MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
【閉店】秋葉原駅でいま食べておきたい!唸るラーメン「志奈そば 田なか second」の「至高の塩かけそば」

【閉店】秋葉原駅でいま食べておきたい!唸るラーメン「志奈そば 田なか second」の「至高の塩かけそば」

池袋の人気店「志奈そば 田なか」の新ブランド。いま食べておきたい!唸るラーメン!伊勢エビ、アワビ、サザエでスープをとった贅を極めた一杯。夜のみ30食限定のため、毎日20時頃には売り切れてしまう。JRほか秋葉原駅電気街口より徒歩8分 ※ランチタイム有

【閉店】志奈そば 田なか second(最寄駅:秋葉原駅)

ネギものせない潔さ! かけそばで楽しむ房総の海の恵み

「志奈そば 田なか」が掲げる新店舗のコンセプトは“千葉の海への恩返し”。店主が愛する房総の海の幸をふんだんに使ったラーメンを各種展開する。

名物は、房総産の伊勢エビをメインに、アワビとサザエでスープをとったプレミアム感満載の「至高の塩かけそば」。フランベした伊勢エビが放つ華やかな香りを、酒蒸しにした貝の旨みがじわりと追いかける。繊細な味を壊さないよう、ラーメンはかけそばの仕様で提供。国産小麦に米粉をブレンドした平打ち多加水麺は、つるつるふわふわの新食感で、コクのあるスープをほどよくまとう。

至高の塩かけそば ~房総の恵み~※夜限定
1000円

伊勢エビ、アワビ、サザエでスープをとった贅を極めた一杯。夜のみ30食限定のため、毎日20時頃には売り切れてしまう

アジ煮干し塩中華そば
780円

天日干しにした内房産の黄金アジや鴨川産のムロアジの干物などをだしに使った「アジ煮干し中華そば」は、定番人気の一杯。塩味のほか、新たに醤油味が加わった。

立ち上る湯気から魚ダシがふわりと香る。

【閉店】志奈そば 田なか second

東京都千代田区外神田3-4-1 ☎03-3258-5282 [営]11時〜15時LO、17時〜20時45分LO、日11時〜18時LO [休]月 [交]JRほか秋葉原駅電気街口より徒歩8分

電話番号 03-3258-5282
2016年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
三軒茶屋で週に一度だけ営業していた幻の人気店『月曜の担々麺』が、路面店になって復活。自慢の汁なし担々麺は、以前と同様“胡麻” と“醤油”の2種類を展開していて、早速、新旧のファンを喜ばせている。
ひと口すすれば焦がしネギの芳しさがたまらなく食欲を刺激する。鶏ガラをメインに豚も加えたスープは店主の宮川さんが目指す「あっさりしつつコクのある味」。
アッサリしていながらもクッキリとした味わいが味蕾を、鶏の香りが鼻腔を刺激する醤油味スープ。もっちりしつつツルツル感半端ない中太の麺。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。
パステルグリーンの外壁が目を引くメロン専門店。手がけているのは、青森県つがる市。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt