MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
添好運 日比谷店(中華料理/日比谷)|日本初上陸の点心専門店!ミシュランの味を気軽に楽しめる♪

添好運 日比谷店(中華料理/日比谷)|日本初上陸の点心専門店!ミシュランの味を気軽に楽しめる♪

世界各国で人気を博す、香港の点心専門店による日本1号店。「ホテルクオリティの味をもっとカジュアルに」を掲げ、厨房でイチから作る点心はできたての提供を徹底。

perm_media 《画像ギャラリー》添好運 日比谷店(中華料理/日比谷)|日本初上陸の点心専門店!ミシュランの味を気軽に楽しめる♪の画像をチェック! navigate_next

添好運 日比谷店(最寄駅:日比谷駅)

世界中で人気の点心を驚くほどカジュアルな価格で

看板商品のひとつで、皮のぷるんとした食感が感動的な腸粉は、オーダーを受けてから蒸し器で米粉生地を作り始める手のかけよう。それでいて価格は626円~というから恐れ入る。どれもこの調子なので、お腹いっぱい食べても会計は驚くほど手頃。常に行列ができている人気店だが、めげずに並んでみてほしい。きっとその価値を感じられるはずだ。


牛挽肉のチョンファン
734円

甘みとコクが魅力の中国醤油をベースにしたタレをかけて。注文後に作られるが、提供スピードの速さに驚くはず

海老とニラの蒸し餃子
626円

エビが入った蒸し餃子は、プリッとした食感が残るように大きくカットしている

大根餅
518円

千切り大根を蒸したものが入り、瑞々しさを感じる

ベイクドチャーシューバオ
626円

たっぷりのチャーシューを包んだ上からクッキー生地をかぶせている。最初はサクッとしているが、すぐにほろりと崩れる繊細な口当たり

お店からの一言

点心師 スウ・ジュンジュさん

「「ベイクドチャーシューバオ」は、毎日2000個以上売れる人気メニュー。テイクアウトもあります」

添好運 日比谷店の店舗情報

[住所]東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテ別館1階 [TEL]03-6550-8818 [営業時間]11時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]施設に準ずる [席]全84席/全席禁煙/予約不可/カード可/席料10%、お通し代なし [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか日比谷駅A4、A5出口から徒歩1分


電話番号 03-6550-8818

撮影/小島 昇 取材/市村幸妙

2019年5月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
『筑紫樓』といえばフカヒレ専門店の重鎮。行ってみたいけど、恵比寿本店や銀座店の煌びやかなイメージに及び腰……。
中華は家族みんなで囲める料理。ならばどんな世代にも親しみやすく、なおかつ体に優しい方がいい。
ここでは何をさておいてもまずコレ、見事な焼き色、ボリュミーな姿にそそられる通称“ジャンボ餃子”だ。本店は1949年創業の老舗だが、そこで当時から変わらない手作りで半世紀以上愛されてきた味。
山東省出身の現店主の祖父が店を開いたのが、1949年のこと。夜のメニューは、フカヒレやアワビなどの高級食材を使った一品から点心類まで幅広い。
東急世田谷線・三軒茶屋駅の程近く、ここだけ昭和にタイムスリップしたかのように佇む。1973年の創業ながら、入口の食品サンプルまで手入れが行き届き、店主夫妻の実直な人柄が伺える。
厚削りの本枯節をじっくり煮出したダシに、醤油のまろやかな風味が立つかえし。どっしりとした風合いのつゆは、これぞ江戸蕎麦と言わんばかりの伝統的な味わいだ。
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
ラーメン。中でも醤油ラーメンは日本人にとって原点の味だ。様々なラーメンに携わり、最終的に「醤油だ!」と戻ってくる店主も少なくない。今回はその醤油に特化。研ぎ澄まされた進化系から、昔ながらの懐かし系まで、唸る一杯の三ツ星店を集めました。ほか、東京の「コの字酒場」、自宅で温泉気分に浸れる「入浴剤」も特集しています!
1056views 本誌紹介
道を究めた一流の料理人と、日本を代表する美容業界社長という、異業種の組み合わせで語り合う本企画。第3回目となる今回は、天ぷら界随一の理論派でもある近藤文夫さんをフォーカス。対する高級化粧品会社社長・小林章一さん、実は“天ぷらNG”の前情報もあり、ビジネス談義以外も見所満載。 果たしてふたりの会話の行方は如何に、そして小林社長は天ぷら開眼なるか!?
233views まとめ記事

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル