MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
クイズ 全品990円以下のうな丼、どれがどこ?

クイズ 全品990円以下のうな丼、どれがどこ?

ここでいきなりクイズです。本記事で紹介する9つの丼はどこのものでしょうか? 正解は記事の最後をご覧ください。店名なんて先入観を捨て、まずは価格と写真を見よ!

perm_media 《画像ギャラリー》クイズ 全品990円以下のうな丼、どれがどこ?の画像をチェック! navigate_next

1.【950円】最高品質といわれる 日本うなぎ 通称“青手”使用!

2.【935円】なんと肝吸いがこのお値段で付いてくる!!

3.【850円】錦糸玉子がご飯残っちゃう問題をズバリ解決!

4.【790円】しっかり身厚! 尾身か腹身かはその日の運次第

5.【866円】うまい、やすい そして常識破りにはやすぎる!!

6.【748円】ふっくら熱々系 ご飯少なめも選択可能なやさしさ

7.【990円】国産うなぎに甘さ控えめダレ 正統派関東風!

8.【880円】備長炭で焼いた香りに鼻腔の興奮うなぎ上り!!

9.【643円】中国産うなぎ使用 正直表示に高感度 これが最安

純粋無垢に価格見て うなぎ様に頭を垂れる

格安うな丼・うな重も、990円以下となると、その常識外れの安さから“知ってる人は知っている”的に知れ渡ってる店がほとんどなんですよね。

そんな有名店を、さも「探してまいりました」みたいに勿体ぶって載せるのも気が引ける。

そこで!! そんな店の格安うな丼・うな重を店名伏せた状態で、写真と価格だけをまずはとっぷり見ていだだきたい!

「これはあのチェーンだろ?」
とクイズ的に楽しんでいただいてもOKですが、なにより店名とその店名の持つ先入観ゼロ状態で見ていただきたい。

すると……今年は若干安くなったといっても、いまだに横綱級高額魚介類であるうなぎが、この驚きの価格で食べられるって事実に率直に感謝し、頭を垂れるほかはないッ!! もはや、この価格で味のことをあれこれ言うのも野暮にすら思える。

とはいえどの品も、専門店や全国チェーンが気合入れて作っているメニュー。ご飯とともに頬張れば、思わず舌鼓を打たざるをえない贅沢品の権化“ザ・うなぎ”である!

ただ何軒も食べて感じたのは、店の形態で贅沢感が変わること。

専門店にはうなぎ多めの高額商品が他にあるので、一番安い品を食べてると、負い目を感じて贅沢感がちょっと薄れる。

逆に丼チェーンには、もっと安い丼が一杯あるんで、贅沢感及び優越感も倍増!

そんなことに気付いた取材中、近所のスーパーで激安レトルトうなぎを発見! 食べれば大手スーパーの商品開発への本気を感じる完成度。これもひとつの格安うな丼と掲載しました。

さぁ〜て、どの店の格安うな丼を食べるか? ここまでくると、店までの交通費が一番安い店がベストかもしれない!

正解を発表!!

1.『金のうなぎ』お店は上野毛にあり
2.『九寅』お店は浅草にあり
3.『なか卯』おなじみ全国チェーン
4.『すき家』おなじみ全国チェーン
5.『吉野家』おなじみ全国チェーン
6.『くら寿司』回転寿司の全国チェーン
7.『うな正』神田にある人気店
8.『宇奈とと』東京、大阪などで展開
9.「イオングループの鰻」白米も同グループのインスタント白米

イオングループの鰻

撮影・取材/カーツさとう ※店のデータは、2020年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
「若い頃から東京に支店を出すのが夢だった」と話すのが、浜松で最古のうなぎ屋『中川屋』の4代目である村越武さん。本店を息子に任せ、昨年それを実現させた。
うな重、蒲焼き、白焼き……。うなぎ料理といえば、このあたりが定番ですが、和食の枠を外れたうなぎ料理はないのだろうか。ということで、探したところ中国料理店を中心に発見! 中華なうなぎ料理をご覧あれ。
かつて、手賀沼で獲れたうなぎは江戸にまで運ばれ贈答品として珍重されたのだとか。その湖畔に位置する我孫子市は、今も数多くの店があるうなぎ処だ。
近年オープンした都内のうなぎ店を調査した結果、自信をもっておすすめできる三ツ星店を4軒ご紹介。老舗の支店や、関東や関西から東京初進出を果たしたお店まで粒揃いです。土用丑の日に合わせて、ぜひご賞味ください!
『おとなの週末』はもちろん、ミシュランにも掲載された名古屋を代表するうなぎ店『炭焼 うな富士』。2021年3月にオープンした『天白別邸』は、築104年の古民家をリノベーションした趣あるお店。ゆったり、のんびりと食事ができる話題の最新店へ伺いました。
最新記事
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル