MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
カシヤマ ダイカンヤマカフェ(ケーキ/代官山)とろ~りとろける温かいバスクチーズケーキが人気のカフェ♪

カシヤマ ダイカンヤマカフェ(ケーキ/代官山)とろ~りとろける温かいバスクチーズケーキが人気のカフェ♪

ギャラリー、ショップ、飲食店が集まる複合施設内にあるカフェ。こちらで出すのが真っ黒な焦げめと中心部のとろりとした食感が特長のバスクチーズケーキだ。

perm_media 《画像ギャラリー》カシヤマ ダイカンヤマカフェ(ケーキ/代官山)とろ~りとろける温かいバスクチーズケーキが人気のカフェ♪の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

カシヤマ ダイカンヤマカフェ(最寄駅:代官山駅)

最適な温度でチーズの風味を引き立てる

口にして驚くのがその温度。冷たいかと思いきや、温かいのだ。聞けば、こちらでは一度焼き上がったチーズケーキをひと晩冷蔵庫で寝かせてしっとりした食感を出し、提供前に温め直してチーズケーキが最も美味しくなる温度で出してくれるのだとか。果肉がゴロゴロ入った、フレッシュ感溢れるレモンジャムつきで、1度でふたつの味を堪能できるのも、客にとってうれしい限り。シンガポール生まれの紅茶ブランド「TWG」のフレーバーティーと共にいただこう。店内は天井が高く、オープンな雰囲気。おしゃべりに興じても広い店内では気にならず、心ゆくまで楽しめる。

バスクチーズケーキ
900円

レモンジャムをつけるとさらに清々しい風味に。国産フレッシュレモンと「TWG」のフレッシュアールグレイなどを合わせたオリジナルレモネードとも良く合うので、ぜひ合わせて

マドレーヌ&カヌレ、1837 ブラックティ
700円、900円

外はカリッと、中はもちもちした食感のカヌレとバターたっぷりのマドレーヌ。シンプルな焼き菓子も美味だ

お店からの一言

バリスタ 吉野里彩さん

「とろける温かいバスクチーズケーキ、ぜひ味わってください!」

カシヤマ ダイカンヤマカフェの店舗情報

[住所]東京都渋谷区代官山町14-18 地下1階 [TEL]03-5784-1339 [営業時間]11時~21時(20時LO)※ランチタイム有 [休日]毎月第1月 [席]全80席/全席禁煙/予約不可/カード可/サなし(4月から10%) [交通アクセス]東急東横線代官山駅中央口から徒歩5分


電話番号 03-5784-1339

撮影/瀧澤晃一 取材/松岡芙佐江

2020年4月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
店主・岸本香奈子さんが以前働いていたイタリアンレストランのデザートで人気だったチーズケーキ。レストラン閉店に伴い、岸本さんはこのケーキを引き継ぎたい、とこの店をオープンした。
こちらは本場のバスクチーズケーキと同じく表面は黒いが、味わってみると、見た目より香ばしさは控えめ。外側は少しふっくらとしているのに、内側はねっとりとろ~っとした食感でそのコントラストが面白い。
真っ白なビジュアルが美しい「モン・ドル」。カマンベールとクリームチーズを合わせたムース仕立てのレアチーズケーキだ。
白砂糖、合成甘味料、保存料、添加物を一切使用しないチーズケーキ専門店。様々なフレーバーのチーズケーキが揃うが、まず味わってほしいのが「ドライフルーツ レアチーズケーキ」。
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
最新記事
日本在住のロンドンっ子たちの間で話題になっているお店が表参道にオープン。その名は『リナストアズ』。ロンドンのソーホー地区で1944年に創業し、今もなお人気を誇るイタリアンデリカテッセン&レストランです。英国外初の出店となる1号店に伺いました。
琥珀色の米粒から、ぷぅ~んと匂い立つ醤油の香ばしさ。1929年の開業時から受け継がれた味だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル