MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
おと週的料理系YouTubeの世界「今日ヤバイ奴に会った」

おと週的料理系YouTubeの世界「今日ヤバイ奴に会った」

ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回はついに海外へ。インドのストリートフードを伝えるYouTube動画をご紹介。ちょっと刺激的なハードボイルド映像の数々、心してご覧あれ。

perm_media 衝撃映像の数々をご覧あれ! navigate_next

海外旅行に行った気になれる。でもディープ!!

かつてのように、自由に海外旅行ができるようになったなら、どこへ行こう? やっぱ王道のハワイ? ノンノン、美食と芸術の国フランス? 手近に台湾グルメを満喫しに行くっても捨てがたい。

でも、私が真っ先に行きたい国、それがインドだ。

いやいやいや、ちょっと待って! 自分探しじゃないし、ガンジス川で沐浴しなくても、わが生涯に一片の悔いなしだし、ステキ女子みたいに本場のヨガを体感したいわけでもない。

私をインドにいざなう理由、それがYouTubeのこのチャンネル。
これまで紹介した記事のように(過去まだ2回だけど)、本人登場の動画ではなく、インドで働いている坪和寛久さんという男性があくまで裏方として、現地のストリートフードを調理工程から撮影し、紹介するチャンネルなのだ。

ちなみに書籍化もされている。

“親のカタキ““思い出”“妖精” ありのままを伝えてくれる

インドの人々が日常的に食べている屋台飯ってどんなものなのか? そのありのままの姿を伝えてくれる。いや、しかし! そのありのままの、ありのまま感が、超ありのまま!! 日本人の感覚からすれば、度肝を抜かれることうけあいだ。

このチャンネルの全編を通しての符牒(ふちょう)のようなものがあるので、一部を解説しよう。

例えば……
チーズのことは主に“親のカタキ“(親のカタキのように、これでもかってほど削るから)
鍋に残った前回の作り残しは“思い出”
ハエは“妖精”

私はこの動画を知るまで、ベジタリアンも多いはずのインド人は、なぜにこれほどお腹がぽっこり突き出たおじさんがたくさんいるのか? という疑問を長年抱いていた。しかし、これで謎はすべて解けた!!

インド人、バター多様しすぎ問題。
太るわ! これって4人家族が朝食のパンに塗る1週間分の量じゃない!?

そしてチーズ(親のカタキでした)。ふざけているとしか思えない鬼盛りが現地ではフツーらしい

もし、私が旅行者で、目の前でこんなチーズ削り始めたら「ストップ、ストップ! イナフです。イナフ。もうフィニッシュ!」とか謎英語で慌てふためくだろう。

そして日本で暮らすわれわれにとって度肝を抜かれるのが、やっぱり大らかすぎる衛生観念。“思い出”がたっぷり残った鍋を洗わず、そのまま使ったりする。

料理に“妖精”がワラワラ止まっていたりする。まな板ではなく、調理台のフチで野菜を刻んでたりする。ねえ、そこ洗ってる!? そんなことを思っていたら、きっとインドでは生きていけまい。

でも、大丈夫。なんといっても菌は“燃やす”という方法で死滅させている(たぶん)

これを見ると、なぜかクシャナ殿下の「なぎはらえ!」(ナウシカ)の名シーンが頭に浮かぶ。なぎ払っているから食中毒は起きない。そう信じたい。

そして、私が最も衝撃を受けた動画、それがこちら。

これが↓

こうなる↓

ちなみに、最初から見ていただくとわかるけど、このお人形さん、パッケージの箱から出してそのままブッ刺されている。

あの……、一回洗うとかさ、せめて拭くとか……。そんな日本人視聴者のオロオロを物ともせず、インスタ映え間違い無しのプリンセスケーキの完成だ!

とはいえ、このチャンネルを知ったことで、今までふんわりとしかわからなかった、インドの食文化の知識が広がったことは事実。それは本誌の(紙のほう)取材時にもいかされ、フードライターとして、とても感謝しているチャンネルなのだ。

さらにこのチャンネルには他にも魅力的な(ツッコミどころ満載の)動画がまだまだたくさんあって、書ききれない! もしかしたら第2弾の記事で紹介するかも知れません。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
菜々山いく子

「おとなの週末」ライター歴15年。毎月の覆面調査により、これまで食べ歩いた飲食店は都内を中心に3000軒くらい。趣味は海釣りとYouTubeの視聴という陽キャと陰キャを行ったり来たりの生活を送っています。好きな食べ物はTKGと旬の時期限定の生イクラの醤油漬け。

関連するキーワード
関連記事
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
シリーズ累計815万部超の大ヒット漫画『きのう何食べた?』(よしながふみ著、モーニングKC)のTVドラマに登場する料理レシピを収めた『公式ガイド&レシピ きのう何食べた?~シロさんの簡単レシピ~』(講談社)。その人気レシピ本の続編が刊行されました。本書では、2020年放送の正月スペシャルドラマや2021年11月3日公開の劇場版などで、弁護士・シロさん(西島秀俊)と美容師・ケンジ(内野聖陽)の恋人同士2人が暮らすアパートの食卓に並んだ料理のレシピを紹介しています。『おとなの週末Web』ではその中から2品を厳選。前後編に分けて期間限定で公開します。
当サイトでグルメ系YouTubeを紹介しているライター・菜々山いく子。無類のTKG好きである彼女が、つい何度も見てしまう卵かけご飯動画を厳選。見ると必ずTKGが食べたくなること必至です!
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
最新記事
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
ピスタチオ、フランボワーズ、ミルク、チョコ。それぞれの濃厚な味わいが舌の上で主張したあと、スッと消えていくようなあっさりとした食後感が印象的だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル