MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
やきとり 児玉(串揚げ・串焼き/池尻大橋)にいがた地鶏を使用した焼き鳥店☆自家製プリンも人気♪

やきとり 児玉(串揚げ・串焼き/池尻大橋)にいがた地鶏を使用した焼き鳥店☆自家製プリンも人気♪

ときおり串を返しながら、店主の児玉昌彦さんが熟練の手つきで焼き上げていく。枝ものの備長炭を使い、いい加減に煙をまとわせる。

perm_media 《画像ギャラリー》やきとり 児玉(串揚げ・串焼き/池尻大橋)にいがた地鶏を使用した焼き鳥店☆自家製プリンも人気♪の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

やきとり 児玉(最寄駅:池尻大橋駅)

力強い弾力と抜群に旨い脂 にいがた地鶏の旨さに惚れ惚れ

使うのは「この鶏を使いたくて新店を立ち上げた」というにいがた地鶏。「軍鶏っぽい筋肉質と、脂が圧倒的に美味しい」と惚れ込んだ。その言葉通り、力強い弾力と旨い脂がのった「もも」、骨から外され絶妙に串打ちされた「手羽先」、甘く濃厚な「レバー」……と、繰り出されるたびに唸る。塩、味噌、醤油などの調味料、食材なども地元新潟からこだわりのものを厳選。味わい深く楽しませてくれる。

お任せやきとりセット
3700円

「ささみ」は3分割され、それぞれ梅しそ、わさび、柚子味噌がのる。モモを粗くたたき捏ねない「つくね」もごつっとした食感で旨し。季節の野菜串、栃尾の油揚げもうれしい

かけそば

鶏油が決め手。スープの旨みがハンパない

自家製プリン(コダマプリン)
480円

ブリュレっぽく濃厚。実はかなり人気のデザート

お店からの一言

店主 児玉昌彦さん

「塩は新潟の笹川流れでとれる海の潮です」

やきとり 児玉の店舗情報

[住所]東京都世田谷区池尻1-11-12 パレ・ド・ジュネス2-A [TEL]03-5787-8606 [営業時間]18時~23時 [休日]日・月(月2回) [席]カウンターあり、全24席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、コース以外はお通し代700円(3点盛り)別 [交通アクセス]東急田園都市線池尻大橋駅南口から徒歩15分 ※『やきとり 児玉』のメニューの価格はすべて税抜きです。


電話番号 03-5787-8606

撮影/大西尚明 取材/池田一郎

2020年4月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
総ひのき造りのコの字カウンターの中央には、ねじり鉢巻をキリリとしめた若き大将が。席はすべて焼き場から目の届く距離にあり、大将自らが熱々の串を供してもてなす。
「アイドルに会える串カツ田中」がアキバ(東京・秋葉原)にオープンしたらしい……!噂を聞きつけ、『おとなの週末』編集・武内、ライター・カーツが早速行ってきました。
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。
L字形の重厚な一枚板カウンターに、棚に並ぶグラスが暗闇の中で浮かび上がるような照明。2019年8月14日に開店したこの店では、そんなドラマチックな空間の中で焼鳥コースを楽しめる。
「カレー味のもつ煮」が看板メニューのひとつ。ごく最近発案された変化球系煮込みなのかと思いきや、歴史は3代前まで遡る。
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル