MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
韓美膳(韓国料理/東京)本格的な韓国料理が楽しめる♪テイクアウトも可能☆

韓美膳(韓国料理/東京)本格的な韓国料理が楽しめる♪テイクアウトも可能☆

韓国風のり巻き・キンパ2種類、サムギョプサルやチーズタッカルビなどの熱々料理4種類からそれぞれ1品選べて、さらにチヂミとチャプチェ付き! ひとりでも韓国料理のイイとこ取りできるセットが、昼も夜も同じ値段で楽しめる。

perm_media 《画像ギャラリー》韓美膳(韓国料理/東京)本格的な韓国料理が楽しめる♪テイクアウトも可能☆の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

韓美膳(最寄駅:東京駅)

組み合わせ自由自在! メイン2品が選べる欲張りセット

店頭でせっせとこしらえるキンパには特に自信あり。「うちのキンパは、ご飯より具のほうが多いからヘルシーですよ」と、ツヤピカの笑顔で話す店長の金さん。どの料理も野菜たっぷりで、ボリュームがあるのに重くない。女性はもちろん健康志向の男性にも大人気で、今日来た人が翌日またご来店、なんて例には事欠かない。
 デリ併設のイートインって、軽めに食べてサッと帰る場所だと思ってた。そんな先入観はここでは封印し、心ゆくまで空腹を満たそう

選べるキンパ&あったか料理セット(野菜キンパ&チーズタッカルビ)
1250円

写真は一番人気の野菜キンパ。自慢のナムル、たくあん、玉子焼きなど7種類の具入り。プルコギキンパも選べる。持ち帰り用(1本631円~)は駅弁にもおすすめ。チーズタッカルビは特製コチュジャンダレの辛みと、チーズのまろやかさが鉄板の中で一体に。ちなみにセットメニューを頼むと、中生ビール通常460円が“何杯でも”300円で注文OK。多彩なおかずを肴に、イートインでプチ飲み会もアリ?

スンドゥブ
900円

コク深いピリ辛スープに、アサリや豆腐、野菜がたっぷり。ライス付き

彩り野菜と温玉プルコギのプレート 

630円

8時~10時までのお値打ちモーニングメニュー。食欲そそる韓国風甘辛プルコギと温泉卵でエネルギーチャージ!

お店からの一言

店長 金 月善さん

「石焼きや鉄板のメニューもスピーディにご提供します」

韓美膳の店舗情報

[住所]東京駅構内地下1階 グランスタ丸の内内 [TEL]03-6551-2588 [営業時間]7時~22時、日・連休最終日の祝日7時~21時 ※イートインは8時~ ※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンターあり、全23席/全席禁煙/予約不可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]丸の内地下中央口改札から徒歩1分


電話番号 03-6551-2588

撮影/小島 昇 取材/林 匠子

2020年1月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
コシのある細麺と冷ややかで淡麗なるスープからなる冷麺。夏に涼を運ぶ逸品として人気だ。ここでは単品としてはもちろん、焼肉の〆としても抜群のものを紹介。冷やし中華とは違った涼しさをご堪能あれ!
どこまでも深いスープにフルフルの豆腐、そこへ辛さの刺激が追っかける! 寒さ増すこの時期にピッタリの韓国鍋で体の中から温まろう。
 従来の概念を覆す韓国料理である。宮廷料理をベースに、薬膳を用いて丁寧に作られたポッサムやプルコギ。
真っ赤なスープに丸ごとのタコが泳ぐ―。まずはそのビジュアルに、盛り上がること間違いなし。
KOREAN 水刺間(韓国料理/東京駅)「韓国料理はどこも似たりよったり」と言う人に、こちらのチゲや純豆腐をぜひ食べてもらいたい。「韓国の宮廷料理がベースなので、辛みより旨みが主役です」と、店長の野中さん。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル