MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
銀座梅林 本店|卵とじカツに半熟卵が鎮座! 濃厚な旨さに進化(とんかつ/銀座)

銀座梅林 本店|卵とじカツに半熟卵が鎮座! 濃厚な旨さに進化(とんかつ/銀座)

梅林 (ばいりん)は昭和2年創業のとんかつ専門店。かつ丼といえば蕎麦屋のものだった当時、かつおダシではなく、豚肉のスジと玉ねぎからダシをとった関東風の甘口ツユで作るかつ丼を供し、評判を呼んだ。[交]地下鉄銀座線ほか銀座駅A2出口から徒歩約3分 ※ランチタイム有

銀座梅林 本店(最寄駅:銀座駅)

銀座梅林 本店の名物は、ヒレ肉を使う「スペシャルカツ丼」。綿実油で口当たり優しく揚げたヒレを卵でとじ、贅沢にも真ん中に半熟卵をのせるのが特徴。半熟卵を崩すと、豚肉や衣の旨み、甘いツユとともに濃密な味わいが広がる。

スペシャルカツ丼
2000円

2層の卵と甘いツユがしっかりとした豚肉の旨みを抱え込む。米は山形のつや姫を使用。味噌汁、お新香付き

ロースカツ定食
2900円

黒豚を使い、粗めの生パン粉をまとわせて低温でじわりと揚げる。しっとりピンク色を残した火入れが絶妙だ

銀座梅林 本店

東京都中央区銀座7-7-10(仮店舗に移転、新しいビルは2021年春に完成予定) ☎03-3571-0350 [営]11時半~20時45分LO ※ランチタイム有 [休]無休 [席]カウンター16席、テーブル3席×1卓、4席×4卓 計35席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交]地下鉄銀座線ほか銀座駅A2出口から徒歩約3分

電話番号 03-3571-0350
2016年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「成蔵 (ナリクラ)」の「シャ豚ブリアンかつ」はヒレでおすすめは1頭から約3人分しか取れない真ん中の希少部位を使う。[交]JR線ほか高田馬場駅戸山口から徒歩2分 ※ランチタイム有
早稲田『ワセカツ!奏す庵』|店名の“ワセカツ!”とは、薄いカツを特製のソースに浸したカツ丼のこと。早稲田の地で生まれたことと、早く揚がるという趣旨の“早生”の両方をかけた名だという。
2代目が揚げるロゼ色に輝くとんかつは火入れが肝要。短時間で揚げて余熱で芯まで火を入れるため、肉が驚くほど柔らかい。
銀座の路地にある小さなビルの階段を降りると、天井がやや低く、どこか懐かしい雰囲気のお店に到着。厨房真ん中の真鍮製の鍋では、注文のたびに衣をまとったカツやエビが入れられ、ジュワ~ッと心地よい音が響く。
『かつ吉』(水道橋)|骨董に囲まれた広い古民家のような内装の、創業56年を迎える老舗とんかつ屋が出す「替わりカツ丼」は、まるで和風ビビンパのような趣き。150℃前後の低温でじっくりと揚げたカツを醬油ベースの特製ダレにくぐらせ、上からとろろをかけている。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt