MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
なか指(赤坂見附)のホルモン丼のグルメ記事

なか指(赤坂見附)のホルモン丼のグルメ記事

産直の「有田牛」(宮崎牛)を使った牛肉料理の店「なか指」の「牛の傑作丼」。なか指のアクセス 地下鉄丸ノ内線赤坂見附駅10番出口から徒歩1分

なか指(最寄駅:赤坂見附駅)

エサや水に薬品を一切使わない「有田牛」のホルモンを使用

産直の「有田牛」(宮崎牛)を使った牛肉料理の店。味噌ダレで柔らかく煮込まれた有田牛のホルモンの甘みと、ショウガ・長ネギの香りが噛むほどに広がる奥深い味わい。ゴボウ、コンニャクの食感も楽しい。夜は単品972円でも提供される。

ホルモン丼(サラダ、牛すじスープ付き)
850円

生卵
60円

なか指

東京都港区赤坂3-10-3 黛ビルB1階 ☎03-5562-2929 [営]11時半〜16時(15時半LO)、18時〜23時(22時半LO)、土・日18時〜23時(22時半LO)[休]不定休 [席]カウンター9席のみ/全席喫煙可/カード可/予約可/チャージ料500円 [交]地下鉄丸ノ内線赤坂見附駅10番出口から徒歩1分 ※ランチタイム有

電話番号 03-5562-2929
2016年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
50gずつ注文できる焼き物に、直径10㎝の小型スキレットを駆使したアヒージョやチーズフォンデュなどのつまみ類。スペインバルのタパスがごとく、少量ずつ色々試せる、まさにひとり焼肉&飲みにぴったりの1軒なのだ。
希少部位の握りに、目の前で炙った赤身の七輪焼き。とび切りの黒毛和牛をハイコスパで味わうならば、ここを訪れるべし!
神田駅西口にある予約のとれない人気焼肉店が3月にオープンさせた、個室主体の2号店。芝浦市場の問屋から仕入れる上質な黒毛和牛を手頃な価格で味わえる。
そのビジュアルは、ローストビーフ丼というよりユッケ丼!? 実力店が軒を連ねる神楽坂で、予約困難な人気焼肉店が打ち出すランチの名物メニューだ。
極上の赤身肉とワインが豊富な『焼肉キンタン』。その麻布十番店だけにしかないのが「シャトーブリアンサンド」。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。
店頭の焙煎機で自家焙煎された、オススメのコーヒー豆が壁際に10種類ほど。極力環境にやさしい栽培で、丁寧に収穫された豆を、肩肘張らずに扱っている。
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
7937views ラーメン特集

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt