MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
渋谷で台湾トリップ! 本場さながらの火鍋とクラフトビール|新店ニュース

渋谷で台湾トリップ! 本場さながらの火鍋とクラフトビール|新店ニュース

昨今人気の台湾グルメがまだまだアツい。2021年2月12日にオープンした『アクビ 台湾火鍋 精醸啤酒(クラフトビール)』は、火鍋とクラフトビールが楽しめるお店。本場さながらの鍋とクラフトビールで、渋谷と代官山の間にいながらにして旅行気分に浸れます!!

perm_media 本場さながらの火鍋とクラフトビールを写真でチェック!! navigate_next

4種類の特製ダレやトッピングで“味変”! 自由度の高い火鍋

まずクラフトビール好きにお伝えしたいのが、台湾のブルワリー・タイフーブルーイングの生が常時5種類飲めるということ。本国との独自ルートにより実現したもので、香港や日本などの銘柄を合わせれば全部で10タップを用意。

先日惜しくも閉店してしまった神楽坂の直営店なき今、タイフーのビールが飲めるのは、著者としては至上の喜びであります。

名物の火鍋は、赤い「打哈麻辣湯」と白い「打哈欠白湯」の2種類。どちらも完全無添加、無化調で塩分控えめ。

具材は、約10種類が入る「野菜セット」や、牛・豚・鶏・羊の「肉4種盛り」といったセットがあります。タレは、魚介ベースの沙茶醤、発酵豆腐の腐乳をはじめ、4種類に絞る。

トッピングでイチオシは「酸菜」。いわゆる発酵白菜で、「打哈欠白湯」にたっぷり入れれば酢酸鍋に変身。具材やタレを駆使して、自分好みの味を見つけるべし。

2色鍋
2880円

野菜セット 2人前1200円  4種肉盛セット 2人前2080円

2色鍋 2880円、野菜セット 2人前1200円、4種肉盛セット 2人前2080円

赤い「打哈麻辣湯」は、鶏と豚のスープに香味野菜がたっぷり。辛さは3段階。

白い「打哈欠白湯」は、鶏ガラや手羽先、親鳥、モミジと香味野菜を10時間以上煮込んで旨み十分。赤or白の1人鍋も(1500円)

タイフーブルーイングの生ビール

(左)TAIFU KUMQUAT 350ml 1300円
(右)Coffee Rules Everything Around Me stout 1Pint 1780円

どちらも台湾のブルワリー「タイフーブルーイング」の生ビール。

左は、金柑を使って軽やかな味わい。火鍋の辛さを流してくれる。
右は、チョコレートモルトでコーヒーのような香りを再現。見た目よりまろやかで、じっくり飲みたい

ラムを使った一品料理

(手前)ラムの串焼き クミン風味 2本580円
(奥)ラム肉と豚肉の餃子 700円

串焼きは、ラムを少し甘めの特製タレで1日マリネ。肉の旨み、クミンの香り、タレが一体となり美味。

あら挽きの豚肉とラムが入った餃子は、マーガオの風味が爽やか。写真は水餃子だが、揚げのオーダーも可能

[住所]東京都渋谷区猿楽町2-13 F93daikanyama 1階
[電話]03-6433-7987
[営業時間]17時〜24時(金・土は〜翌5時)
[休日]火
[交通]JJR山手線ほか渋谷駅南口から徒歩8分、東急東横線代官山駅北口から徒歩9分

撮影/小島 昇 取材/戎 誠輝(編集部) ※店のデータは、2021年4月号発売時点の情報です。



※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
福岡市高砂エリアの居酒屋[相撲茶屋 大塚] のおすすめメニューのグルメ記事と写真。福岡場所の力士たちのお目当てのひとつが、あら(くえ)鍋。こちらのあらシャブは、身が厚く、食べ応えがあり、旨みがしっかり。[交通アクセス]地下鉄七隈線渡辺通駅2番出口から徒歩6分、西鉄天神大牟田線薬院駅中央出口から徒歩7分
 佐賀産の赤鷄から丁寧にとった白濁スープは、旨みたっぷり。これに、鶏ミンチや野菜を加えていくごとに、ふくよかな味わいが増す。
両国のちゃんこ鍋「割烹 吉葉」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。第43代横綱・吉葉山に由来する割烹・吉葉。旧宮城野部屋の姿がそのまま残る珍しい店だ。[住所]東京都墨田区横網2-14-5
 鶏肉を使ったすき焼き「ひきずり鍋」が名物。鶏肉は地元の奥三河鶏をはじめ、全国から厳選。
東京軍鶏と比内地鶏の鶏ガラ100羽分を、厳選した鹿児島の天然水でじっくりと炊いた水炊き。余計な脂が徹底して除去されているので、一見濃厚なのに、味わいはとてもスッキリ。
最新記事
ゲンコツと背ガラ、豚足で炊く豚骨100%のスープは、近年稀に見るこってり度。どろりと濃厚、あえてざらつきを残してワイルドに仕立てているが、豚骨臭は皆無で驚くほどクセがない。
スープと同じくラーメンの味を左右する麺。自家製麺の店も増えているが、今回は業界を代表する 3つの製麺所に注目。『おとなの週末』ライター肥田木が取材しました。それぞれの麺作りの姿勢は……いやあ、こうも奥深いものとは。感動を呼ぶ(?)麺物語。今回は浅草開化楼!
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
get_app
ダウンロードする
キャンセル