MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
マンゴツリーキッチン “パッタイ”(タイ料理/東京)|米麺で作るモチモチ食感麺にリピーター続出☆

マンゴツリーキッチン “パッタイ”(タイ料理/東京)|米麺で作るモチモチ食感麺にリピーター続出☆

米麺で作るタイの炒め焼きそば“パッタイ”。後を引くコクと甘酸っぱさは、日本人の味覚にもっともハマるタイ料理のひとつだと思う。

perm_media 《画像ギャラリー》マンゴツリーキッチン “パッタイ”(タイ料理/東京)|米麺で作るモチモチ食感麺にリピーター続出☆の画像をチェック! navigate_next

マンゴツリーキッチン “パッタイ”(最寄駅:東京駅)

タイの焼きそばパッタイ専門店 自社製のモチモチ生麺にハマる

そのパッタイのデリ&イートイン専門店がこちら。手掛けたのは、タイ料理レストランやカフェを国内外に展開する『マンゴツリー』。本場では生の米麺を使うが、日本では手に入れづらい。だったら「自分たちでつくる!」と新潟に自社製麺工場を設立。試行錯誤の末に完成させた生米麺のパッタイ、これがもう絶品なのであります。乾麺にはないモッチモチの食感は、初めて生パスタを食べた日の感動を思い出す。「海老のパッタイ」や「鶏肉のパッタイ」など、5種類あるのも専門店ならでは。あっという間に平らげてしまうので、時間のないときほど足が向いてしまう。

海老のパッタイ
1220円

定番のエビも存在感抜群。卓上のお酢やガーリックオイルをひと垂らしすれば、旨さがググッと起き上がる

鶏肉のパッタイ
1220円

スパイスを利かせたタイの焼鳥がボリューム満点。ナンプラーやココナッツシュガー、タマリンドソースが醸す味わいがやみつきに

タイ雑炊
500円

朝限定のお粥。鶏や豚のダシが朝の胃袋に染み渡る

お店からの一言

店長 三井田雄平さん

「モチモチの生麺は冷めても美味!テイクアウトもおすすめです」

マンゴツリーキッチン “パッタイ”の店舗情報

[住所]東京駅構内地下1階 グランスタ丸の内内 [TEL]03-6259-1955 [営業時間]7時~22時、日・連休最終日の祝日7時~21時※モーニングは7時~10時 ※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンターあり、全17席/全席禁煙/予約不可/カード可/サ、お通し代なし [交通アクセス]丸の内地下中央口改札から徒歩1分


電話番号 03-6259-1955

撮影/西﨑進也 取材/林 匠子

2020年1月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
東京都内に点在する自治体のアンテナショップでは、普段はお目にかかれない地方の特産品に出会えます。香川県と愛媛県が共同で運営する「せとうち旬彩館」の4月の「かくれた逸品」に選ばれたのは、香川の食品メーカーが開発した美味しいこんにゃく麺でした。
「ありそうでなかった、中華(広東)とタイ料理のいいとこどり」がコンセプト。屋台風の店内はカジュアルで、いつも活気に満ちている。
ひっきりなしに訪れる客、エネルギッシュに飛び交う店員の声、ルミネの地下とは思えぬ、タイの屋台さながらの活気だ。現地から直輸入した調味料、スパイス、ハーブを駆使した、タイ人のベテランシェフによる料理は、どれを食べても本場の味に引けを取らない。
ホッピー、バイス、サワー類を揃え、昭和の大衆酒場的に楽しめるタイ料理だ。タイの中でもイサーン地方のグルメに特化し、現地から取り寄せる調味料やスパイスで、とことん本場の味を追求している。
お米屋さんが作ったフォー専門店だけあって、麺の食感がつるりと気持ちよく舌触りも抜群。化学調味料不使用のスープは上品で深い旨みをたたえ、後引く味わい。
最新記事
「また食べたいと思ってもらえるものを。何度口にしても感動してもらえる味を」。そのためにフランス人シェフのサントスさんが徹底しているのが改良を重ねて作り上げたレシピと、全工程へのこだわりだ。
大手メーカーと違い、各ブルワリーの個性溢れるクラフトビール。飲んでみたいけど、ちょっと高い。では、何を飲めばいいのか? 本誌飲み比べ隊がスーパーやコンビニで買えるビールを薄張りグラスで都度洗浄して試飲しました!
みなさんは“チャーラー”をご存じでしょうか。チャーハンとラーメンのセットの略語なのです。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介します!
築約70年の木造日本家屋で営業を続けるお好み焼き屋。芸人で染太郎の妻・崎本はるが、戦争で染太郎を亡くしたあとに始めたお店で、屋号は後から付けたもの。
リモートワークで毎朝通勤しなくていいのはうれしいけれど、どうも気持ちが仕事モードに切り替わらない。そんな時は甘いものを食べて脳に糖分を注入! 実際に食べて美味しかった朝スイーツをご紹介します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル