MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
コラム
まとめ記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ワインバー ワインの森(バー/大塚)|高品質ワインを取り扱うダイニングバー!お料理はほぼ店内仕込みの自家製!

ワインバー ワインの森(バー/大塚)|高品質ワインを取り扱うダイニングバー!お料理はほぼ店内仕込みの自家製!

日本酒の聖地と称される大塚。でもワインの店だって、続々と誕生しているのだ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

ワインバー ワインの森(最寄駅:大塚駅)

グラス、ボトル、飲み放題 ワクワクする仕掛け満載の気軽で楽しいワインバー

昨年の12月にオープンした同店の店主・玉山さんが提案するのがワインの楽しさ。サクッと飲みたければ、バイ・ザ・グラスで。ガッツリいきたい時には、11個も並んだ樽からセルフで注ぐ30分680円(以降1分20円)のフリーフローを。そして好みのボトルを見つけるならば、ウォークインセラー、その名も“ワインの森”に足を踏み入れ、エチケットを眺めながら吟味するもよし。ビギナーからツウまで等しくご機嫌にグラスを傾けている。つまみで注文必須が自家製バター。軽い口どけの後からやってくるフレッシュなコクに、パン&ワインのループが止まらない。

たっぷり国産牛の牛すじ煮込み
848円

じっくり煮込まれた牛すじはとろとろの口当たり。赤ワインと香味野菜のコク深いソースも抜群だ

濃厚卵と自家製マヨネーズソース アンチョビ&ペッパー添え
1個298円

果実酢で作る自家製マヨネーズの甘酸っぱさやアンチョビの塩気が半熟玉子のコクを引き立てる

ミルクを食べるような自家製バター
398円

ミルキー&クリーミーでパンが止まらなくなる旨さ!

セルフで注ぐ飲み放題のワイン樽。それぞれに品種の異なるブドウのワインが入っており、飲み比べも楽しみたい

お店からの一言

店主 アツさん

「飲み放題はひとりでもOK ゆっくり飲むならボトルでどうぞ」

ワインバー ワインの森の店舗情報

[住所]東京都豊島区北大塚2-6-13 チコービル5階 [TEL]03-5980-8849 [営業時間]17時~24時(23時LO)、日16時~22時(21時LO) [休日]月(祝の場合は営業、翌日休)、祝 [席]カウンターあり、全19席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、パン代300円別 [交通アクセス]JR山手線大塚駅北口から徒歩1分 ※「ワインの森」のメニュー価格は税抜です


電話番号 03-5980-8849

撮影/大西尚明 取材/菜々山いく子

2019年7月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
扉を開けて店に入ると、圧巻の光景が広がる。壁一面に設置された天井まで届く書架には、古今東西の稀少本……ではなく、世界中のウイスキーがびっしり。
こじんまりしたバーはオーセンティックなムードで、くつろぎに満ちた隠れ家のような空間だ。カクテルとウイスキーのダブルヘッダーだが、権威あるカクテルコンペティションで全国3位となった小原さんが作るカクテルは秀逸。
日本各地の7つの蔵元とコラボし、日比谷バーがプロデュース。世界初の“日本酒カクテル”専門バーだ。
旬の食材を生かした活気溢れる熊谷シェフの一皿ひと皿に、店主の赤星氏がピンポイントで合わせる日本酒のペアリングがキレキレだ。食材の食感や香り、旨みや酸味等々と日本酒がピタッと調和して響き合う。
カウンター7席のナチュラルワインバー。店をひとりで切り盛りする女性店主は元パティシエール。
最新記事
その名も「貴族」「平民」と名付けられたカツレツ。前者は香味ある高級イベリコ豚、後者はあっさりしたドイツ産白豚。
今、サバ界隈ではカツがアツい。一部ではとんかつを超えたとも。そのさばカツが、海苔弁当と最強タッグを結成したということでサバジェンヌが実食。その実力をガチンコ裁定します。記事の終盤には、プロレスファンには見逃せない情報も掲載。読んでみろ、とぶぞ!!
美しい色合いが目を引くボンボンショコラの「柚子」を食べると、口の中でパーンと弾けるユズの香りと果汁。そのすぐあとに感じるチョコレートはキレがよく軽やか。
長野県上田市にある『拉麺酒房 熊人』に、希少な味噌で作った“大人の味噌ラーメン”があると聞き、訪ねることにした。ここは、全国からラーメンファンが集う、知る人ぞ知る名店。
ラーメンは日々進化し続けています。その中でも、2020年にお目見えした醤油ラーメンはインパクト抜群。もちろん、味も絶品です。そんな、ココでしか食べられない一杯をご紹介します。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル