MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
茶割 目黒(居酒屋/目黒)|100種類のお茶割りと100種の唐揚げが楽しめる居酒屋☆

茶割 目黒(居酒屋/目黒)|100種類のお茶割りと100種の唐揚げが楽しめる居酒屋☆

お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。

茶割 目黒(最寄駅:目黒駅)

100種のお茶割りと100種の唐揚げを目黒でも満喫せよ

基本システムはこちらも同じ。横軸に10種類のお茶、縦軸にそれを割る10種類のお酒が並ぶマトリックスを見れば「なるほど!」だが、10×10=100種類のお茶割りが楽しめるわけだ。お茶はほうじ茶や玄米茶があるかと思えばトルコ紅茶や緑のアールグレイなども。お酒は焼酎のみならず、スピリッツやリキュールも。お茶は茶葉や淹れ方にもこだわっていて、その多彩な香りと味わいのコラボを探求できる。そしてつまみの名物が100種の唐揚げだ。こちらは部位が横軸、スパイスなど味付けが縦軸。スタイリッシュな空間の目黒店でぜひお気に入りの組み合わせを探していただきたい。

緑のアールグレイ割り(×ブランデー+クリームチーズ)、玄米茶割り(×宝焼酎)、さんぴん茶割り(×ラム)、唐揚げ(せせり・土佐酢)、唐揚げ(鴨むね・わさび)
650円、450円、500円、500円、550円

ジャスミンの爽やかさや玄米茶の香ばしさ、アールグレイの華やかな香りと、それぞれのお酒の相性が楽しい。クリームチーズを加えて台湾で流行っているチーズティにアレンジもできる

抹茶割り(×宝焼酎)、自家製そら豆とうふ、トマトの冷たいおでん
600円、500円、600円

抹茶は茶筅で立てる。甘く爽やかな味わいで人気だ

お店からの一言

店長 堀 彰太郎さん

「目黒店ではお茶割りにクリームチーズのトッピングもできます」

茶割 目黒の店舗情報

[住所]東京都目黒区下目黒1-3-28 サンウッド目黒地下 [TEL]03-6417-9811 [営業時間]月~金11時半~15時(14時半LO)、18時~23時半(22時半フードLO)、土15時~22時半(21時半フードLO)※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンターあり、全25席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代400円別 [交通アクセス]JR山手線ほか目黒駅西口から徒歩3分


電話番号 03-6417-9811

撮影/小澤晶子 取材/池田一郎

2019年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
次から次へと運ばれる小さなつまみに、酒飲みならば誰しもぐっとくるはず。気取りのない下町の居酒屋だけれど、洗練された料理の味わいと盛り付けの美しさは割烹かそれ以上。
カウンターに集う皆の目当てはレモンサワーをはじめとした焼酎割り。中でもウーロンハイをはじめとしたお茶割りが人気だ。
木々に覆われた外観に、一見入りづらく思うかもしれない。しかし中へ入ると、スタッフの対応や明るい雰囲気に、ガラリと印象が変わるはず。
それが運ばれてきた瞬間、ピンク色に輝く美しいサシに心がときめいた。刺身? いいえ、「トロ焼きしゃぶ」。
なんと、ここは向かいにある酵素浴サロンがやっている立ち飲み店。酵素浴と酒場という組み合わせは意表を突くが、そもそもは酵素浴帰りに「体にいいものを食べられたらいいね」から始まったとか。
正直に白状すると、生卵の白身のどろり感がちょっと苦手な私。 生卵をなめらかに混ぜられてカラザもするりと取れる、卵を混ぜるために作られた『まぜ卵』なるものを発見! 「いや~な白身のどろり感がなくなるよ!」と、パッケージに書いてあったので、さっそく購入して、試してみました。
無類の海老好きにはタマらないお店がある。海老バル「orb福島(オーブ福島)」だ。このお店、難波などで何度か利用した経験があるのだが、まずは入り口に正面にあるこの水槽に誰もが目を奪われるはず。 実はここ、オマール海老のつかみ取りができるお店で有名なのだ。
天保元年創業。日本料理の老舗『なだ万』ときけば身構えてしまうが、こちらは気軽なランチ会もおひとり様も歓迎。
さっぱり風味のあんとコクのあるバター、その相性の良さは言うまでもないが、これにくるみパンをプラス。低温長時間発酵させた味わい深い生地に、食感も心地よいくるみの香ばしさ、あんバターの甘じょっぱさがあいまって、後を引く味に。
ランチや定食をやっている店に入ると、唐揚げ定食をデフォルトで頼んでしまう脂っぽいおっさん女子です。だが、もし店のメニューにあったら唐揚げにも目もくれず頼んでしまうのが、実はハムエッグ定食。 なぜか定食屋さんで食べるハムエッグにはテンションが爆上りなのである(苦笑)。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt