MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【閉店】葡萄屋 大森店|甘辛こってり味がなんともクセになる「ジャン丼」(鶏料理/大森)

【閉店】葡萄屋 大森店|甘辛こってり味がなんともクセになる「ジャン丼」(鶏料理/大森)

昭和21年、ビヤホールから始まったという鶏料理専門店で、ランチに丼やカレーを提供。中でも「ジャン丼」は、約40年続く名物メニューだ。葡萄屋[交]JR大森駅西口から徒歩6分

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】葡萄屋 大森店|甘辛こってり味がなんともクセになる「ジャン丼」(鶏料理/大森)の画像をチェック! navigate_next

【閉店】葡萄屋 大森店(最寄駅:大森駅)

メインとなるのは大ぶりの鶏モモ肉、これを焼き鳥のタレに漬けて蒲焼きにしてからカットしているため、肉がプリプリ。これだけでも旨いが、甘辛こってり味のとりみそと合わせると、さらに味の幅が広がる。銀座にも支店があり、丼メニューはそちらでも提供している(☎03-3564-2001)。

ジャン丼
1300円

丼のほかに味噌汁、お新香、デザート付き。とりみそは鶏挽き肉と2種の味噌、ニンニク、七味、麻の実などが入っており、ゴマ油の風味がきいている。とりみそは葡萄屋の名物で、テイクアウトでも販売(1本1300円)

とりめし
1200円

ご飯の上にレバー、ぼんじり、つくね、炒り玉子、山菜がのるボリュームたっぷりのメニュー。味噌汁、お新香、デザート付き

葡萄屋 大森店

東京都大田区山王3-29-3 ☎03-3775-3333 [営]11時半〜14時半、17時〜22時半(21時半LO) [休]火 [席]1階カウンター4席、テーブル6席×3席、2階座敷40席(2階は土・日・祝のみ) 計62席/禁煙席なし/カード夜のみ可/予約可/夜のみサ10%別 [交]JR大森駅西口から徒歩6分

電話番号 03-3775-3333
2016年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
釧路の長昆布、原木シイタケ、枕崎産の本枯節を厚削りにし、約10時間かけて旨みを抽出したダシが味の肝。三輪素麺や小豆島のオリーブ素麺など各地のそうめんやオリジナリティ全開のフォーがいただけて、ダシ好き、麺好きの私は舌と心を鷲掴みにされてしまった。
明るく広々として入りやすい雰囲気の店内。今年でちょうど70年(2020年3月号発売時点の情報)、親子4代でのれんをつないできた老舗店舗を数年前に改装した。
席につくと、まず出てくるのはお豆腐。「お待たせしちゃ悪いから」と、いつの頃からか始まった気遣いだ。
国産豚ロースを塊で仕入れ、店で切り分けてから注文に応じて揚げている。カツオ節のダシの味を感じる、上品な味付けがうれしい。
「お客さんに毎日喜んでもらいたいからね」とほほ笑む店主が提供するメニューは、とにかく量がすごい! 値段は手頃ながら、大きな丼に蕎麦もうどんもカツもご飯もたっぷりと運ばれてくる。
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル