MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
話題の調理グッズCHECK[46]ダイソー? 下村工業?  白髪ネギカッターを使い比べてみた!

話題の調理グッズCHECK[46]ダイソー? 下村工業? 白髪ネギカッターを使い比べてみた!

キッチングッズ屋さんで、白髪ネギカッターを発見! 料理に白髪ねぎがのっていると美味しいのになぁ~と思うけど、白髪ねぎを作るのは面倒だなぁ~って、けっきょく、やらないわたし。 たまたま、100均のダイソーでも白髪ネギカッターを見つけたので、今回は「DAISO」と「下村工業」の商品を使い比べてみました。

ダイソー? 下村工業? 白髪ネギカッターを使い比べてみた!


キッチングッズ屋さんで、白髪ネギカッターを発見!

料理に白髪ねぎがのっていると美味しいのになぁ~と思うけど、白髪ねぎを作るのは面倒だなぁ~って、けっきょく、やらないわたし。

たまたま、100均のダイソーでも白髪ネギカッターを見つけたので、今回は「DAISO」と「下村工業」の商品を使い比べてみました。

まずは、下村工業の「白髪ネギカッター」からチェック開始!


最初に手に取ったのは、下村工業「白髪ねぎカッター」。

下村工業「白髪ねぎカッター」
本体・スライドパーツ/ABS樹脂(耐熱温度:80度)
キャツプ/ポリプロピレン(耐熱温度110度)
刃/ステンレス刃物鋼
本体サイズ/138×45×22mm
価格/¥1,300(税別)
MADE IN JAPAN




表面はこんな感じで、ていねいにキャップの取り扱いが書いてあるばい。

キャップに、ケガ防止のための
説明つき。


裏側ですが、グリップがカーブしています。

計算されたグリップなのかぁ~?

グリップ部が、
握りやすいようカーブを描いている。


そして、スライドパーツになっとるけん、目詰まりが解消できるみたい。

刃先の目詰まり防止のための、
スライドパーツ付き。



パッケージの裏面に取説が書いてあるけん、取説を見ながらやってみたばい。

これが、裏面の取説。


ステップ[1]刃先を刺し込む

グサッっと。
刃先をネギに刺し込む。


ここは、刃先を5mmぐらいネギの表面に刺し込むのがポイント。

少し力をいれて、グサッと。

そして、ゆっくり、す~っ。
す~っと引きながらカット!


切れ味抜群!!

引くときは力入れたり、早く切ったりすると途中で切れてしまう場合があるけん、ゆっくり、す~っと引きながらカットするとよかばい。

グリップはカーブしてあるけん、持ちやすかばい。

次に、ネギを回転させて4面カット。



ネギを回しながら切るけん、切れてない部分もわかってよかったばい。

1回スライスした面を重ねるようにスライスすると途中でネギがちぎれてしまうけん、重ね切りはしないほうがよかみたい……。

4面カットは、こんな感じ。


いい感じの細さにカットされてる。

しかも、早い!


そして、適当な長さにカット。


ここは、包丁を使うのね……。

白髪ねぎカッターでカットした
ネギの先端を包丁でカット。

ザック!
ザックザック!


白い部分だけがカットされてる。

おっ!!

白髪ねぎだ~!!

使用後は、刃先にあるスライドパーツを
シャキ〜ンとスライドさせれば……!


刃先のパーツをスライドさせれば、目詰まりしていたネギが……。

すっ~っと。とれたばい。

よく考えてあるばい!

これはよかばい。

よか便利グッズだわ~。


今度は、ダイソーの「ネギカッター」を使ってみるばい!

ダイソー「ネギカッター」
刃部/ステンレス鋼
本体・キャツプ/ポリプロピレン(耐熱温度:70度)
本体サイズ/160×28×14mm
価格/¥100(税抜別)
MADE IN CHINA



まず、外見をよく観察してみることに……。

表側は、こんな感じ。
もちろん、キャップも付いている。


そして、肝心の刃は……!

刃先がそろっていない……?


100均だから仕方ないのかなぁ~って思ったり、これが性能を意識した「狙い」なのか、と思ったり……。

ちょっとわからんけん、使い心地を試しま〜す(笑)!


ということで、白髪ねぎに挑戦!!

使用方法は……?

とくに、パッケージや裏面には詳しくカットの仕方が書いてなかったけん、下村工業の取説と同じようにカットしてみたばい。

ネギに、刃を“グサッ”っと。
5mmぐらい差し込みます。

そして、ネギにそって刃を引く。


す~っ~、す~っ~。

切れ味、イイです。

刃の幅が下村工業ものより広かけん、あっという間にす~っと切れたばい。

そして最後は、
包丁でグサッと!

カットのできあがりは、
こんな感じ。


ネギの白い部分だけではなく、芯の緑のところまで、全部カットされている。

これでもいいのかなぁ~?

「白髪」ネギっていうくらいだから、白くないと……?

左が下村工業、右がDAISO。
比べて置いてみたばい。


下村工業のほうは白い部分だけがカットされ、細さも細くて、包丁では、わたしの技術では、こんなに細くは、カットできないわ~(笑)。

そしてダイソーは、ネギが全部カットされ、少し太め……と、これでよければ100円のネギカッターでもいいのかぁ~。


そういえば、DAISOは白髪ねぎが簡単に作れると書いてあるけど、商品名は「ネギカッター」です(笑)。

だから、コレでいいのか。

なるほど……。


「豚の角煮 白髪ネギのせ」が完成!

白髪ネギがきれいにできたけん、豚の角煮にのせてみました。

やっぱり、白髪ねぎがあるだけでも、味はともかく、ひと手間かけた感じの豚の角煮になったばい。








田中moko mokoくま3
九州生まれ。特技はアクリルたわし作り。本業は雑誌やカタログなどで活躍するスタイリストだが、現在、絶賛婚活中のアラフォー女子。お裁縫はもちろん、料理も掃除もきっちりこなすのに、なぜか「◎婚」に縁がない……moko mokoくま3が、気になる調理具を、実際に使ってレポートしていきます。


このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
新型コロナウィルス蔓延防止の自粛中は、毎日掃除の日々(笑)。 そうしたら、BBQ以外では使ったことがないスキレットが出てきました! お店は閉まっているので、自宅でスキレット使ってためしてみま~す~。
生臭みをとり、旨みを濃縮してくれる脱水シートがあるんです。 「魚や肉の下処理に使うと、本当にちがいますよ〜。これ、使ってみてください~」っておススメしてくれる方がいたので、試してみることにしました。
この連載で、何を紹介しようかな〜とリサーチしていたところ、孫の手みたいなキッチンツールを発見! どうやって使うものなのか、お店の方に聞いたところ「レモンやゆずの皮などを削るものですよ〜」だって! さっそく購入して、試してみたばい。
調味料などのビンについている、樹脂キャップ。このキャップがなかなか外せないので、ゴミを捨てるときにいつも困っていたところで、ダイソーの『キャップはずし』を発見! 表示通り「スパッと外せる」なら便利やけん、さっそく使い心地を試してみたばい……。
今回は、東京ドームで開催されたテーブルウェアフェスティバルで見つけた、玉子1個分にちょうどうよい大きさの鍋「竹政製陶 萬古焼き 目玉焼き鍋」で、究極の目玉焼きにチャレンジ!
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
甘じょっぱいタレに浸かったエビの天ぷらは、ご飯と海苔との相性がバツグン。ご飯とおかずがひと口サイズで一度につまめるため、数あるお弁当の中でもとにかく食べやすい。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt