MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
Ab・de・F(洋食(その他)/北品川)|エビフライ専門店でブラックタイガーから伊勢エビまでご堪能あれ♪

Ab・de・F(洋食(その他)/北品川)|エビフライ専門店でブラックタイガーから伊勢エビまでご堪能あれ♪

さすが、と唸った、舌を巻いた。それがおそらく現在都内で唯一のエビフライ専門店の味だ。

perm_media 《画像ギャラリー》Ab・de・F(洋食(その他)/北品川)|エビフライ専門店でブラックタイガーから伊勢エビまでご堪能あれ♪の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

Ab・de・F(最寄駅:北品川駅)

衣、ソース、タルタルがタッグを組んで旨さアップ エビフライの真の魅力に開眼

その完成度たるや! 身の弾力に合わせたパン粉の食感と風味を引き立てる香ばしさ、ソースはメーカーに依頼した特注品、タルタルはフルーティーなこのソースに完全にマッチするよう作った自家製だ。すべてが一丸となってエビという食材を見事にサポートしている。種類もさすがの品揃えで、手頃なブラックタイガーから、“皇帝海老”との異名を持つ特大の天然物シータイガー、そして肉厚なオマール。また要予約のスペシャルメニューとして、国産天然大車エビと伊勢エビも。食感と風味の違いを食べ比べてみるのも面白い。

特撰海老フライセット
1298円(昼のみ)

特大サイズの有頭ブラックタイガーを使用。まずはレモンを搾って、次はソースとタルタルの両方で。“追いリンゴ”して木桶で熟成させた特注ソースがエビの風味と絶妙にマッチ。タルタルの具のゴロッとした食感もアクセントになっている

ピタゴラス
5280円

オマールの尾を揚げた贅沢なひと皿。身のプリプリ感が格別だ

ビックリトルジョン
3740円(昼は4125円、ご飯、味噌汁、香物つき)

“皇帝海老”と呼ばれる約300gの天然物。豊かな甘みを堪能できる

お店からの一言

料理長 高岡大輔さん

「昨年7月にオープン。満席になることも多いので、ぜひご予約を!」

Ab・de・Fの店舗情報

[住所]東京都品川区北品川1-22-15 [TEL]03-6712-0837 [営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時半~22時(20時半LO)※ランチタイム有 [休日]水 [席]カウンターあり、全25席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]京急本線北品川駅より徒歩2分


電話番号 03-6712-0837

撮影/小島 昇 取材/菜々山いく子

2020年3月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ガウチョ(牧童)が絞めて解体した牛を薪で焙り、野外で肉を片手に呑み、かつ喰らう――そんなアルゼンチン流のワイルドなBBQ「アサード」を味わえる店だ。肉を焼くのは、青春時代をアルゼンチンで過ごした伊澤義之さん。
50ケ国以上あるアフリカ大陸。トーゴと聞いて場所を指差せる人は、かなりの地図好きだろう。
アスリートは「心・技・体」をバランスよく磨くことで、最高のパフォーマンスを発揮できるという。ここ『銀座スイス』発祥のカツカレーも然り。
帝国ホテル等でフレンチの修業を重ねた店主が、「気軽に楽しんでもらいたい」と普段使いの店をオープン。炭火焼きの肉料理も売りだが、どんなお酒にも合うポークカツレツが熱い支持を集める。
最新記事
端正な蕎麦だけが蕎麦屋の魅力ではない。蕎麦だけでなく丼ものやカレーなんてのもしみじみ旨い懐の深さ。そんな肩肘はらず、定食屋使いができる町の蕎麦屋を集めてみました。ここではカツ丼が美味しいお店をご紹介します。
東京・表参道にある新潟県のアンテナショップで、食欲がそそられる一品を見つけました。老舗蒲鉾店「竹徳かまぼこ」の人気ナンバーワン「煮玉子しんじょう」です。丸いしんじょうをふたつに割ると、とろとろの半熟玉子が現れました。
人気店『マル・デ・クリスチアノ』がバカリャウ料理専門店に生まれ変わった! バカリャウとは、塩漬けの鱈の干物。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回はついに海外へ。インドのストリートフードを伝えるYouTube動画をご紹介。ちょっと刺激的なハードボイルド映像の数々、心してご覧あれ。
その丼の中の小宇宙に一瞬で虜になってしまった。香味油がキラキラと反射する奥深き黄金の海。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル