MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
赤星とくまがい(バー/麻布十番)|日本酒専門店!N.Yから帰国した酒ソムリエが料理と日本酒をペアリング♪

赤星とくまがい(バー/麻布十番)|日本酒専門店!N.Yから帰国した酒ソムリエが料理と日本酒をペアリング♪

旬の食材を生かした活気溢れる熊谷シェフの一皿ひと皿に、店主の赤星氏がピンポイントで合わせる日本酒のペアリングがキレキレだ。食材の食感や香り、旨みや酸味等々と日本酒がピタッと調和して響き合う。

赤星とくまがい(最寄駅:麻布十番駅)

NYの食通も唸ったペアリングの醍醐味を味わう!

それを通して、日本酒をよく知らない人にこそ「その魅力を知るキッカケになってほしい」という。赤星さんは元々ニューヨークで20年、日本酒のプロモーションに従事。そこで魅力を伝えるために磨かれたのがこの究極のペアリング。ぜひ1度お試しあれ。

秋鮭のポワレ~サツマイモとキノコのソースでトリュフ掛け~、江戸開城 純米にごり
2980円(おまかせ料理8品9000円の中の一品)、1300円

8品のおまかせ料理にそれぞれ日本酒をペアリングするコース(計13000円)が1番人気。キノコのソースをまとった旨みのある秋鮭とどぶろくのテクスチャーがぴったり

秋刀魚とマコモタケのフリット 肝のソースで、あわ蔵純米にごりスパークリング
1680円、1000円

バルサミコやサンマの肝、パセリのオイルと、「あわ蔵」が持つグレープフルーツのような酸味と苦みが心地よく合う

本日のみぞれ酒
950円

過冷却された日本酒を冷えたグラスに注ぐと目の前でみるみるシャーベット状に。キリッとして味わい深し

お店からの一言

右/店主 赤星慶太さん、左/シェフ 熊谷道弘さん

「和食だけじゃない料理と日本酒の響き合う楽しさを」

赤星とくまがいの店舗情報

[住所]東京都港区麻布十番3-3-9 VORT麻布十番ビルⅡ7階 [TEL]03-6459-4589 [営業時間]18時~24時(23時LO)、金・土~翌2時(翌1時LO) [休日]月・祝 [席]カウンターあり、全20席/全席禁煙/カード可/予約可/サなし、お通し代700円別 [交通アクセス]地下鉄南北線ほか麻布十番駅1番出口から徒歩4分


電話番号 03-6459-4589

撮影/貝塚 隆 取材/池田一郎

2019年11月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
日本各地の7つの蔵元とコラボし、日比谷バーがプロデュース。世界初の“日本酒カクテル”専門バーだ。
日本酒の聖地と称される大塚。でもワインの店だって、続々と誕生しているのだ。
カウンター7席のナチュラルワインバー。店をひとりで切り盛りする女性店主は元パティシエール。
天然水の強炭酸ソーダと溶けにくい特製氷で作った、冴えた飲み口のハイボールがなんと30種類以上! 
シードルとウイスキーを愛する店主・藤井さんが2015年に開いたバー。午後3時から営業しているのも魅力で、シードルはグラスでも楽しめるほか、料理も充実。
スパイシーなんだけどそれだけじゃない。エビならエビ、マトンキーマならマトンの風味がしっかり広がり、サクサクとスプーンが進む。
極太で真っ黒な見た目がインパクト大! 北海道で最も人口が少ない街、音威子府村で今からおよそ90年も前から親しまれてきた、なんとも荒々しい風情の蕎麦だ。
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
江戸時代から同じ場所で五代続く店のばらちらし。醤油をささずにすみ、時間が経ってもしっとり酢の頃合いがよいままなので、かつて料亭や置屋があった頃から芸者や商いのお客に好まれたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル