MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
天ぷら 髙七(天ぷら・揚げ物/若松河田)お昼の定食は9割が頼む人気メニュー!

天ぷら 髙七(天ぷら・揚げ物/若松河田)お昼の定食は9割が頼む人気メニュー!

創業130年以上の歴史におごることなく挑戦を惜しまない5代目の飯田さん。十数年前に考案した「かきあげあんかけ天丼」がじわじわ人気沸騰中だ。

perm_media 《画像ギャラリー》天ぷら 髙七(天ぷら・揚げ物/若松河田)お昼の定食は9割が頼む人気メニュー!の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

天ぷら 髙七(最寄駅:若松河田駅)

5代目が考えたユニークかき揚げ丼が密かな人気

桜エビ、イカ、旬野菜などのかき揚げに天つゆベースの餡がとろ~り。それにホタテの天ぷらものせて見た目も斬新。菜種メインの油でサックリ揚げ、香り付けに入れた青海苔もアクセントとなっている。実はもともと賄いだったが、メニューに加えたらハマる人が続出したんだとか。ちなみにこの店の天ぷらは、白くて軽い衣が特長。豊洲で仕入れる素材をはじめ油や粉は鮮度第一。老舗と聞けば敷居も高いが一歩入れば家庭的な雰囲気も魅力です。

元祖・かきあげあんかけ天丼
1320円

取材時のかき揚げはレンコンとゴボウ入り。天つゆベースの餡が衣にしっかり絡み、風味豊かな桜エビと野菜のシャキッとした食感も楽しい。夏はキュウリが入ることも

本日の日替わり(昼のみ。天ぷら定食+本日のお刺身三点)
1000円

客の9割が頼むという昼の定食。大根の天ぷらなど目からウロコの美味しさ。魚も丁寧に捌き、見た目の美しさも心掛けている

お店からの一言

5代目 飯田敏夫さん

「店主がきちんと仕事し自ら揚げていることが5代続く理由と思っています」

天ぷら 髙七の店舗情報

[住所]東京都新宿区若松町36-27 [TEL]03-3202-4035 [営業時間]11時半~13時半LO、17時半~19時半LO ※月は昼のみ ※ランチタイム有 [休日]日・祝、他不定休 [席]カウンターあり、約30席/全席禁煙/予約夜は可/カード不可/サなし、酒類注文時はお通し代330円別 [交通アクセス]都営大江戸線若松河田駅若松口から徒歩5分


電話番号 03-3202-4035

撮影/西﨑進也 取材/肥田木奈々

2020年5月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
コースの幕開けに差し出される活エビの、ピンッと開いた尾扇まで何と美麗なこと。飾り包丁でシャレた装いのナスはみずみずしさを内に秘め、捌きたての穴子は醤油、塩、天つゆの味の変化で楽しませる。
様々な飲食店が集まる博多に、初の専門店がオープン。それはアジフライ。お昼は定食一本という力の入れようで、実は早くも行列ができるほど人気を集めている。その秘密を探った。
「天ぷらは揚げ手の心が表れる」とは創業92年の看板を守る店主、鈴木さんのお言葉。刻々と変わる素材、衣、油の状態を把握し、常に同じ仕上がりになるよう仕事を施すのが先代からの教えだ。
とんかつが食べたい! せっかく食べるなら、店名に『とんかつ』が入るようなお店に行きたい。というわけで、専門店に絞って大調査。じっくり揚げて食べさせてくれる王道の店と、食べ方やスタイルに特徴のある個性派に分けてお届け。好みの食べ方でお選びください。今回は個性派編!
最新記事
究極のたこ焼きは青砥にあり! 焼き立て提供にこだわる店主の長尾さんは、素材から焼き方まで自分の道を追求する。
北海道の人気ご当地コンビニエンスストア「セイコーマート」のプライベートブランド(PB)商品を、大手ドラッグストアチェーン「ウエルシア」など道外の小売店でも見かける機会が増えました。セイコーマートを運営するセコマ(本社・札幌市)が道外にも商品を卸す外販事業に注力しているためです。同社執行役員で広報部部長の佐々木威知さんにその理由についてオンラインで聞くと、北海道への熱い思いが伝わってきました。
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル