MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
おと週的料理系YouTubeの世界「今日ヤバイ奴に会った」

おと週的料理系YouTubeの世界「今日ヤバイ奴に会った」

ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回はついに海外へ。インドのストリートフードを伝えるYouTube動画をご紹介。ちょっと刺激的なハードボイルド映像の数々、心してご覧あれ。

perm_media 衝撃映像の数々をご覧あれ! navigate_next

海外旅行に行った気になれる。でもディープ!!

かつてのように、自由に海外旅行ができるようになったなら、どこへ行こう? やっぱ王道のハワイ? ノンノン、美食と芸術の国フランス? 手近に台湾グルメを満喫しに行くっても捨てがたい。

でも、私が真っ先に行きたい国、それがインドだ。

いやいやいや、ちょっと待って! 自分探しじゃないし、ガンジス川で沐浴しなくても、わが生涯に一片の悔いなしだし、ステキ女子みたいに本場のヨガを体感したいわけでもない。

私をインドにいざなう理由、それがYouTubeのこのチャンネル。
これまで紹介した記事のように(過去まだ2回だけど)、本人登場の動画ではなく、インドで働いている坪和寛久さんという男性があくまで裏方として、現地のストリートフードを調理工程から撮影し、紹介するチャンネルなのだ。

ちなみに書籍化もされている。

“親のカタキ““思い出”“妖精” ありのままを伝えてくれる

インドの人々が日常的に食べている屋台飯ってどんなものなのか? そのありのままの姿を伝えてくれる。いや、しかし! そのありのままの、ありのまま感が、超ありのまま!! 日本人の感覚からすれば、度肝を抜かれることうけあいだ。

このチャンネルの全編を通しての符牒(ふちょう)のようなものがあるので、一部を解説しよう。

例えば……
チーズのことは主に“親のカタキ“(親のカタキのように、これでもかってほど削るから)
鍋に残った前回の作り残しは“思い出”
ハエは“妖精”

私はこの動画を知るまで、ベジタリアンも多いはずのインド人は、なぜにこれほどお腹がぽっこり突き出たおじさんがたくさんいるのか? という疑問を長年抱いていた。しかし、これで謎はすべて解けた!!

インド人、バター多様しすぎ問題。
太るわ! これって4人家族が朝食のパンに塗る1週間分の量じゃない!?

そしてチーズ(親のカタキでした)。ふざけているとしか思えない鬼盛りが現地ではフツーらしい

もし、私が旅行者で、目の前でこんなチーズ削り始めたら「ストップ、ストップ! イナフです。イナフ。もうフィニッシュ!」とか謎英語で慌てふためくだろう。

そして日本で暮らすわれわれにとって度肝を抜かれるのが、やっぱり大らかすぎる衛生観念。“思い出”がたっぷり残った鍋を洗わず、そのまま使ったりする。

料理に“妖精”がワラワラ止まっていたりする。まな板ではなく、調理台のフチで野菜を刻んでたりする。ねえ、そこ洗ってる!? そんなことを思っていたら、きっとインドでは生きていけまい。

でも、大丈夫。なんといっても菌は“燃やす”という方法で死滅させている(たぶん)

これを見ると、なぜかクシャナ殿下の「なぎはらえ!」(ナウシカ)の名シーンが頭に浮かぶ。なぎ払っているから食中毒は起きない。そう信じたい。

そして、私が最も衝撃を受けた動画、それがこちら。

これが↓

こうなる↓

ちなみに、最初から見ていただくとわかるけど、このお人形さん、パッケージの箱から出してそのままブッ刺されている。

あの……、一回洗うとかさ、せめて拭くとか……。そんな日本人視聴者のオロオロを物ともせず、インスタ映え間違い無しのプリンセスケーキの完成だ!

とはいえ、このチャンネルを知ったことで、今までふんわりとしかわからなかった、インドの食文化の知識が広がったことは事実。それは本誌の(紙のほう)取材時にもいかされ、フードライターとして、とても感謝しているチャンネルなのだ。

さらにこのチャンネルには他にも魅力的な(ツッコミどころ満載の)動画がまだまだたくさんあって、書ききれない! もしかしたら第2弾の記事で紹介するかも知れません。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
菜々山いく子

「おとなの週末」ライター歴15年。毎月の覆面調査により、これまで食べ歩いた飲食店は都内を中心に3000軒くらい。趣味は海釣りとYouTubeの視聴という陽キャと陰キャを行ったり来たりの生活を送っています。好きな食べ物はTKGと旬の時期限定の生イクラの醤油漬け。

関連するキーワード
関連記事
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回は全員巨漢のYouTuberユニット「ブチかまし」をレコメンド。メンバー・立山(たてやま)さんの1日のカロリー摂取量を追った動画「立山カロリー」を中心に熱く語ります。
大手メーカーと違い、各ブルワリーの個性溢れるクラフトビール。飲んでみたいけど、ちょっと高い。では、何を飲めばいいのか? 本誌飲み比べ隊がスーパーやコンビニで買えるビールを薄張りグラスで都度洗浄して試飲しました!
地価が高いため隙きあらば平らにされる東京ですが、たまに見かけるもっこりとふくらんだ土地。近づいてよく見てみると、実は古墳だったり富士塚だったりするのです。そんな街中のふくらみを訪ね歩き、その個性的な見た目を楽しむ〈もっこり散歩〉の達人が、いま密かにブームの「古墳」をご紹介します。
とっておきの入浴剤があれば自宅のお風呂がいつでも人気温泉の極楽湯に早変わり! 別府、草津、蔵王に登別……。本誌ライターが実際に試した結果、厳選の入浴剤をご紹介します。
最新記事
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
その天ぷらひとつを供するまでに、一体どれほどの手間と心が注がれているか。店主自ら毎日豊洲に通う素材選び然り。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回は全員巨漢のYouTuberユニット「ブチかまし」をレコメンド。メンバー・立山(たてやま)さんの1日のカロリー摂取量を追った動画「立山カロリー」を中心に熱く語ります。
get_app
ダウンロードする
キャンセル