MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
紋寿司(寿司/祐天寺)|駅近☆地元の人から愛される老舗の寿司屋!お寿司、お造り、焼き物全て旨い!

紋寿司(寿司/祐天寺)|駅近☆地元の人から愛される老舗の寿司屋!お寿司、お造り、焼き物全て旨い!

創業90年近い老舗の看板におごることなし。それは地道な仕込みのネタを見ればわかるはず。

perm_media 《画像ギャラリー》紋寿司(寿司/祐天寺)|駅近☆地元の人から愛される老舗の寿司屋!お寿司、お造り、焼き物全て旨い!の画像をチェック! navigate_next

紋寿司(最寄駅:祐天寺駅)

伝統を守りながら新しい味も挑戦する老舗の柔軟さ

毎日市場に出向くのも、目利きはもちろん仲卸とのつながりを大事にするからだ。「仕入れは顔を突き合わせたやり取りが基本中の基本。いい品がない時も上物を取って置いてくれる」とは2代目。銀座の高級店と同等レベルが町場価格で出せるのも信頼関係がなせる業。志は若き3代目に受け継がれている。楽しいのは和牛すき煮の巻物など創作系もあること。「旨いと思えば取り入れますよ」。さすが老舗の貫禄。愛される店とはこういう懐の深さがあるものだ。

絶品ネタ10貫
4180円

豊洲で名高いマグロ仲卸「石司」から仕入れる本マグロや、スッと切り目を入れた美しい小肌など高級ネタが満載。合わせるシャリは風味豊かな赤酢と白酢をブレンドしている

熱々玉子巻、和牛すき煮巻
440円、770円

焼きたての玉子巻やすき焼き味の霜降り肉を使う創作巻物

さんま肝ソース刺、焼穴子塩と黒胡椒
1320円、1760円

サンマの肝に赤味噌などを加えたソースで味わう刺身やふっくら焼いた穴子も絶品

関サバ
550円

薄く2枚に切りつけた大分産の関サバは身質の良さが最高。脂が強いので〆過ぎないよう計算して仕込む。ほぼ年間を通じて提供する

お店からの一言

2代目 金子弘之さん(左)、3代目 金子雄介さん

「品質と価格に正直に、伝統を守りつつ美味しい寿司を提供したいと思っています」

紋寿司の店舗情報

[住所]東京都目黒区祐天寺2-14-19 [TEL]03-3712-6078 [営業時間]17時半~23時(22時LO) [休日]月 [席]カウンターあり、全32席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代660円別 [交通アクセス]東急東横線祐天寺駅東口2から徒歩1分


電話番号 03-3712-6078

撮影/鵜澤昭彦 取材/肥田木奈々

2019年11月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
この道55年、銀座で修業を重ねたのちに自らの店を構えて42年。店主の野崎さんが握る寿司は、ほんのり甘めのシャリに自ら豊洲で仕入れた新鮮なネタがのる。
昭和元年に屋台から始まった老舗で、現在は3代目の主人がカウンターに立つ。ヒラメやボタンエビなど地元で水揚げされたばかりの地物をふんだんに揃えており、握りやちらしで味わえる。
流線型に整えられた、美しい姿に惚れ惚れするような握りだ。六本木の名店で腕を磨いた店主・下津さん。
老舗のマグロ仲買の直営店で、上質なネタを手頃な価格で楽しめる。赤身、中トロ、大トロ、メカジキの握りを盛り合わせた「まぐろにぎり」は必食だ。
銚子港で水揚げされた釣りキンメをはじめ、新鮮で質の高い魚介を食べるなら、ここを訪れるべし! 創業は昭和41年。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。様々なYouTuberがいますが、今回紹介する方はおっさんサラリーマン! その名も大西 祐次郎。ダジャレを炸裂しつつも、実は料理を美味しそ〜うに撮る実力者なのです。
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。
お小遣いの少ない飲み助にとって、家呑み用ツマミとして自由に買えるナンバー1は駄菓子なのではないか! とはいえ、そのまま食べるのも大人としていかがなものか!! ライター・カーツさとうが駄菓子を使った一品料理を考案。レシピ、動画付きでお届けします。
南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル