MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
帝国ホテル 東京 パークサイドダイナー|フォアグラと牛フィレ肉の美味の二重奏(フレンチ/日比谷)

帝国ホテル 東京 パークサイドダイナー|フォアグラと牛フィレ肉の美味の二重奏(フレンチ/日比谷)

おとなの週末「ホテルで味わう三ツ星贅沢丼」特集の一品。とろけるようなフォアグラのポワレと牛フィレ肉の旨みをひとつの丼で味わえる贅沢。たまり醤油をベースにした甘辛ソースが両者を絶妙にまとめており、これぞ伝統を誇るホテルの味と納得させられるクオリティだ。帝国ホテル 東京パークサイドダイナー [交]帝国ホテル

帝国ホテル 東京 パークサイドダイナー(最寄駅:日比谷駅)

とろけるようなフォアグラのポワレと牛フィレ肉の旨みをひとつの丼で味わえる贅沢。たまり醤油をベースにした甘辛ソースが両者を絶妙にまとめており、これぞ伝統を誇るホテルの味と納得させられるクオリティだ。現在のレシピを考案したのはフレンチの権威、田中健一郎総料理長。あくまでも和のテイストに寄り過ぎず、より味わいやすい洋風の丼になるよう追求した。華やかな見た目にも心躍る。

牛網焼きとフォワグラの洋風丼
3450円

フォアグラは口の中でとろける極上の味わい。網焼きにした牛フィレ肉は軟らかくてしっとり。きのこのソテーやパプリカのフライなども添えている

帝国ホテル 東京 パークサイドダイナー

[住所]東京都千代田区内幸町1-1-1本館1階 [TEL]03-3539-8046 [営業時間]6時~23時LO [休日]無休 [席]カウンター10席、テーブル150席、計160席/全席禁煙/宿泊客のみ予約可/カード可/サ10% [交通アクセス]地下鉄千代田線ほか日比谷駅A13出口から徒歩1分

電話番号 03-3539-8046
2016年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
滋賀の食材をメインにしたビストロで、記憶に刻まれるひと皿に出合った。それが近江牛の炭火焼き。中心温度を45℃前後に保ちつつ、炭火に乗せて、休ませてを繰り返すこと3~4回。
煮込み料理は地味かもしれない。けれど地道な仕込みの手間がかけられたその味には、真の美しさが宿るのだと思う。
ワインでお肉。言うまでもなくシアワセな組み合わせだが、それをリーズナブルに満喫してもらいたいという明快さがいい。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
笑っちゃうほどトリュフ山盛りのトーストに度肝を抜かれたかと思えば、これまたウニどっさりの野菜ムースの旨さに絶句。とそこへ酒場の定番、ハムカツだ。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。
長い玉子焼きを、キューブ状にカットして食べやすくした商品。ほんのりささやかな甘みの中に、風味豊かな青海苔が混ぜ込まれ、後味はさっぱり爽やか。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt