MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
話題の調理グッズCHECK[52]1台3役、水切り、混ぜる、刻むことができる調理器具「Toffy 3WAY サラダスピナー」

話題の調理グッズCHECK[52]1台3役、水切り、混ぜる、刻むことができる調理器具「Toffy 3WAY サラダスピナー」

水切り、混ぜる、刻む。 1台3役の調理器具、「Toffy 3WAY サラダスピナー」が便利でいいというハナシを聞いて……。 自粛中ということもあり、ネットでポチっと購入。 さっそくいろいろな料理に使ってみました。

1台3役、水切り、混ぜる、刻むことができる調理器具「Toffy 3WAY サラダスピナー」


水切り、混ぜる、刻む。

1台3役の調理器具、「Toffy 3WAY サラダスピナー」が便利でいいというハナシを聞いて……。

自粛中ということもあり、ネットでポチっと購入です。

Toffy 3WAYサラダスピナー(LADONNA)
本体:約W235×H280×D165mm
重量:約650g
価格:2500円(税別)



箱から空けたら、まさかの組み立て式!


まず、容器に持ち手をつける。

カチっと。


次に、フタにハンドルをつける。

カチっと。


組み立て終えたところで、さっそく、野菜の水切りにチャレンジ!

水切りは、連結軸をサラダスピナー用のバスケットにセットするらしい。

これが連結軸。

バスケットに取り付け……。


セットしたので、洗った野菜を入れま~す。

食べる量にもよりますが、
大人3人分は作れると思いま~す。


フタをして、あとはハンドルをクルクルクル~とまわすだけ……。

くるくる〜っと!

こんなに、水切りができました~。

「刻む」みじん切りで、オリジナルのオニオンドレッシング作り!


これ、みじん切りも、混ぜることもできるけん、サラダドレッシングもこの流れで作ってみました。

3枚カッターを取り付ければ、みじん切りができるとよ。



カッターは、ケース付きに
なっています。


これを、連結軸と組み合わせて、容器に取り付ける。

玉ねぎと調味料を入れて、
フタをしめて……。


ハンドルをくるくる回す。

回すと、こんな感じに。

回し方がもう少しだったのか、
みじん切りになっていないところも……。

オニオンドレッシング サラダが完成!!


一つの容器で、簡単にドレッシングが出来ました。

たしかに、サラダ作りが、時短でできますね~。

水切り・みじん切り・混ぜるを使って、コールスロー作りに挑戦!


まずは、みじん切りから。

さきほどの3枚カッターをセットし、キャベツ・人参を2mmぐらいの半切りにして、容器に入れます。

野菜を入れて……。


クルクルクルとスムーズに回せるかと思っていたのが……。

あれ?

固いっ!!

フタになぞの穴があるから、
そこに指を入れてしまい……。


ぐるぐるハンドルを回すとき、「本体をきっちり保持しなくては……」と、無意識のうちに、フタの穴に指を入れたまま回していたようです。

これに気づいてからは、クルクルクル~ってまわせたばい。

仕上がりは、少し荒いかもしれませんけど、みじん切りができました。



まぁ~、歯ごたえも味合えるし(笑)、
いいかなぁ~。


刻んだ野菜の水分を取るのに、サラダスピナー用にバスケットとバスケット軸にセットして、みじん切りの野菜を入れ、塩を入れ、しばらく塩づけします。



フタをしてクルクル~と回し、
水切り。


今度は、軸に「ブレンダー」をセット。

これが、ブレンダー。


セットしたら、水切りした野菜・調味料、それにコールスローに欠かせない、コーンを入れて……。


フタをして、クルクルクル~っと
回すだけ。

『コールスロー』が完成!!


手動ですけど、あっという間に完成しました。

たしかに、1つで3役してくれる。

今度は「混ぜる」の応用で、パウンドケーキ作り!


これ、卵を卵黄・卵白に分けることもできるんですね〜。

コールスローを刻むときに指を入れてしまった、フタのなぞの穴に、エッグセパレーター(卵黄のお皿をセットするんです(笑)。


まさかの、セパレーターを
ここに置く仕組み!


容器にブレンダーをセットして、フタをする。

そして、フタ(というか、投入口)にエッグセパレーターをのせて、卵を割り入れる。

コンコン。パカッ!


卵白は容器に入り、卵黄はお皿の上。


卵黄は、粉や砂糖と
混ぜ合わせボウルに入れます。


今までは、手を使って卵白・卵黄を分けてました。

これは、便利です。

卵白は、メレンゲを作るんですよ。

容器に入っている卵白を、クルクル回して、あっという間にこんなにメレンゲができました。

これで、卵2個の卵白。


楽しくなって、クルクル~回してしまいました~。

手動なので電気代かかりませんよ~。

卵白と卵黄を分けるのも簡単で、メレンゲもあっという間できますよ~。

パウンドケーキが完成!

