MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ファッツ ザ サンフランシスカン(洋食(その他)/吉祥寺)|本格BBQ料理が味わえるお店!本場の旨さに感動☆

ファッツ ザ サンフランシスカン(洋食(その他)/吉祥寺)|本格BBQ料理が味わえるお店!本場の旨さに感動☆

アメリカ人の店主・レヴィンさんがこだわるのは、プルドポークやブリスケットなど、アメリカの本格的なBBQ料理。たとえば、豚の塊肉がほろほろになるまで火を通し、ほぐして食べるノースカロライナ名物・プルドポークを、この店ではBBQ専用のスモークルームで約10時間かけて仕上げている。

perm_media 《画像ギャラリー》ファッツ ザ サンフランシスカン(洋食(その他)/吉祥寺)|本格BBQ料理が味わえるお店!本場の旨さに感動☆の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

ファッツ ザ サンフランシスカン(最寄駅:吉祥寺駅)

BBQ料理を肴にクラフトビールをグビリと飲れば、気分はもうUSA!

非常に手間がかかっているだけあり、これが実に旨い! 
 口中でほろりとほどける柔らかさと焙られた部分のカリッとした食感のコントラストが絶妙で、クラフトビールのおかわりが止まらない。BBQ発祥国の“本気”に、思わず喝采を贈りたくなるはずだ。

バーベキューコンボプレート、ハーディーウッドザ グレートリターン、モダンタイムズスペースウェイズ
2980円、M 850円、M 1140円

店主こだわりのBBQを一度に味わえるプレート。右手前がプルドポークで、その左がブリスケット。店主のおばあちゃんの味を再現したコールスローも最高だ

ファッツバーガーThe WW、ファッツのプルドポークサンドウィッチ ディナー
1950円、1400円

手前はプルドポークとコールスローのバーガー。奥は同店の人気ハンバーガー

ステーキディナー
2500円

ステーキディナー2500円はアメリカンビーフのサーロイン250gを使用

お店からの一言

店主 レヴィン・ジョナサンさん

「日本向けのアレンジなし!本場アメリカの味を楽しんで」

ファッツ ザ サンフランシスカンの店舗情報

[住所]東京都武蔵野市吉祥寺本町2-25-12 Santa Fe地下1階 [TEL]0422-69-2532 [営業時間]11時半~15時、17時半~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]月 [席]カウンターあり、全32席/全席喫煙可/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR中央線ほか吉祥寺駅西口(アトレ本館口)から徒歩5分


電話番号 0422-69-2532

撮影/貝塚隆 取材/カイトモオ

2020年2月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
もうもうと立ち上る煙の下に現れるはドカンと一枚肉の「特大生姜焼」。腕まくりで挑めばド直球の旨さにハッとする。
創業明治28年。『煉瓦亭』のポークカツレツは“とんかつの元祖”と言われているだけあって隙がない。
ガウチョ(牧童)が絞めて解体した牛を薪で焙り、野外で肉を片手に呑み、かつ喰らう――そんなアルゼンチン流のワイルドなBBQ「アサード」を味わえる店だ。肉を焼くのは、青春時代をアルゼンチンで過ごした伊澤義之さん。
最新記事
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「日本食冒険記」。これなんぞ?と思うでしょう。出演者は、訪日&在日外国人。飲食店で食事しながら日本食に対する思いを語っているのです。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル