MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
緊急連載! テイクアウト&お取り寄せ_自宅でカフェ気分!『カフェ メールネージュ』のテイクアウトモーニング&テイクアウト弁当/名古屋エリア限定情報(101)

緊急連載! テイクアウト&お取り寄せ_自宅でカフェ気分!『カフェ メールネージュ』のテイクアウトモーニング&テイクアウト弁当/名古屋エリア限定情報(101)

安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。

perm_media 《画像ギャラリー》緊急連載! テイクアウト&お取り寄せ_自宅でカフェ気分!『カフェ メールネージュ』のテイクアウトモーニング&テイクアウト弁当/名古屋エリア限定情報(101)の画像をチェック! navigate_next

自宅でカフェ気分が味わえる! 愛知県一宮市『カフェ メールネージュ』のテイクアウトモーニング&テイクアウト弁当


安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の喫茶店のモーニング。

その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市は県内でもモーニングの激戦区として知られる。

木曽川町にある『カフェ メールネージュ』は、市内でも屈指の人気店だ。


昨年10月、軽減税率の導入で店内での飲食よりも、テイクアウトの方がお値打ちに食べられることに着目し、テイクアウトモーニングに力を入れている。

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言で、その需要はより高くなった。


テイクアウトモーニングで人気なのは、手作りのワッフルに野菜や玉子などをサンドした「ワッフルバーガー」。

写真右はポテトサラダ、左はきんぴら。

いずれもほんのりと甘いワッフルが、具材の旨みを引き立てている。

各500円で、コーヒーや紅茶、ミルク、カルピスなど7種類からドリンクが選べる。


こちらは、たっぷりの玉子とミルクに浸して焼き上げた「フレンチトーストサンド」。

写真右はベーコンエッグ、左はモッツァレラチーズ。

フレンチトーストのフワフワ食感がたまらない。

こちらもドリンク付きで各500円。

テイクアウトモーニングの提供時間は、9時~11時(10時45分L.O.)。


ランチタイム(11時~15時※14時45分L.O.)にはテイクアウト弁当も数量限定で用意している。

前日までの予約が優先となるが、当日予約は10~15分ほど待つ場合もある。

店の外にテイクアウト専用のコーナーがあり、そこで商品を受け取ることができる。


テイクアウト弁当でおすすめなのは、「オムライス弁当」(500円)。

一宮市は養鶏が盛んで、使用する玉子は地元産。

濃厚な味わいと、ケチャップライスとの相性は抜群。

売り切れ必至とのことなので、予約するのがベターだ。


唐揚げとポテトコロッケ、オムレツ、雑穀米を詰めた「彩イロ弁当」も500円。

野菜もたっぷりと入っていて、栄養バランスも◎。


日替わりのお弁当は、ほかにも焼きたてのキッシュをメインとした「本日の弁当」がある。

こちらは500円~。
※写真の「キッシュとフレッシュ野菜サラダ」は600円。


これは、唐揚げ丼をベースにアボカドやパブリカなど新鮮な野菜を盛り付けた「チリマヨアボ唐のっけ丼」(600円)。


このように、テイクアウト弁当は500円か600円と、かなり安い。

これには、オーナーである遠藤由香里さんの思いが込められている。



「お店に来てくださるのは、30代の子育て中のママさんが中心なんです。
お弁当の値段が高すぎると、どうしてもお子さんの分だけになってしまいます。
500円、600円であれば、自分の分も一緒に買って親子で楽しめると思うんです」と、遠藤さん。


テイクアウトモーニングも、テイクアウト弁当もインスタ映えするものばかり。

自宅でもカフェ気分が味わえること間違いなしだ。

カフェ メールネージュ
[住所]愛知県一宮市木曽川町外割田4の通り106-1
[TEL]0586-87-2456
[営業時間]8時~17時
[定休日]木曜








永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。


※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
永谷正樹

1969年愛知県生まれ。名古屋を拠点に活動するカメラマン兼ライター。地元目線による名古屋の食文化を全国発信することをライフワークとして、グルメ情報誌や月刊誌、週刊誌、グルメ情報サイトなどに写真と記事を提供。https://twitter.com/shuzaiya

関連記事
50歳を過ぎると、コッテリ系のラーメンを受け付けなくなる。町中華で食べるような、アッサリ系のラーメンを探すも、なかなか美味しい店に巡り合うことがない。 そんななか、愛知県三河地方に出張へ行ったある日、見つけてしまったのである。50歳過ぎのおっさんが心の底から求めていた、究極のアッサリ系ラーメンを……!
新型コロナウィルスの影響で、コロナ禍でオープンした店は、コンセプトにまずテイクアウトありきでメニューの構成を考えている。2020年11月、名鉄瀬戸線清水駅前にオープンしたばかりの『すし 葵』もその一つ。 イートインでも、テイクアウトでも、日常使いにぴったりのリーズナブルな寿司店として、この店を紹介しよう。
友達や仲間、恋人とお酒を楽しむのもイイが、がんばって仕事をした後や、なにか考え事をしたいときに、フラッと1人でバーへ立ち寄りたい。 バー応援企画、最終回となる今回は1人飲みにぴったりのバーを紹介しよう。
お酒を飲んでいると、口休めに甘いものを食べて口の中をリセットしたくなることはないだろうか?パフェやアイスクリームのような重たいものではなく、フルーツなどあっさりしたものを欲してしまう。バー応援企画の第2回目は、そんなときにオススメの店を紹介しよう。
新型コロナの新規感染者が減少し、ひと頃と比べると、名古屋の街にも活気が戻ってきたように見える。しかし、まだまだ客足が遠のいたままの業種がある。それがバーだ。そこで今回は、名古屋市内のバーの応援企画として、私、永谷正樹がオススメするバーを全3回にわたって紹介しよう。
最新記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
小説『バスを待つ男』や、講談社の「好きな物語と出会えるサイト『tree』」で連載中のエッセイ『日和バス 徘徊作家のぶらぶらバス旅』など、作家生活25周年を迎えた西村健さんは、路線バスをテーマにした作品の書き手としても知られています。「おとなの週末Web」では、東京都内の路線バスを途中下車してふらり歩いた街の様子と、そこで出会った名店のグルメを紹介します。
「江戸っ子は屋台で寿司をつまんだ後、帰り際に暖簾で手を拭いて店を後にしたそうです。なので暖簾の汚れっぷりが、旨い店の判断基準だったとか」。と、話してくれたのは『挙母鮨』の星野店長。
get_app
ダウンロードする
キャンセル