最後は、ふわふわたまごのトースト作り!


メレンゲが作れるということで、ネットで見つけた「ふわふわたまごのトースト」に挑戦!!

ブレンダーにセットし、フタを閉め、エッグセパレーターを乗せ……。

コンコン。

パカッ。

卵を割り入れ、卵黄とエッグセパレーターは、別のお皿に置いておき……。

卵白だけをクルクル回す。

回す。

回す。

まわす!

なかなかメレンゲができない。

今回は、卵1個を使用。

前回のパウンドケーキ作りでは卵を2個使ったから、ある程度卵白の量が多くてすぐメレンゲができたけん、1個だとなかなかできないんですね〜。





回すこと5分!


やっとメレンゲができました!!

この、ふわふわの卵白を食パンにのせて、焼くんです!

トースターに入れて……。

『ふわふわたまごのトースト』完成。


卵白の焼き目があるところは、カリッと食感も感じられるのですが、中の白部分は、口の中でとけてしまい、食べている感覚がないくらいふわふわです。

これ、ぜひ試して、食べてもらいたい食感です♡


サラダスピナーは1台で3役。

しかも手動で電気代はかかりませんが、閉めたフタがなかなか開かないときがあったり、持ち手が緩むときもあるんですよ~。

全部分解できるから、収納にはイイのかなぁ~。











田中moko mokoくま3
九州生まれ。特技はアクリルたわし作り。本業は雑誌やカタログなどで活躍するスタイリストだが、現在、絶賛婚活中のアラフォー女子。お裁縫はもちろん、料理も掃除もきっちりこなすのに、なぜか「◎婚」に縁がない……moko mokoくま3が、気になる調理具を、実際に使ってレポートしていきます。


このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
正直に白状すると、生卵の白身のどろり感がちょっと苦手な私。 生卵をなめらかに混ぜられてカラザもするりと取れる、卵を混ぜるために作られた『まぜ卵』なるものを発見! 「いや~な白身のどろり感がなくなるよ!」と、パッケージに書いてあったので、さっそく購入して、試してみました。
自粛生活のなか、キッチングッズで面白そうなものを探していたところ、キッチントイ「究極のMYO」なるものを発見!  キッチントイって、おもちゃなの? おもちゃでマヨネーズ?  さっそく購入して、その『究極っぷり(?)』を試してみました〜!
たこ焼き器は、「いろいろ焼けてたのしいよ〜!」と聞いていたこともあり、以前から気になっていた調理器具のひとつ。 欲しいな〜と考えていて、電気調理具にするか鉄板タイプにするか悩んでいたところ、友達から「使っていないたこ焼き器があるんだけど〜」だって。 大喜びでいただいて、さっそく試してみました。
新型コロナウィルス蔓延防止の自粛中は、毎日掃除の日々(笑)。 そうしたら、BBQ以外では使ったことがないスキレットが出てきました! お店は閉まっているので、自宅でスキレット使ってためしてみま~す~。
生臭みをとり、旨みを濃縮してくれる脱水シートがあるんです。 「魚や肉の下処理に使うと、本当にちがいますよ〜。これ、使ってみてください~」っておススメしてくれる方がいたので、試してみることにしました。
正直に白状すると、生卵の白身のどろり感がちょっと苦手な私。 生卵をなめらかに混ぜられてカラザもするりと取れる、卵を混ぜるために作られた『まぜ卵』なるものを発見! 「いや~な白身のどろり感がなくなるよ!」と、パッケージに書いてあったので、さっそく購入して、試してみました。
無類の海老好きにはタマらないお店がある。海老バル「orb福島(オーブ福島)」だ。このお店、難波などで何度か利用した経験があるのだが、まずは入り口に正面にあるこの水槽に誰もが目を奪われるはず。 実はここ、オマール海老のつかみ取りができるお店で有名なのだ。
天保元年創業。日本料理の老舗『なだ万』ときけば身構えてしまうが、こちらは気軽なランチ会もおひとり様も歓迎。
さっぱり風味のあんとコクのあるバター、その相性の良さは言うまでもないが、これにくるみパンをプラス。低温長時間発酵させた味わい深い生地に、食感も心地よいくるみの香ばしさ、あんバターの甘じょっぱさがあいまって、後を引く味に。
ランチや定食をやっている店に入ると、唐揚げ定食をデフォルトで頼んでしまう脂っぽいおっさん女子です。だが、もし店のメニューにあったら唐揚げにも目もくれず頼んでしまうのが、実はハムエッグ定食。 なぜか定食屋さんで食べるハムエッグにはテンションが爆上りなのである(苦笑)。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt