地酒も用意」

ビストロ ビンゴの店舗情報

[住所]東京都渋谷区円山町6-11 [TEL]03-6712-7830 [営業時間]11時半~23時(フード22時、ドリンク22時半LO)、土・祝12時~22時(フード21時、ドリンク21時半LO)※ランチタイム有 [休日]日 [席]カウンターあり、全37席/分煙/予約可/カード可/サなし、お通し代324円別 [交通アクセス]京王井の頭線神泉駅南口から徒歩2分


電話番号 03-6712-7830

撮影/西㟢進也 取材/菜々山いく子

2019年4月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
皿によそられ出てきたときの興奮度は半端ない。魚介と野菜の色あざやかなルックス。
「ガンゲット」とはビストロよりも気安い酒場のこと。かしこまらずに食べられるが、料理はクラシックなビストロメニューを揃えている。
ワイワイ、カチャカチャ。ビストロらしい賑わいが似合う店だ。メニューには「フランスの片田舎にあるようなワイン居酒屋」とあり、気取りなく、一方でワインに対して気の利いたアテが揃っている。
 かつて神保町で氷屋を営んでいた民家を、9年前ビストロに改装。築72年になる昭和の建物をあえて残し、“晩ご飯の香りが漂う夕暮れに、自宅へと急ぎたくなるような”雰囲気を体現したという。
 プリフィクスメニューは、前菜・メインとも5種類以上あり、選択肢の多さに驚く。一皿のボリュームもたっぷりで平日1000円、休日1800円というコスパの高さだから、いつも賑わっていて男性客も多い。
 1970年創業のイタリアン。当時は、パスタをアルデンテで出すと「麺が固い!」と怒られた時代。
まず供されるシンプルな茶碗蒸しがあまりに美味しくて夢中で平らげてしまった。期待が高まったところで、にぎりを口にすると、シャリがふんわりとほどけた。
今回ご紹介するのは、2019年7月にオープンした『cafe&bar d●●●●●』だよ。 入れ替わりの激しい吉祥寺で1周年を迎えた&世界中を巻き込んだ“もーやってらんない”現象にも耐えていた(涙)。ということで、個人的に「おめでとう」の気持ちをこめてのご紹介です。店名はイニシャルだけどな……。
夏本番を目前にした今。湿度や気温の高さに負けないよう、元気になれる食べ物をお取り寄せしませんか?夏バテ対策や食欲のないときにオススメな逸品揃いです!カレー、うなぎ、冷たい麺、ホルモンや肉、といった人気ジャンル別に、厳選してご紹介します!
203views お取り寄せ
江戸幕府第五代将軍・徳川綱吉に仕えた川越藩藩主・柳澤吉保による大名庭園。吉保自らが設計し、元禄15年(1702)に完成させた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt