MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
CHACO あめみや(ステーキ/国立競技場)昭和54年創業の本格ステーキハウス!極上の牛肉をご堪能あれ!

CHACO あめみや(ステーキ/国立競技場)昭和54年創業の本格ステーキハウス!極上の牛肉をご堪能あれ!

嗚呼、ステーキが食べたい。突然舞い降りた欲望に、食いしん坊は居ても立ってもいられない。

perm_media 《画像ギャラリー》CHACO あめみや(ステーキ/国立競技場)昭和54年創業の本格ステーキハウス!極上の牛肉をご堪能あれ!の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

CHACO あめみや(最寄駅:国立競技場駅)

炭とバターと塩コショウだけで、牛肉が極上の味に!

“いきなり”なチェーン店に飛び込むってのも悪くはない。でも、もっと……。となれば、この店に身を委ねてみよう。
扉を開けると入り口に鎮座するのは赤々と炭が熾る焼き窯で、昭和54年の創業から今も変わらぬ景色だ。

チョイスしたのは豪州産の「リブ」。炭火の上で表面はカリッと中はレアに焼かれたステーキを頬張れば、骨太な風味がガツンときて身悶え必至!
味付けは塩&コショウに自家製の香味バター。それだけなのに、これほど旨さを発揮するのか!
それはまさに素材と炭の力。味変に卓上の醤油をちょろりとかければ、熱々の鋳物プレートでほんのり焦げて、立ち込める香ばしさもご馳走に。

リブステーキ200g
1500円

冷めにくい鋳物のプレートでずっと熱々。自家製の香味バターはパセリで爽やかさをプラス。ライスorパンにサラダとコーヒー付き。オーブンで蒸し焼きされた付け合わせのポテトもホコホコだ

お店からの一言

店主 雨宮登志夫さん

「50g(プラス500円)ずつ500gまで増量できます!」

CHACO あめみやの店舗情報

[住所]東京都渋谷区千駄ヶ谷1-7-12 地下1階 [TEL]03-3402-6066 [営業時間]11時半~14時LO(火~金のみ)、17時~22時LO、日・祝17時~21時LO ※ランチタイム有 [休日]月 [交通アクセス]都営大江戸線国立競技場駅A4出口から徒歩3分


電話番号 03-3402-6066

撮影/西㟢進也 取材/菜々山いく子

2020年5月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
噛み締めた瞬間、こんがり焼かれた香ばしさと、濃厚な肉汁の旨みが口中に広がる。使用するのは黒毛の山形牛で、脂の少ない等級のランプ肉を約400g。油を塊肉の表面にまわしかけて焼き、一度休ませ、今度はオーブンで温めて提供。
グローブ状にカットした豚肉とがっつりニンニク。甘辛ソース味で、付け合わせはキャベツの千切り。
2017年に鎌倉でスタートし、この6月に渋谷に進出したばかりのニューフェイス。ボリューム満点のステーキは、ご覧の2種のほか、サーロインと赤身部位をミックスしたラフカットの計4種を揃えている。
ロゼ色に輝く断面、そしてステーキのごとく分厚いカットに俄然食欲がわく。ゴチソウ感のあるローストビーフを定食屋さながらの普段着で味わうのがこちらのスタイルだ。
秋葉原の「トゥッカーノ グリル 秋葉原2号店」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ジュウジュウと音を立てる鉄板の上には、牛・豚・鶏、さらにハンバーグ・リングイッサと美味なる肉が勢揃い。特に牛はレアに近く、鉄板の上でひっくり返し、好みの焼き加減にできるという楽しさ付きだ。[住所]東京都千代田区外神田3-4-16
最新記事
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
その天ぷらひとつを供するまでに、一体どれほどの手間と心が注がれているか。店主自ら毎日豊洲に通う素材選び然り。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回は全員巨漢のYouTuberユニット「ブチかまし」をレコメンド。メンバー・立山(たてやま)さんの1日のカロリー摂取量を追った動画「立山カロリー」を中心に熱く語ります。
get_app
ダウンロードする
キャンセル