SNSで最新情報をチェック

改札内外のあちこちに飲食店がある東京駅。店探しをするだけでも大変です。そこで、新幹線の改札口から近いところを中心に大調査。今回は、東京駅改札外に2022年9月に開業した「グランスタ八重北」から、1階『八重北食堂』にあるオススメ店をご紹介します。しっかり食事を楽しめる店が多い中でも、特に満足度の高い店がココだ!

改札外『八重北食堂』 @グランスタ八重北/1階

改札外に、2022年9月に開業した「グランスタ八重北」。3フロアから成るエリアの1階がこちら。しっかり食事を楽しめる店が揃っている。

『八重北食堂』

『極味(きわみ)や』

舌も心もとろける極上ハンバーグ&ステーキ

ずらっと並んだ鉄板付きのカウンター。駅構内とは思えぬ光景に思わず足が止まるはず。しかも周囲には食欲を刺激する香りも立ち込めているではないか。その正体がハンバーグ。レアのまま供されるそれを客自身がひと口サイズに切って鉄板でジュッと焼き上げるスタイルで、熱々をパクリとやれば、ごろっとした肉感の後から濃厚な旨みとコクが炸裂!

極味やハンバーグステーキ(M) 1705円

『極味(きわみ)や』極味やハンバーグステーキ(M) 1705円 パテは超粗挽きにした九州産和牛と国産牛を赤身と脂身のバランスを考慮してブレンド。ひと口ずつ鉄板で焼くのでいつでも熱々だ

つなぎは極少量で玉ねぎもなし。まさに牛肉をド直球に味わうハンバーグなのだ。さらに6種類のソースや薬味も付いてきて、ひと口ごとに味変すればくるおしいほどに白飯を呼ぶ!

ちなみにセットで注文すれば、ガス釜で粒立ち良く炊いたご飯に、スープ、サラダ、さらにソフトクリームまで食べ放題というのもうれしいかぎり。加えてメニューにはA5ランクの伊万里牛のステーキも。高級店さながらの味を、東京駅ならばスピーディかつ手頃に堪能できる。

『極味(きわみ)や』

[住所]グランスタ八重北1階
[電話]03-6273-4229
[営業時間]11時〜23時(21時頃LO)※行列の状況で前後あり
[休日]施設の休館日に準ずる
[交通]八重洲北口から徒歩1分

『立喰い寿司 ひなと丸』

ネタよし、シャリよしの端正な握りに舌鼓

さっとつまんで電車に乗り込める。改札近くにある立ち食い寿司は、忙しいビジネスマンにとってありがたい存在だ。でも利便性だけじゃありません。こちらは味と値段で勝負する。水産会社直営という強みをいかし、プロが目利きして競り落とした魚をすぐさま店へ。

八重洲 2500円

『立喰い寿司 ひなと丸』八重洲 2500円 東京駅限定のセットでマグロ類、白身類、貝類を3貫ずつ盛り込んでいる

鮮度も質も折り紙付きながら1貫70円〜という価格もありがたい。ネタの揃えで目を引くのがマグロで、トロや赤身のみならずカマや頭肉といった珍しい部位も用意する。さらに寿司に合う米を厳選し、硬めに炊き上げ、まろやかな酸味と甘みを持たせたシャリは、味の強いネタにも淡白な身にもすんなり寄り添ってくれる。

時間に余裕があれば店内に設置されたテーブル席で日本酒を傾けつつ、つまみから始めるのもいいだろう。もちろん握りや巻物のテイクアウトもウェルカム。こんな寿司を車中のお供にすれば旅気分を盛り上げてくれること間違いなしだ。

『立喰い寿司 ひなと丸』

[住所]グランスタ八重北1階
[電話]03-6259-1600
[営業時間]11時〜22時(21時半LO)
[休日]施設の休館日に準ずる
[交通]八重洲北口から徒歩1分

次のページ
『天ぷら串とまぶしめし ハゲ天』...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…