MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
吉祥寺グルメ情報_番外★編 三鷹は『M屋』フーズの街だよ、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(142)

吉祥寺グルメ情報_番外★編 三鷹は『M屋』フーズの街だよ、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(142)

番外★編 三鷹は『M屋』フーズの街だよ、の件


今回は吉祥寺のお隣、三鷹駅を食べ散らかして……ではなく、ご紹介しようと思っているおっさん女子である。

イモ洗い状態で、人混みカオスの吉祥寺から脱出する街として、三鷹を私は愛しているのであった。

実は三鷹駅は、南口は三鷹市なんだけど、北口は武蔵野市という、若干複雑な住所になっているんですよ。

まあ、恵比寿ガーデンプレイスは、実は品川区、みたいなそんな住所設定ですね(苦笑)。

ちなみに三鷹市は、天文の街でもあります。

国立天文台があるんですよ(三鷹市大沢)。

さらにジブリの街でもありますね(三鷹市下連雀)。

三鷹エリアも飲食店の生き残りをかけた戦いは熾烈!


飲食店でいえば、三鷹は、牛丼チェーン店の『M屋』フーズの街なんですよ。

なぜなら北口を出てすぐに立派な本社があります。

しかも、ただの本社ではありません。

1Fに牛丼『M屋』、とんかつ『M乃屋』、地下1Fに鮨・割烹『福M』、2Fカフェ『テラスV』と4店舗が併設。

さらにバスロータリーを挟んでトイメンにステーキ『ステーキM』、さらに『Mカリー食堂』。

もうM屋関連の飲食なんでもありますよ!という感じ。

ちなみに吉祥寺にあった系列の『トマトの花』(連載94回101回参照)は、閉店してしまいましたが、その後に『ステーキM』が開店し、大人気ですよ。

これは三鷹駅前での成功が伏線じゃないかと思います。

だって、昼時に三鷹で行列ができる店をはじめてみた気がします。

メインのセットは、1000円で200gのステーキにサラダバーとスープーバーが付いてくるんですよ。

ただ、ごはん別売が、ちょっと残念だけど……。


まあとんでもないコスパですよ。

ちなみに白飯は150円で大盛無料よ。

おっさん女子的「三鷹グルメ」潜入調査によれば……!


しかし、おっさん女子の大本命は、本社2Fにあるカフェ『カフェテラスV』である。

ここは勝手に三鷹の小腹神カフェに認定(68回141回参照)します。

なんと朝7時からやってます。

モーニングは、450~550円っていう感じで、すごいメニューが多い。

トースト、サンドイッチ、ホットドッグ、フレンチトースト、バタロールサンドなどなど、10種類弱あります。

ヤバいよ。

ランチの種類も多いし、なんとランチは16時30分まで! 

私はミニパンランチセットを推しますが、なんと600円で、パン+ポテト+サラダ+スープ+ドリンクがセットになっていて、もう小腹神セットですよ。

普通のパンのほかに、カレーパンやミートドッグもあるよ。

さらにケーキセットもあるし、もちろんディナー利用もOK。

あとねー、ワインとかアルコールもあるのよ。


そして、私のイチオシドリンクは、北欧紅茶です。

セーデルブレンドと、アールグレイスペシャルがあるんだけど、スウェーデン産で、スウェーデン王室御用達の高級紅茶よ。

フルーティな感じで美味しいよ。

北欧紅茶は、今は亡き『moi』(73回参照)で飲むことができたんだけど、もう今は、吉祥寺~三鷹界隈では、ここだけだよ(たぶん)。

でも、地元の皆さんはこのカフェの使い勝手の良さを知っているので、正直平日でも朝~午後早い時間は混んでいます。

夕方の時間が狙い目かも。

あと、テラス席はわんこOKよ。

席もゆったりだし、テーブル広いし、長居してもOKだし、

もう天国のようですよ。ちなみに店名は、フランス語で「緑」っていう意味ですよ。

まあ「松」は「緑」だからねぇ……。

というワケで、三鷹でごはんを食べるなら、断然M屋系をおすすめします。






天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。




小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
今回ご紹介するのは、2019年7月にオープンした『cafe&bar d●●●●●』だよ。 入れ替わりの激しい吉祥寺で1周年を迎えた&世界中を巻き込んだ“もーやってらんない”現象にも耐えていた(涙)。ということで、個人的に「おめでとう」の気持ちをこめてのご紹介です。店名はイニシャルだけどな……。
梅雨時のスッキリしない天気&気分を盛り上げるには、やっぱり肉だろ!と思うワケです。 そこで今回は、カツだよ! 揚げ物だよ! テンション上がるよね。もちろんカロリーも……。 吉祥寺の、カツ事情について考えてみたぞ〜!
ある日、都会のカフェで“フラットホワイト”という珍しいコーヒーを飲みました。フラットホワイトとは、エスプレッソにスチームミルクを入れたもの。フラットホワイトは都会にしかないのか? グーグル先生に聞いたところ、吉祥寺もあることを発見……! さっそくチェキってみました〜。 
梅雨時の高温多湿の日本で今食べるなら、ベトナム料理だろ! というワケで、今回は、私が勝手に吉祥寺“新興ベトナム三角地帯”と呼んでいる、吉祥寺の丸井周辺地域のベトナム料理屋を紹介したいと思います……。
夏到来! 今年はマスク必須でこれまで以上に厳しい暑さとの戦いになること必至です。そんなときはつるつるっといただける爽快感抜群の冷やし麺が一番!! 冷やし中華や冷麺、ラーメンに、蕎麦、うどん。すすりにすすって見つけた三ツ星麺をご覧あれ。ほか、夏に効く「辛くて旨いもの」、この夏食べたい「アイス&ソフトクリーム」特集もあります。
185views 本誌紹介
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt