×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

手土産片手に新年のあいさつをする季節。相手を思う気持ちをより一層伝えるため、それぞれのシチュエーションにぴったりな手土産を東京駅のエキナカ&エキソトエリアから選びました。

ちょっとフォーマルに日頃の感謝を伝える

目上の方や仕事関係の人へ日頃の感謝をこめて贈る手土産には、きちんと感のある老舗の逸品を

銀の鈴エリア『日本橋錦豊琳』「かりんとう」 @グランスタ東京地下1階

「かりんとう」5袋入 864円

銀の鈴エリア『日本橋錦豊琳』「かりんとう」5袋入 864円

明治25年創業の菓子問屋が手がけるかりんとうは、いい意味でイメージが覆される逸品。色鮮やかな「野菜かりんとう」やピリッと七味が効いた「きんぴらごぼうかりんとう」「和風だしかりんとう」などユニークな素材を組み合わせる。個包装なので職場で配る用にも◎

『京橋千疋屋』「くりぬきゼリー」 @大丸東京店地下1階

「くりぬきゼリー」グレープフルーツ 1,188円、オレンジ 1,080円

『京橋千疋屋』「くりぬきゼリー」(奥)グレープフルーツ 1,188円、(手前)オレンジ 1,080円

老舗果物店の「くりぬきゼリー」は搾りたての果汁をゼリーにすることで、柑橘の爽やかさをまるごと閉じ込めたよう。ふるふると柔らかな食感の中にはごろっと果肉も入っているので満足感も高い。蓋の果肉はゼリーに搾って召し上がれ
※12/23〜12/25は販売なし、年末年始は入荷状況により欠品の可能性もあり

東京ギフトパレット『銀座 菊廼舎』「登録商標 冨貴寄 開運干支缶」 @東京駅一番街1階

「登録商標 冨貴寄 開運干支缶」2,160円

東京ギフトパレット『銀座 菊廼舎』「登録商標 冨貴寄 開運干支缶」2,160円

干支や鯛、梅に松などおめでたいモチーフが詰まった缶は、開けた瞬間から胸がときめく華やかさ。明治23年から続く江戸菓子屋のお菓子缶らしく、バターを使用しない和風クッキーに金平糖や和三盆、落雁など日本古来の干菓子を含む繊細な甘みを楽しめる

グランドキヨスク東京『高木屋老舗』「草だんご」 @東京駅一番街1階

「草だんご」5個入 432円

グランドキヨスク東京『高木屋老舗』「草だんご」5個入 432円

よもぎのフレッシュな香りともちの柔らかさが特徴の「草だんご」は葛飾柴又の名物。江戸時代には農家の娘が奉公先に唯一の贈り物として献上していたものだそう。賞味期限はその日中なのですぐに渡せる相手への手土産にどうぞ
※火・金のみの限定販売

吹き抜けエリア『petit gargantua』「塩バターサブレ レクタングル」 @グランスタ東京1階

「塩バターサブレ レクタングル」7枚入 2,214円

吹き抜けエリア『petit gargantua』「塩バターサブレ レクタングル」7枚入 2,214円

帝国ホテルのショップ『ガルガンチュワ』でお馴染みのスイーツが購入できる姉妹店『プティ ガルガンチュワ』。サブレにはフランス産の発酵バターとカマルグ産天日海塩を使用し、ほろっと食感と甘さの後に微かに感じる塩気が絶妙。食べたら人にも差し上げたくなる味

東京ギフトパレット『東京會舘』「プティフールD」 @東京駅一番街1階

「プティフールD」2種10個入 1,944円

東京ギフトパレット『東京會舘』「プティフールD」2種10個入 1,944円

大正デモクラシーの時代に社交場として始まった『東京會舘』。そのパティシエが手作りするプティサイズの半生菓子は、上品な佇まいがギフト映えする。パイナップル入りのパウンドケーキ、プラリネクリームを挟んだクッキーはやさしい甘さで人を選ばないおいしさ

次のページ
久しぶりに会えるうれしさを伝える...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…